2014年 12月 05日 ( 1 )   

生活環境整備事業の取り組み (2)   

c0117762_6483859.jpg

新上五島町内において公共下水道の整備が行われているところがなく、生活排水を浄化して流すような取り組みは遅れてしまっている。合併処理浄化槽の設置は見られるものの、観光地としての魅力アップには未整備を放置することはどうかと思っている。

特に合併前の旧町の中心の市街地において、昔のままの生活排水路が未整備のままになっているのは、行政の戦略のなさをさらけ出しているのではと思う。今回、議会広報誌を全ての家に手配りしながら、雨の日も歩きながら観察してきた。

生活排水路の様子もよく観察しながら歩いてきたので、未整備の地区とそうでない地区の差は大きく、うまく流れないところは生活排水の匂いが漂っており、観光地として交流人口拡大を目指す島の姿としては早急に改善すべきだと思う。

随分前の話だが、住宅地造成時には集落排水を行うべきだといった提案をさせていただき、その時の対応は今でも忘れることはない。当時は、農村や漁村の集落排水事業が全国の町や村で取り組まれており、五島の島においても取り組むようにすべきだといったこともあった。

しかし、生活排水についての取り組みは数十年前とあまり変わることもなく、道路整備や漁港整備の予算確保に費やされている。特に高齢化の中での生活排水事業の説明会は大変だと思うのだが、取り組むことで動き出すのではなかろうかと思う。

生活排水処理は、島の生活の魅力を増すことに繋がり、島外で生活されている多くの皆さんにも、自信もって帰るような働きかけを行うことができるのではと思う。世界遺産の島になることで、生活環境整備に取り組まれるきっかけにしていただけたらと思う。

参考資料
循環型社会形成推進地域計画目標達成状況報告書 - 新上五島町
新上五島地域循環型社会形成推進地域計画
[PR]

by magome2007 | 2014-12-05 07:01