マンション改修工事   

c0117762_874319.jpg

賃貸で借りているマンションで改修工事が多くなってきている。建設されて30年前後は過ぎているのではと思うのですが、管理会社の清掃は行き届いているので、清潔感のあるマンションではなかろうかと思っている。

大きいマンションなので、改修は良く行われ段差のないバリアフリーになってしまった。今回の改修の特徴は、それぞれの部屋の改修が多く、分譲マンションで購入された皆さんも、定年されライフスタイルに合うような改修に取りかかられているのではと思う。

最近の新築マンションのチラシを見ると、本当に素敵な模様の部屋ばかりで、比較すれば時間の経過がよく理解できるのである。キッチンや浴槽、それにトイレなど最先端のものばかりで、改修後は新築と変わらないようになるのではと思う。

定年後の生活は現役時代と違って時間にも余裕ができ、部屋の図面を描くのも楽しいひと時ではなかろうかと思う。半年前に隣の部屋の改修が行われた時、運び込まれていた調理器具を尋ねた時、お菓子作りができる特殊なものだった。

発注された人の趣味で、色んなお菓子を自分で作ったり仲間の皆さんと作ったりされるようだと聞かされたことがあった。確かに団地のような部屋の造りが多く、これからのライフスタイルに合うような改修を行えば、人生楽しくなっていくはずだと思う。

ドアの取り換えも多くなっており、最先端のドアも見え始めリニューアルされた姿は、新築に負けないような感じがする。老朽化対策としても興味があり、公営団地や自治体の抱える様々な建築物のリニューアルの参考になるのではと思っている。

参考資料
マンション大規模修繕の基礎知識
国土交通省インフラ長寿命化計画(行動計画)
[PR]

by magome2007 | 2014-10-29 08:08

<< 相談窓口は、これまでの対応でい... 決算委員会(県警本部) >>