<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧   

ネット社会の双方向   

■ネット社会の双方向性の定着は、まだまだ若い世代中心のような感じである。もっと積極的に50代60代の皆さんの活用を高めることが必要ではないのかと思う。テレビと違う分野の活用がされていることに気付くべきではないかと思う。

■mixiに代表されるソーシャル。ネットワーク。サービスは、どこも盛況で多くの皆さんのネットワークが充実されてきている。会員数も毎日増加傾向を示していることが、そのことを物語っているのではと思う。

■匿名のネットワークの社会でも双方向の素晴らしい面が多く出ていて楽しい内容になっている。そんなネット社会に多くの皆さんがアクセスすることでますます内容が魅力アップされ、さらに多くの皆さんの参加が見込まれている。

■世界の中でもブログの世界は日本がトップだと言われている。それはモバイルの機能が充実している携帯電話の普及がブログの普及に影響与えているのではと思うのだが、それにしても国内ではブログ花盛りである。

■最近は英語でブログ書かれている人もいて、国際的になっているような気がする。私も英語でブログ書けたらもっと色んな情報を手にすることができるのにと思う。そんなこともあって色んな英語の学習方法が開発されているようである。

■ネット社会の双方向の通信は国境を越え、今ではブログの世界も既に国境を越えている。これからは双方向による情報交流がもたらす効果を生かす知恵比べが行われるのではと思う。

■県庁などは優秀な職員が多くいるのであって、このような双方向の情報交流をもっと活発にすれば、地方主権の政策形成能力がさらに高まるのではと思う。非常にレベルの高いコミュニティなども多くネット社会の充実が地方を大きく変えていくのではと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-31 06:33

知恵を出し、汗を流す。   

■色んな公的関係の事務所にお邪魔して感じることは、図面を引く人はどこにも多くいるようだが、図面をどうやって具体的に効果を上げるようにすべきかは進んでいないようである。あまりにも戦略家が多く。諸葛孔明が多すぎるのではと思う。

■現場で汗流す人との連携が取れていないことも多く、国からの補助事業に集約することが仕事だと考えている人が多いようである。国や県の補助事業に合う図面引きや戦略を考えると、どうしても現場の意見は反映されてこない。

■このような流れを数十年間続けていると、現場の声をいかに活かすことができるのかを考えるより、補助事業に現場をいかに合わせるのかに知恵を出し汗を流しているようである。机の上で現場に合う事業を生み出すことは難事業であるのに、定年真際の人から若い人まで同じような姿に見える。

■街づくりが全国同じようになってしまったのがいい例であって、地域の皆さんの声を活かすことより、新しい流行を追うような事業に関心を示し、似たような街づくりに精出してきている。これまで蓄積されてきた様々な素材を将来のために活かす努力をしなすぎるのではと思う。

■昔の日本の伝統の中に、自分も同じように年老いていくことを知っていて、家族同居の中で色んなことを学んで行ったのである。それは年老いていく人の姿をみることで、改善すべきことや努力すべきことが具体的に分かっていたのである。

■核家族化は高度経済成長がもたらしたものであるが、それが引き金になって秘密が守れて、個人の自由が保障される社会を求めていった。確かに若い世代には人気があって、全国津々浦々までそのようになって行った。

■今、直面している難問に地域の皆さんが知恵を出し汗を流すことで乗り切っていく地域が出始めてきている。それは補助事業に合わせるのではなく、現場にあわせることを真剣に考えるようになってきている。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-30 06:47

ご冥福をお祈り申し上げます   

■松岡大臣のニュースを聞いたときには本当に驚いてしまった。あんなに元気な人がどうしてあのようなことになってしまったんだろうかと思う。昨年、農水大臣室で時間を割いて相談に乗っていただいたときは、選挙のことまで心配していただいたのに残念でなりません。

■選挙の時には松岡農水大臣の為書まで送っていただき、選挙には必ず勝って上京するようにとまで言っていたのに。特に島の第一次産業を心配され、現状を何とか改善しなければと言われていた。

