賞味期限は   

c0117762_781989.jpg

県議会は、明日が定例会の初日で知事の新年度予算に対する所信を述べるようになっている。本来は知事の所信に対する質問を含むのだが、どういうわけか明日の午後五時が一般質問の締め切りになっている。今回、一般質問を3月3日に行う予定になっている。

長崎に借りている部屋の冷蔵庫の整理をしていたら、賞味期限過ぎたものが多くどうしようかと迷ってしまった。大好きなハムやソーセージや乳製品が多く、全てが賞味期限が過ぎてしまっていた。すぐにネット検索で調べてみると大丈夫のようだ。

スーパーなどでは賞味期限の過ぎた商品はすべて撤去されるのでしょうが、個人の冷蔵庫の中には管理をしっかりされている人も多いと思うのだが、奥にしまっているものなど期限が過ぎてしまったものも多いのではと思う。

賞味期限の付いてないものもあり、米にはついていないのである。食べ物飲み物全てに賞味期限が付いているわけではないが、賞味期限について考えさせられた日であった。建築物等には耐用年数などがあり、購入する時の目安にもなっている。

定年延長などが報道されているが、人間の賞味期限は60歳とか65歳なのだろうか。どうもこのような線引きされたものの考え方は、活用方法によって随分違うような感じがする。組織における定年は人事管理するうえで重要な要素であると思う。

定年後の生活については、自己申告の賞味期限をもっともっとPRすべきではないのかと思う。現役時代と定年後の時代は土俵が違うのだから、活躍できる分野も数多くあるのではないのか、引き寄せることでまだまだ明るい未来があるはずである。

我が国の未来を希望膨らむようにするためにも、定年後の全ての皆さんの自己申告を登録する方法はないものかと思う。地域社会には学校や様々な団体もも多く、活躍できる方法はいくらでもあると思う。地域の中で眠らせるにはあまりにももったいなさ過ぎて、活躍の場を準備しなければと思う。。

参考資料
賞味期限切れはいつまで大丈夫?
食品の期限表示について
[PR]

by magome2007 | 2015-02-22 07:12

<< 今日から県議会定例会開催です 地方創生スタート大丈夫なのか >>