悪党のボス来たる   

c0117762_2226643.jpg

明日は、長崎県の利権集団のボスである谷川衆議院議員が、相手候補の応援に駆け付ける予定になっているようである。これまでボスの指示で動いてきた前町長が、全国一の人口減少を成し遂げ、我が故郷を衰退に導いた。私は、このボスと前町長の取り組みについて、指摘してきたのである。

そのことの言い訳をしに来るらしいのだが、来る前に前町長に指示を出し、馬込彰の悪口を街頭で話せと言われているようでもある。前町長が話す内容は、一度も町長室には来たことがないといったことから、県議として何もしていないといったことを中心に話しているようである。

そんなこと役場職員に聞けば嘘だ分かるのに、その上、私の実績など調べると分かることを、どうしてこうも嘘を話すのか本当に情けないのである。情けないのを通り越して可哀想な人なのかとも思う。人口減少することに必死になっていたことなど忘れているようでもある。

おかげで、有川も奈良尾も飲食店は倒産し、奈良尾においては寿司屋は全て無くなってしまい、有川においては飲食店は半分になってしまっている。いかに人口減少が飲食店に凄い影響を与えてきたのか良く理解できるのである。その他にも、ホテルや旅館も全く同じである。

人口減少をこれからも進めよといった指示をボスが出しているようで、公共事業だけを町の基幹産業に据えようと必死になっているようである。これでは間違いなく人口減少が進み、10年後は1万人以下になるのではないのかと心配になってしまう。

しかし、町民の不安を増幅するようなことを平気で行うところが、谷川衆議院議員の指示の真骨頂ではなかろうかと思う。無人島にすることが指示の内容なのかよく分からないが、人口減少に拍車をかけることだけは間違いないと思う。それは前町長の実績として明らかにされている。

これだけの実績だけでも凄いのに、ボスの指示を未だに受けて喜んでいるのだから、変な病気に侵されているのではないのかとさえ思う。利権集団の仲間に加えられていた合併当時の町長が、ボスの忠実な犬を演じている姿に何度も会っているが、本当に可哀想でならない。
[PR]

by magome2007 | 2015-04-09 22:28

<< 新上五島町の雇用は全て町長の責任 思い切った取り組みが求められている >>