2015年 04月 01日 ( 1 )   

今日から新年度スタート   

c0117762_695198.png

今日は、新年度のスタートを迎え幼稚園や保育所を初め、小中学校、高校、大学等に進学される皆さんの気持ちは希望や夢に燃え熱くなっていることだと思う。全ての人が通過してきた思いで多いゲートであり、スタートの位置でもあります。

現在、行われている知事選挙や政令指定都市の市長選に続き、3日からは県議会議員の選挙も行われ、地方議員のスタートの年でもあります。スタート位置に立ち目指すべき目標を具体的に持つことが、エネルギーの燃焼効果をより高めると言われている。

県議の選挙のスタートに立つ者の一人として、これからの長崎県と故郷新上五島町の皆さんが安心して生活できるような政策を掲げることは最低限必要であり、必死になって追い求める強い意欲が必要になる。そのためには、気力体力は強靭でなければならない。

特に、人口減少、超高齢社会と向き合う故郷の姿を魅力あるものに変えていくためには、候補者自身のビジョンと燃え盛るような情熱が必要であり、そのような意欲がなければ、トップリーダーを動かすことはできないのである。

そのためには情熱プラス企画立案する力と説得する力が求められるのであり、企画立案される担当部局長達に納得できる説明をするためにも最低限必要なことである。そのような取り組みが要求されている地方議員の選挙が始まるのである。

先日ブログに「地方議会は学芸会なのか」の中で書いていた、県庁職員に一般質問や委員会での質問を書いてもらわなければできない議員も、今回の選挙で選ばれるのである。部局長を説得しなければならない議員は、選挙を通じて政策や政治に対する考えを述べなければならない。

地方議会の選挙は国政の選挙と違うことを知ってほしいと思う。ただ共通していることは選挙区の全てを理解し、自分の足で歩くことは選挙制度がスタートした時から行われている。武家政治の時ですら、天守閣から庶民の家の煙突からの煙を見ていたのである。
[PR]

by magome2007 | 2015-04-01 06:09