馬込彰のブログ

国会議員からの提案は

元のサイトで完全版を読む
今年も大企業から中小企業まで、全国の企業で定年を迎えられる人たちが数多く誕生されます。今、定年を迎えられる皆さんにとって、再雇用の問題が最も大きな問題となって目の前に立ちはだかっているのではないのかと思います。公務員とか大企業の皆さんにとっては、それほど厳しい問題ではないのでしょうが、多くの皆さんにとっては大変な問題だと思います。 雇用の大部分が中小企業や零細企業で働く皆さんが多く、再雇用の問題は国挙げて取り組まなければならない重要問題であります。今週から始まっている国会においては、代表質問が行われ国家の抱える重要問題が議論されています。火ぶたを切ったのは朝鮮半島の問題であり、北も南も我が国の国会を騒がせているのです。 私はもっと国内問題にも目を向けてほしいと思っていますが、高齢社会に関する問題は堂々巡りのようで、国会での議論も表舞台から遠ざかっているような気もします。厚労省は歯の浮くような内容で、定年後の地方への移住などを初め、地域社会における囲い込みなど必死になって広報されています。 このままだと認知症予備軍が毎年誕生していくようで、このことは国家としても大変な問題になっていくはずです。認知症に対する取り組みは色んな研究もされていますが、認知症にならないための予防対策には国も行政もあまり真剣に取り組まれていないのではないのかと思います。雇用制度も高齢社会用のものが生まれていてもいいのではと思います。 健康寿命を延ばすことがいま求められていますが、定年された人たちを初め高齢者の皆さんが運動されることで健康寿命を延ばすことより、もっと気持ちよく働けるような雇用形態を作ることが重要ではないのかと思います。夢と希望の持てる高齢社会は全ての国においても取り組まれており、わが国も先頭を走り続けています。 社会還元できるような制度の開発や、老いも若きも同じ条件ではなく、全ての皆さんが地域社会の未来や国の未来のために少しでもお役に立てるような制度設計を作るべきであり、国会の場において国会議員からの提案が数多くあってもいいはずだと思っています。国会議員の提案で明るい日本にすべきであります。
もっと見る