■何度も会っていただき気軽に色んな話もさせていただいた。大臣になる前の国会事務所はいつも人で一杯で、てきぱきと陳情や要望をこなされている姿に何度も接してきた。大臣になって事務所経費の問題など、国会において矢面に立っている姿に頑張って欲しいといつも思っていた。

■今回の問題はちゃんと整理することによって明らかにされるはずだったのにと思う。常に疑惑の報道に振り回され、責任感の強い大臣であったので一人で全ての責任を取ったのではと思う。農林水産業の第一人者の大臣を失うことは九州各県にとっても残念であると思う。

■自己保身の強い政治の場において、平気でリスクを取る数少ない政治家でもあった。このような政治家がこれからの日本の農業政策を見直し、徐々に厳しくなっている世界の食糧事情に対して、我が国の自給率を真剣に考えていた政治家でもあった。

■これまでの大臣が自給率下げてきた農業政策を、松岡大臣が自給率を向上させるはずだったのにと思う。松岡大臣でできなければ食料政策は世界の中でも本当に厳しい国になって行くのではと心配していた。それにしても惜しい政治家を失ったことは残念でならない。

■松岡大臣本当にお世話になりました。ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-29 07:20

施設の集いに参加   

■昨日は島の中にある施設の集いに参加して楽しい時間を過ごさせていただきました。入居されている皆さんと、その御家族の皆さんの集いで近くの体育館を借りて風船バレーを一緒になって楽しみました。

■準備も大変ですが、風船バレーは本当に楽しかったです。入居されている皆さんも徐々に慣れてきて、手が出始め体が動き始めて楽しいシーソーゲームの連続でした。

■風船バレーも思っていた以上に丈夫でパンクすることもなく、ご家族の皆さんも一緒になって楽しんでいました。これまで何度か参加したことはありましたが、一緒になってゲームを楽しませていただいたのは今回が初めてでした。

■入居されている皆さんの顔は本当に楽しそうな表情をされていました。車椅子で参加されていた皆さんも本当に楽しそうでした。毎日リハビリを中心にした生活から、ご家族の皆さんと一緒になって過ごされることの楽しさはまた格別だと思います。

■昼食はそれぞれの弁当を中心にテーブル囲んでご家族が一緒になって食べていました。まだ、近くにご家族のいる皆さんは恵まれているんだな~と思いながら、子供達が島外に出て行っている入居者の皆さんはどうなんだろうかとつい考え込んでしまいました。

■島の現状は毎年島外に多くの若い皆さんを初め、中高年の皆さんまで出て行っています。10年20年後の島のためにもご家族の皆さんが残れる島にしなければといった思いは一層強くなってきました。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-28 06:58

やっと光通信開通です   

■部屋を引越ししてネット回線の完了で無事終わった。光通信に変えるところが多く、急に引越しを言っても待たされることが多いそうです。フレッツ光に変更してまだそのよさを実感していませんが、電話代などは本当に安くなっているみたいです。

■光通信環境について以前から関心があって、色んな情報を集めていたので内容については知っていたはずなのに、ついつい選挙で忘れてしまっていた。島の通信環境について、遅れている地域の救済策はないのかと考えていたのに、待たされてネット社会から離れてしまっていた。

■毎日朝起きてパソコンの前でニュースを読むことが日課になっていたのに,1週間以上はなれていたのでニュースが伝わってこなかった。部屋にはテレビも新聞もなく、パソコンだけが多くの情報をもたらしてくれていた。

■それにしてもフレッツ光の設定は本当に簡単で直ぐ終わってしまった。こんなに簡単になってしまったのかと感心してしまった。設定で何度も苦労した経験があったので、簡単設定には本当に驚いてしまう。

■光通信が主力になっている中で、地方の遅れが徐々に目立ってきている。もっと地方の方から国に対してネット環境の改善のための事業を要望すべきだと思う。

 
[PR]

by magome2007 | 2007-05-25 06:47

県議会改革(3)   

■長崎県は数十年間県民所得の全国最下位グループに属し、未だにそのグループから抜け出せないでいる。昔から天領で栄えた地域は競争心が少なく、現状からの変化や改革を意識することがないのではと思う。現状維持の考えが強い長崎県であって、長崎県議会ではないのかと思う。

