2015年 03月 01日 ( 1 )   

ぷらんぷらんですね   

c0117762_712749.png

長崎県「新」行財政改革プランとながさきICT利活用指針を昨日読んでいて思うことは、長期計画もそうだけで、やることしっかり書いているんですね。隅から隅まで読んでいくと本当に長崎県は、九州のトップ県になるのに、どうしたのかな。

それにしても都道府県の似たようなプランには本当に恐れ入りますよ、よく似たような内容のものをこれだけ並べることができるなと思いますね。読んでみると目移りしてどこもいいことかいているので、これがいいんじゃないのかと思ってしまう。

それにしても、職員のコスト意識って全くもって浸透していないですよ、議会事務局なんていつまでたってもメールでの連絡をやろうとしない、これだけでも数百万円のコスト削減になるのにですよ。随分前から指摘しているのに全くもって無視されているんですよ。

私宛には、できるだけメールでの連絡をお願いしているので、関係する職員からはメールで連絡いただいています。どこにいてもメールはチェックできるんですから、やり取りも楽ですよ。今回の一般質問についても、メールでやり取りですから楽なもんです。

職員の意識として大きな文字で書かれているのに、課長の皆さんが読んでないのに、どうやってコスト意識を浸透させるのか本当にびっくりですね。長崎県も数年後には基金も枯渇してアップアップの状態になるのに、本当にのんきなもんですね。

プランはプランプランする意味なのかとついつい考えてしまいそうです。大臣の中でも注目されている石破地方創生担当大臣までPDCAについてしっかり話されているんですよ。プランは多くの県民を巻き込んで行えと言っているのに、行政がこれだと動くことないですよね。

長崎県の地方創生は文章作って終了じゃないでしょうけど、プランにまとめると目を通すこともなく、体が浮いてしまってプランプランと彷徨いながら、明日の長崎県を眺めているのかと思ってしまう。そうでないと言った答弁を期待するだけですよ。

参考資料
総合計画の都道府県別一覧
47都道府県の「情報化推進計画」一覧
長崎県「新」行財政改革プラン
[PR]

by magome2007 | 2015-03-01 07:12