「ほっ」と。キャンペーン

国会議員からの提案は   

今年も大企業から中小企業まで、全国の企業で定年を迎えられる人たちが数多く誕生されます。今、定年を迎えられる皆さんにとって、再雇用の問題が最も大きな問題となって目の前に立ちはだかっているのではないのかと思います。公務員とか大企業の皆さんにとっては、それほど厳しい問題ではないのでしょうが、多くの皆さんにとっては大変な問題だと思います。

雇用の大部分が中小企業や零細企業で働く皆さんが多く、再雇用の問題は国挙げて取り組まなければならない重要問題であります。今週から始まっている国会においては、代表質問が行われ国家の抱える重要問題が議論されています。火ぶたを切ったのは朝鮮半島の問題であり、北も南も我が国の国会を騒がせているのです。

私はもっと国内問題にも目を向けてほしいと思っていますが、高齢社会に関する問題は堂々巡りのようで、国会での議論も表舞台から遠ざかっているような気もします。厚労省は歯の浮くような内容で、定年後の地方への移住などを初め、地域社会における囲い込みなど必死になって広報されています。

このままだと認知症予備軍が毎年誕生していくようで、このことは国家としても大変な問題になっていくはずです。認知症に対する取り組みは色んな研究もされていますが、認知症にならないための予防対策には国も行政もあまり真剣に取り組まれていないのではないのかと思います。雇用制度も高齢社会用のものが生まれていてもいいのではと思います。

健康寿命を延ばすことがいま求められていますが、定年された人たちを初め高齢者の皆さんが運動されることで健康寿命を延ばすことより、もっと気持ちよく働けるような雇用形態を作ることが重要ではないのかと思います。夢と希望の持てる高齢社会は全ての国においても取り組まれており、わが国も先頭を走り続けています。

社会還元できるような制度の開発や、老いも若きも同じ条件ではなく、全ての皆さんが地域社会の未来や国の未来のために少しでもお役に立てるような制度設計を作るべきであり、国会の場において国会議員からの提案が数多くあってもいいはずだと思っています。国会議員の提案で明るい日本にすべきであります。
[PR]

# by magome2007 | 2016-01-08 04:13

2016年の新春に思う   

現在介護の世界にお世話になって思うことは、介護の世界の描くこれからの姿はどのような姿なのだろうか。世界トップの超高齢社会の我が国は、世界のモデルになるような取り組みを目指しているのだろうか。これ以上国力の低下や、所得格差を生まないような経済政策に期待が持てるのだろうか。

長寿社会と言われながら、長寿の幸せを感じることのできる社会になっているのだろうか。介護の現場から世界に向かって自信をもって叫べるような取り組みが行われているのか、今一度真剣になって考えるべきではないのかと思う。

世界に目を転じれば、スイスと日本は資源のない国で共通しているが、国民所得はスイスの半分である。スイスは多くの優秀な外国人の力を引き寄せ、付加価値の高い商品開発を行ってきている。時計や製薬など世界のトップ企業が数多く活動を行っている。

一方農業国のオランダは米国に次ぐ世界第二の輸出国であり、わが国が減反を始めた70年代の時は、オランダと同じ輸出額であった。その後の国の政策の差が現在の格差になってしまった。欧州の農産物の多くはオランダから輸出されており、常に研究開発を行う取り組みは、わが国が見習わなければならない。

なぜこのようになってしまったのか、わが国の高度経済成長の残像を引きずって、新しい制度設計が残像の影響を受け、経済最優先の政策によって所得格差を生み、福祉や教育まで格差が広がり始めている。スイスやオランダとの違いは、政治の世界が国内中心で経済のグローバルが叫ばれているときから、政治のグローバルの扉は開かれることがなかった。

世界中に支局を持つマスコミや世界の優秀な大学等で学ぶ留学生、学術会議で世界中を回っている学者の皆さんは、世界の政治の動きについてもっと多くの情報を国内において発信すべきではなかったのかと思う。閉ざされている政治の世界は旧態依然とした悪しき慣習が残されている。

世界がどのように揺れ動いているのか、地方の政治や行政はどこに向かっているのかなど、我々に誰が情報を与えてくれるのか、マスコミの責任は非常に大きいと言わねばならない。今年は18歳の新しい有権者の皆さんが投票する参議院議員選挙も予定されている。

閉ざされている政治の世界を、18歳からの若い有権者に我が国の未来を託するしかないのかと思う。これまでの政治は劣化の速度を速め、夢も希望もしぼむことを是としてきている。有権者の年齢制限も20歳から18歳に引き下げられ、被選挙権も20歳の地方議員を誕生させてもいいのではないのかと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2016-01-03 01:42

長崎県の企業にも参考にしていただきたい。   

c0117762_0573553.png

富山県内の紙をすべてデジタルブック化し、
「いつでも」「誰でも」「どこからでも」
見れるようにしよう!
 『toyamaebooks』(トヤマイーブックス)とは、インターネット上で、富山県の電子書籍を無料で閲覧できる、地域特化型電子書籍ポータルサイトです。
地域において、県や市町村などの自治体が発行する刊行物は重要な情報なのにも関わらず、発行部数が限られているため、「手にできない」人たちがたくさんいます。
こんな情報過多の時代に、身近で最も大切な情報が、実は最も手に入りにくい社会なのかもしれません。
そこで私たちは考えました。『電子書籍にすれば、飛躍的に多くの方に必要な冊子をみてもらうことができるのではないだろうか?』『あえて富山県だけに絞ることで地元の人にとって情報が得やすく、また富山の良さを再発見していただけるのではないか』と。『toyamaebooks』はパソコンからはウェブブラウザ、スマートフォン・タブレット端末からは無料アプリで、「いつでも」「誰でも」「どこからでも」、すべて無料で読むことができます。
私たち『toyamaebooks』実行委員会は富山県に特化したデジタルブックが集まるポータルサイトをつくることで、富山に住む人達に関心がある情報を共有してもらうことを目的としております。これから『toyamaebooks』を末永くよろしくお願いいたします。