■地方の時代といわれながら、国主導で進められている地方分権を待っているだけでなく、議会も率先して長崎県の特徴を作り出す活動をすべきだと思う。そのためには県民と議会の距離を無くすことが最も重要であると思う。

■議会が変われば県庁は間違いなく変わって行くのであって、行政の仕事のチェックは監査委員会に任せるべきであって、議会としては決算委員会においてチェックはすべきだと思う。本来の仕事である予算審議をもっと活発にすることが重要である。

■そのためにも請願や陳情などの審議をもっと関心を持って取り上げ、議会としての説明責任を持つべきであると思う。これまでの審議状況を見ていると、行政に丸投げしているような姿が多く、行政の要望を聞いて逆に議員を説得する光景もある。

■長崎県の政策の決定権は議会が持っていることをしっかりと認識することであって、そのためには議会としてもっと活発な活動を展開しなければならない。これまでのような行政との馴れ合いを無くし、議会主導で長崎県の浮揚を図って行くのだといった強い考えを持つべきではないのかと思う。

■行政の仕事をチェックするのではなく、行政に仕事をさせる議会に変わって行かなければならない。そのための調査研究であって、政務調査費が批判の対象になることが可笑しいのである。このことは議員が活動していないことを意味しているのであって、一緒になってどうすればいいのかといった議論は首を傾げてしまう。

■次から次に起きる事件や事故を初め、難問山積している現状を解決するためにも毎日が汗流す日々であって欲しいと思う。議会改革の最後は議員の意識を変えることではないのかと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-16 06:19

県議会改革(2)   

■これまで取り組んできている情報化社会対策が、議会活動の中に活かされていないことは大きな問題ではないかと思う。何度も提言してきた経緯があるのに、関心を示さない人が多く、議会からの情報発信をもっと活発にすることによって、多くの県民の皆さんに議会活動を知っていただけるのである。

■本来であれば議会にも広報委員会を作って、議会広報について真剣に協議すべきではないかと思う。これまでの議会広報は議会事務局任せで、テレビ局の報道内容や放映時間など議員はこれまで関わっていない。せっかく作っている議会のホームページも更新は3ヶ月に1度であって、これでは県民への情報発信にはなっていない。

■議会広報のあり方について真剣に対応すれば、それぞれの議員のホームページもリンクされてくれば、議会の姿が県民に理解され議員の個人的な活動も関心持っていただけるのではと思う。本来であれば県内の全ての議会のサイトを作れるような県議会のホームページであってもいいのではと思う。

■安くて情報発信ができることもネット社会の特徴であって、議会も大いに活用すべきである。ネット社会が定着して携帯電話の情報発信機能も充実している中で、民間企業においては大いに活用され、企業活動に大きな影響を与えている。次から次と新しいビジネスモデルが開発され、ペーパーレスやキャッシュレスの時代になってきている。

■このような社会になって、いつでもネット解禁による選挙活動ができる環境も整っているのに、その主役であるべき議員がネット社会に対応できていないことがなぜ指摘されないのかよく分からない。費用弁償や政務調査費は、その中でしっかりと報告されていれば問題にはならなかったのではと思う。

■県民への情報発信や県民からの情報受信機能を高めることも、これから取り組まなければならない議会活動ではないのかと思う。いつもマスコミの報道から問題が生まれ議会の対応が後手後手に回ることも考え、これからは積極的な議会広報をすべきではないのかと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-15 06:41

県議会改革(1)   

■県議会改革について色んな意見が出ている。議員定数の減少の影響が考えられ、委員会活動中心でやってきた長崎県議会のあり方まで見直さなければならないことも十分考えられる。昨年は私が議会運営委員長の職にあった関係で予算委員会の設置について検討していただいていたのに先送りになってしまっている。

■協議途中に県庁裏金問題が発覚して予算委員会についての協議の時間が取れなくなってしまったことが最も大きかった。前回の議会と違っている点は、議員定数の減少が大きく、委員会中心の議会活動について見直す時期に来ているのではと思う。

■46人の定数で予算委員会を行うことはそれほど抵抗はなく、歳入や歳出について全体の予算について、全ての議員が共有することは最も重要なことではないのかと思う。これまでは歳入についてはそれぞれの委員会では、関係している部分だけの予算で財源については全く審議しない現状である。

