SNSの活況について   

c0117762_6292234.jpg

SNSの世界は、鳥や動物たちの世界に近づいているのではないのかと思うほど、国境のない世界になりつつあるような気がしてならない。私が初めて接したのはmixiで、この世界は日本語の世界であり、日本全国の皆さんが交流できる内容である。

このmixiの世界で数年間多くの皆さんと交流をさせていただき、知らなかった世界について多くのことを学ばせていただきました。そのおかげで、twitterやfacebook、instagramなども簡単に活用できるようななっていました。

mixiの世界から画像を中心にしたinstagramの登場は一気に世界中を巻き込んだ感じさえしています。それは画像中心の世界を作り出し、言葉を乗り越えた新しい世界の登場ではないのかと思う。音楽が世界中の民族を超えていったことと似ているような感じです。

政治が外交や防衛で厳しい選択を強いられている世界では、考えられないような交流が活発に行われており、人類の共通の願いである平和な一つの地球に近づいているのではと思う。多くの国々の国民の思いが様々なSNSに映りだされているのではなかろうか。

今日行われる選挙においてどのような結果が出てくるのか分かりませんが、少なくとも隣国同士が角突き合わせていることを無くし、政治の世界における交流サイトがあってもいいのではと思う。政治の世界における国の姿を守ることは当然であるが、交流サイトの姿も知って欲しいと思う。

新しい世界の幕開けは、意外と政治の世界より交流サイトの世界から、政治の世界に新しい風が吹き始めるのではなかろうかと思う。アラブの春のような現象が世界のあっちこっちで見られるようになるのではと思う時が多くなってきている。

アラブの春の時のtwitterは凄い活躍をされ、iPhoneや携帯電話による交流が、新しい世界を誕生させることを証明されたのもアラブの春ではなかったのかと思う。今回の選挙でも多くの交流サイトによる動きも見られ、日本の政治の世界も変わり始めるのではないのかと思う。

参考資料
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの一覧
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み
[PR]

by magome2007 | 2014-12-14 06:34

<< 安倍自民党圧勝 地方の声は届くのか >>