2015年 02月 06日 ( 1 )   

電動自転車購入補助は   

c0117762_6255560.jpg

以前、電動自転車で観光を楽しめるような環境について書いたことがあり、電動自転車の報道には常に関心持って読んでいる。電動自転車には是非乗ってみたいと思っているのだが、思うように身近なところにないのでチャンスに巡りあわない。

平坦な道はペダルを踏み、坂道等ではモーターの力を借りて楽々登れるのであり、悪路も平気で乗れるような電動自転車も開発されている。車社会の中で電動自転車や自転車を組み合わせることは、これからの健康寿命を長くするためにも取り組むべきではないのかと思う。

そのためには、電動自転車を普及させるためにも。購入補助を考えられてもいいのではないだろうかと思う。一台12万円前後で販売されており、購入補助があれば買われる人が多くなるのではと思う。エコカーには購入補助を行い、大きな効果を上げてきている。

最近では、水素で走る電気自動車まで購入補助が予定されており、その数十分の一程度の補助で多くの皆さんの健康に貢献できるのではと思う。若い時から自転車に親しむことで、長い健康寿命について取り組めるような社会をつくるべきではないのかと思う。

高齢社会になって医療費や介護費の増大に悲鳴を上げるより、健康寿命を長くさせることに取り組めるような、柔軟な予算編成が行えないものかと思う。国内で製造されている自転車が、ヨーロッパに輸出されているのであり、もっと国内において活用されるべきではないのかと思う。

坂の多い長崎の町においても活用が十分考えられ、車の駐車スペースもなく道路も狭く車の入れない観光施設もあるのですから、電動自転車の活用は若い観光客の呼び水になるのではと思う。電動自転車のレンタルもレンタカー会社に取り組んでいただけたらと思う。

参考資料
ヤマハ電動自転車
ブリジストン電動自転車
[PR]

by magome2007 | 2015-02-06 06:26