■総務委員会において歳入の全体像が分かる程度であって、産業振興による税収の変化などについては審議されていない。このようなことでは産業振興が県民の生活を本当に豊かにしているのかが分からずに、事業予算の内容について質疑を交わすだけで終わってしまうことが多い。

■予算全体がどのような政策を中心に編成されているのか、県民の暮らしについて全国の中で長崎県はどのようになっているのかなど、具体的な審議などもすべきである。最も重要視しなければならないことは、職員の知恵が県民の生活向上にどのような活かされているのかが問われなければならない。

■知事の政策実現が予算の中でどのような事業予算になっているのかを、全体の中で審議すべきであって、委員会中心の予算審議は制度疲労が見え始めているのではと思う。長崎県の意識改革を図るためにも予算委員会について改めて協議をしていただくことが必要だと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-14 05:53

臨時県議会   

■今日の新聞報道では統一地方選後の県議会において新しい議長の誕生が報道されている。長崎県議会も今日の臨時議会において新しい議長と副議長が誕生する予定になっている。選挙で選ばれた議員の皆さんが同じ公職選挙法に基づいて議場の中で議長・副議長を選出する予定になっている。

■それぞれの県議会において新しく議長や副議長に選出された皆さんは、議会閉会後の記者会見において抱負を語られている。長崎県議会も同じように記者会見がなされるものと思うが、どのような抱負を述べられるのか楽しみである。

■昨日の全協世話人会において議員連盟設置についての協議は、新議長の下で行うことで決定されているので、新議長がどのような議員連盟を考えられるのか楽しみである。このことについては、これまでのような活動ではなく、もっと活発な活動をすべきだといった声も多い。

■それに今日の報道の中で記者の質問が多いのは、政務調査費についての質問であって、似たような内容の答弁をされている。長崎県議会においても選挙前までこのことについて協議を続けてきていた。それぞれの議員が責任もって行うことが基本だと思うのだが、未だに皆で渡れば怖くないといった感じがしてならない。

■改選後の県議会において若い議員の登場で徐々に変化して行くのではといった期待が持てるので、多くの分野において改革や改善も見られるものと思う。これまで直接話を聞くことのできた新議員の皆さんの声は実に爽やかな感じがする。

■新しく誕生する議長の元で議員の意識改革も進むのではと期待している。今日の臨時議会から新しい長崎県議会の活動が始まるのである。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-11 05:57

全員協議会世話人会(2)   

■昨日の全員協議会世話人会は、各会派から出されていた議会構成についての議員の所属委員会などの確認作業が主な内容です。それぞれの常任委員会の所属議員の確認から始まって、委員長及び副委員長の確認を行った。

■同じように特別委員会の所属議員の確認と委員長及び副委員長の確認を行い。続いて、議会運営委員会の確認作業も同じように行われた。有明海自動車航送船組合議会議員、離島医療権組合議会議員については指名推選の方法で行うことを決定した。監査委員についても確認が行われた。

■残されていることは、11日の臨時議会において議長と副議長の選出を行うことだけになってしまった。議会の過半数を占めている自由民主党・県民会議の会派からは議長候補に三好議員、副議長候補に吉川議員がそれぞれ選ばれている。

■改選後の全員協議会において行われた議会構成についての協議を無事終了することができた。後は今日の10時に予定している全協世話人会において、議場における議員の議席の決定と、臨時議会に出される議案の説明を受けての協議や、議事について確認を行って、一連の作業を終了することになる。

■世話人会に初めて出席された新人議員の皆さんは随分戸惑われたのではないかと思う。特に委員長ポストにおける会派間の協議などは始めて経験されたのではないのかと思う。来月から始まる定例議会において活発な議会活動が期待されるのである。

■それに目の前に迫っている参議院議員選挙は日毎に緊迫感を増しており、特に全国区の候補の皆さんが長崎にもよく来るようになってきている。議会構成が終わったことで、県議の皆さんの動きがこれから注目されるのである。
[PR]

by magome2007 | 2007-05-10 05:21