ウエストテクノ佐世保の視察   

c0117762_712735.jpg

佐世保市の工業団地のウエストテクノ佐世保に誘致が決定し、工場建設が行われている現場を昨日回ってきました。広い敷地の半分にトヨタ系列のシーヴイテック九州の工場が建設され、素晴らしい環境がさらに活きてくるのではと思う。

長崎県の最大の弱点は若者の雇用の場が非常に少ないことであり、毎年若者の県外流出が数十年間も続いている国内トップの県を、何とかして返上しようと取り組まれてきている。地理的条件が非常に厳しく思うように進めることができなかった。

今回の誘致の決定した工業団地は、高速道路から降りて数分走るだけの場所で、周りには大きなショッピングセンターが形成されており、島人から見ると大都会の様相を着々と築かれており、採用される若者たちにとっては魅力ある街に成長するだろうと思う。

シーヴイテック九州の製造する製品は、自動車用無段変速機(CVT)の金属ベルトで車の走行にとって、最も重要な製品であり、日本の車の高性能を支えている企業であることは間違いないのである。このような素晴らしい企業が佐世保市に進出されたことは本当に楽しくなってくる。

県内の全ての市や町も、佐世保市に負けないような企業誘致に全力で取り組んでほしいと思う。県議や市議の選挙を終え、新しい議会構成が次から次に決まっていくことで体制が整い、知事や市町の活動に対して、議会としての動きが注目されている。

佐世保市の企業誘致活動は多くの市民が注目されており、担当者の意気込みも相当なものではなかろうかと思う。このような動きが県内すべての県や市や町の担当者が共有し、競い合うことで県内に多くの若者の雇用の場が誕生することを楽しみにしたいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2015-05-09 07:03

<< 写真中心のブログに変えてみました。 曽根番岳園地 >>