toyamaebooks(トヤマイーブックス)
実行委員会 一同

※随分、ブログの休憩も長くなってしまって、気が付いたら今月一度も更新していなかった。ペンキ塗や草刈りなどで毎日疲れ果ててしまって、体力勝負の毎日でした。屋根の上におけるペンキ塗りも、こんなに疲れるとは知らずに取り組み、体力がいかに衰弱していたのかを実感しました。
今日のブログは写真掲載をしてませんが、富山県の企業の取り組みがあまりにも画期的だったので取り上げてみました。以前、富山県の地方紙である北日本新聞が電子化に取り組まれたときに、読者になって数年間お付き合いさせていただきました。地方紙として最も早く電子新聞の有料化に取り組まれ、県内各地の詳細な情報発信に多くのことを学ばせていただきました。
今回の、富山県内のすべての自治体を網羅した広報誌の情報発信は、県外にいる富山県人にとっては非常にありがたいものになるはずだと思います。全国的には「自治体ドットコム」といったものもありますが、県内のすべての情報を発信されているところはありません。
長崎県の企業や県内の議会の皆さんにも、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

[PR]

# by magome2007 | 2015-06-15 01:20

長崎のアジサイ祭りです。   

アジサイ祭りに、施設から多くの皆さんが来られています。上五島でも同じようなことに取り組めないか、調査を兼ね視察しています。
c0117762_14255431.jpg
c0117762_14262711.jpg
c0117762_14270027.jpg
c0117762_14273369.jpg
c0117762_14280201.jpg

[PR]

# by magome2007 | 2015-05-26 14:40

裏山清掃終了   

随分、つたが生い茂っており思うより時間がかかってしまった。それに雑木も大きく成長しており、下を歩く人に危害が及ばないような対応までしてしまった。
c0117762_1212538.jpg
c0117762_12123497.jpg
c0117762_12125648.jpg

[PR]

# by magome2007 | 2015-05-24 12:13

実家の裏の清掃   

両親が亡くなってから10数年過ぎており.裏山の木や雑草が生い茂って、屋根の上にも雑草が根を張り出していた。似たような空き家は多く、様々なことを考えさせられています。
c0117762_05120059.jpg
c0117762_05125441.jpg
c0117762_05133105.jpg
c0117762_05141794.jpg
c0117762_05154804.jpg

[PR]

# by magome2007 | 2015-05-23 05:04

津和崎椿公園(3)   

c0117762_12481233.jpg
c0117762_12484160.jpg
c0117762_12493092.jpg
c0117762_12511349.jpg
c0117762_12514618.jpg
お天気よければ、小値賀島の全景が見渡せたのですが、
c0117762_12591100.jpg
残念でした。
[PR]

# by magome2007 | 2015-05-21 12:59

津和崎椿公園(2)   

五島列島と小値賀町の野崎島の間には、有名な津和崎瀬戸があり潮流も早く、周りには好漁場が多く漁村として有名で、多くの漁民は津和崎漁港のことを知っていました。
c0117762_12402211.jpg
ここから津和崎瀬戸の海岸です。
c0117762_12421574.jpg
c0117762_12435166.jpg
c0117762_1245440.jpg
c0117762_12455145.jpg

[PR]

# by magome2007 | 2015-05-21 12:46

津和崎椿公園   

津和崎は旧新魚目町の最北端に位置し、小値賀町や野崎島と向き合っている。地形的には非常に魅力的なところで、20数年前から椿公園として整備を始められていた。しかし、合併後の整備は立ち止まったままで、最高の公園が活かされないでいる。
c0117762_12213281.jpg
合併前の旧新魚目町の公園整備の途中の案内図ですが、10数年間更新されずに現在に至っています。
c0117762_1224787.jpg
椿公園の中心にある津和崎灯台の登り口です。道挟んで向かいには海岸へ下がる遊歩道が整備されています。
c0117762_12261349.jpg

c0117762_12271389.jpg
放置されている現状の様子です。
c0117762_12281749.jpg

海岸に下がる遊歩道の途中に下げられている札ですが、合併して10年過ぎているのに旧町名のままで、先月下げられているのですから、もう少し緊張感を持ってほしいところです。
c0117762_1232153.jpg

津和崎瀬戸の海岸が見えてきました。

※PCの調子が悪くリカバリーをした後、本調子に戻るまで時間がかかりました。うまく動かすことができなくて四苦八苦です。
[PR]

# by magome2007 | 2015-05-21 12:35

五島列島龍観山展望台   

体の弱い人でも展望台の近くまで登れる素晴らしいところです。西海国立公園の真っ只中に位置するだけあって、他の展望台に比べて整備されているようですが、多くの観光客の皆さんに来ていただくには、もっと力入れなければと思います。
c0117762_1233776.jpg
c0117762_125291.jpg

展望台の周りの椿の木が伸びてしまって、素晴らしい景色が見えなくなってしまっているんです。何とかしてほしいところですね。
c0117762_1283292.jpg

頂上の展望台の下にある若松瀬戸を見下ろす場所にあります。
c0117762_12114859.jpg

頂上にある展望台の下を回れるようになっている遊歩道です。
c0117762_1213472.jpg

展望台の下まで車で行くことができます。
※公園全体は桜の木と椿の木で囲まれており、花見の季節は本当に素晴らしいところです。
[PR]

# by magome2007 | 2015-05-19 12:17