豊かな島に   

■5日と6日の夜は、それぞれに当選のお祝いをしていただき、合わせて厳しいアドバイスや要望などいただきました。共通していることは島の厳しい現実から目をそらさない島での生活の姿でした。分かっているはずなのに、こうやって話されると体の芯に浸透してきます。

■過疎化の影響が各分野に出ていることは、本当に頭の痛い問題ばかりです。島だけでなく全国の離島や山間僻地において同じような問題や課題を抱えているんです。そのためにも、それぞれの地域で生活されている皆さんが、地域の将来を考え、どうすればいいのか具体的なことを考えることだと思います。

■特に情報社会の定着は世代を超えて情報が瞬時に広まっていくことを知っており、情報の受け手だけでなく発信できることを知っているのです。このことは島の産業や生活を豊かにする為には、使いこなすことが必要であり重要なことであります。島からの情報発信が島を変えていく大きな原動力になるのであります。

■農業革命に続いて産業革命、そして、情報革命といわれていますが、乗り遅れることなく確かな環境整備をすることが島にとって大きな力になっていくのです。情報社会だけが島を豊かにできるわけではありませんが、人口流出を減速させることが最も重要なことであります。

■そのためにも働く場の創造を避けていくわけにはいきません。仲間の皆さんは、安定した働く場があれば島の未来は明るくなっていくことを具体的に話されていました。島の各分野で活躍されている皆さんの声が大きく響いてきました。このことをしっかりと受け止め期待に応えることが島の豊かさにつながっていくのです。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-07 06:20

<< 全員協議会開催 4期目のスタートに当たって >>