全員協議会世話人会(2)   

■昨日の全員協議会世話人会は、各会派から出されていた議会構成についての議員の所属委員会などの確認作業が主な内容です。それぞれの常任委員会の所属議員の確認から始まって、委員長及び副委員長の確認を行った。

■同じように特別委員会の所属議員の確認と委員長及び副委員長の確認を行い。続いて、議会運営委員会の確認作業も同じように行われた。有明海自動車航送船組合議会議員、離島医療権組合議会議員については指名推選の方法で行うことを決定した。監査委員についても確認が行われた。

■残されていることは、11日の臨時議会において議長と副議長の選出を行うことだけになってしまった。議会の過半数を占めている自由民主党・県民会議の会派からは議長候補に三好議員、副議長候補に吉川議員がそれぞれ選ばれている。

■改選後の全員協議会において行われた議会構成についての協議を無事終了することができた。後は今日の10時に予定している全協世話人会において、議場における議員の議席の決定と、臨時議会に出される議案の説明を受けての協議や、議事について確認を行って、一連の作業を終了することになる。

■世話人会に初めて出席された新人議員の皆さんは随分戸惑われたのではないかと思う。特に委員長ポストにおける会派間の協議などは始めて経験されたのではないのかと思う。来月から始まる定例議会において活発な議会活動が期待されるのである。

■それに目の前に迫っている参議院議員選挙は日毎に緊迫感を増しており、特に全国区の候補の皆さんが長崎にもよく来るようになってきている。議会構成が終わったことで、県議の皆さんの動きがこれから注目されるのである。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-10 05:21

<< 臨時県議会 全員協議会世話人会 >>