紅虎での夕食   

c0117762_6344398.jpg

昨日、久しぶりにちゃんぽん食べに行こうと思ったら、女房が夢彩都に鳥栖のアウトレットにある中華のお店が開店していることを教えてくれたので、早速行ってみたら次から次とお客さんが入れ替わっており繁盛しているようだった。

ウインドウのメニューのサンプルを見ながら、長崎にないメニューが多く市民にどこまで浸透するのやろうかと思って眺めていた。お店に入ってテーブルに置かれているメニューを見ながら、写真の料理にたまたま一致してしまった。

周りのお客さんたちは違う料理を美味しそうに食べられており、夕食時の風景は何とも言えない癒される雰囲気があった。県外からの出店は紅虎の隣にも予定されており、夢彩都の食堂街は数店を除き県外のお店が多くなっている。

県外のお店の進出に対する地元のお店には頑張っていただきたいのであり、長崎県の食の文化や新鮮な魚介類の料理など長崎ならではのメニューも多く、県外のお店の進出が地元の料理をひきだたせるようになってほしいと思う。

やっぱり長崎の麺類は最高だとうならせるような料理も提供していただきたいのであり、観光客の皆さんが長崎に行ったら、長崎の名の付く料理を食べたくなるようになって欲しいと思う。そのためにも県民総力で知恵を出していけたらと思う。

あなた任せではなく一人一人の県民が地元の食材を使った、伝統料理や地元の料理に関心持っていただき磨き続けていかなければと思う。食は観光客にとっても非常に重要な要素であり、観光施設だけの改修等だけでは満足を提供できないのである。

ハードに偏る傾向の強い行政は、これからの取り組みについてソフト分野を強力に育てていってほしいと思う。そのためにも昼食や夕食の外食も積極的に行っていただき、地元の料理の一層の発展に貢献していただきたいと思う。

参考資料
長崎卓袱料理
長崎のグルメ
[PR]

by magome2007 | 2014-12-09 06:47

<< 長崎県の夢実現 農業政策は具体的で分かりやすい >>