<   2007年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

新人自衛官の終了式   

■昨日、佐世保市相浦にある陸上自衛隊で行われる、新人自衛官の終了式に行ってきました。男性約300人に女性100人の400人の終了式だったのです。終了式の行われる体育館の中はご父兄の皆さんも一緒になって、満杯状態で行われました。

■入隊式には何度か行っているので、3ヶ月の訓練がいかに厳しかったのかは隊員のきびきびした行動を見ればよく分かる。若い皆さんだから厳しい教育にも耐えて来れたものと思う。

■表情も明るく引き締まった感じで、逞しく感じたのはご父兄の皆さんも同じ思いだったのではないのかと思う。終了式における隊員の姿見てて、若い隊員達の防衛に対する姿勢が伝わってくるほど、大きく成長されていました。

■長距離の行軍なども男女問わず行われ、体力差はあるが女性隊員の体力も随分向上されているとのことでした。訓練の中身について少しだけの説明を聞きながら、若いときの体力をもてあましていた時期のことを思い出しました。

■若いときに慣れない農業の世界で必死になって頑張っていたころを思い出し、この時期でないと身につかないものもあって、多くの仲間達と汗流しながら訓練に励まれた若い隊員の皆さんは、国民の安全安心を一手に背負うことのできるる姿でありました。

■未だに地域戦争がなくならずに、攻められて苦しんでいる多くの国民が多く、自国の国民を守ることがいかに重要なのかは多くの国民は分かっていると思う。国防の任務がいかに大変なのかも、昨日のように関係者との交流がなければ遠い世界の出来事であると思う。

■できるだけ機会があれば是非色んなお話を伺いたいと思っています。地方政治家にとっても防衛の問題は他人事でなく、真剣になって学ばなければならないことであると思います。携帯電話も自由にならない中で、若い隊員さんたちの頑張りは、本当に素晴らしいと思います。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-28 06:42

地方政治を変える(3)   

■本来であれば、このような政治の現状を映しながらしっかりと報道することが、地方における報道機関の責務ではないのかと思うのであります。報道機関の責任は商業ペースでキー局の下請けを行うことばかりでなく、それぞれの地域の発展にどこまで寄与できるのかといったことが、地方の報道機関の役割であるはずだと思うのであります。

■地方局の少ない地方と多い地方の差がないことも、報道機関の怠慢であると思うのであります。それぞれの地方の持てるあらゆる力を使うことで、そこに暮らす人々が豊かな生活をすることができたらいいのではと思うのであります。そのためにも、地方政治家が地域を変えるために行動を起こすことが、豊かな長崎県に繋がっていくのではないのかと思うのであります。

■我々は地域のマネージメント・リーダーであって、すべての現場に出て行って多くの皆さんと交わることで、与えられている職務を遂行できるのであります。政治家が自分のためではなくて、県民全てのために活動することによって新しい長崎県が築かれていくのではないかと思うのであります。

■政治が変わらなければ行政は変化しません。大きな組織になればなるほど変化を拒み、現状維持に固まり居心地のいい環境を手放そうとしません。このような組織の姿が社会保険庁ではないのかと思うのであります。政治の変化が今回のような社会保険庁の変化を誘発したのではと思うのであります。

■長崎県も同じことが言えるのであって、このような現状を変えていくためにも地方政治を変えることが最も重要であると思うのであります。テレビ局や新聞社も同じことが言えるのではないのかと思うのであります。地方政治を変えることをスローガンに頑張っていこうと思っています。

■今日は、佐世保市相浦にある自衛隊の新人自衛官の卒業式に行ってきます。招待状が来るようになってから、毎年、入学式に行っていたのですが、選挙と重なっていくことができませんでした。委員会の審議が今日は休会ですので日帰りでたくましく育っている自衛官の皆さんの激励に行ってまいります。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-27 05:30

地方政治を変える(2)   

■私たちの周りの変化を見て実感されていると思うのであります。次から次に新しく発表される科学技術や新しく開発された数々の新製品など、目まぐるしく動き回っているのであります。テレビの進化や電話の進化をみているだけでも分かるのではと思うのであります。

■このような技術や商品と同じように進化発展することが政治だとは思いませんが、県民の期待するような政治への変化は、当然その立場にいる政治家は真剣に考えなければならないと思うのであります。政治の停滞はその地域の停滞を招くばかりでなく、人口流出や過疎化の町を作ってしまうことに繋がっていくのであります。

■すべて大都市のような機能を求める人ばかりではなく、それぞれの町の伝統や文化を大事にしながら、しっかりと不安のない生活のできる地域社会の建設ができたらいいと思っている皆さんは多いと思うのであります。地方政治家は選挙の時だけの広報マンであってはならないのであって、4年間のなかで政治を変えるための真剣な活動が求められているのであります。

■自らの知恵と努力で政治を変えることができなければ、選挙区の皆さんが求める地域社会は作れないのではないかと思うのであります。これからの地方分権型社会の基本はこのような現場に基づく発想や、自らの努力がなければ多くの皆さんの知恵も出てこないばかりか、地域社会は崩壊していくのではと思うのであります。

■今、その瀬戸際に立たされているのが長崎県であって五島列島はその最たる島であります。これまで政治に丸投げしてきたことの付を回されているのではと思うときもあって、それは有権者の責任ではなくて、選ばれた政治家の責任であって、原因は選挙のときだけの広報選挙をしてきただけであります。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-26 05:39

地方政治を変える(1)   

■長崎県の現状を何とかしてほしいと思っている県民は多く、このままでは多くの離島だけでなく、長崎県全体が全国の中でも衰退していくのではと不安を覚えている人が多くなってきている。

■これは県民の責任ではなく、長崎県の地方政治にその責任のすべてがあると思うのであります。投票率が年ごとに減少している原因も地方政治に携わる地方政治家の責任であり、その原因はどこにあるのだろうかと思い始めて数年間過ぎてやっとここまでたどり着くことができました。

■選挙に行くには政治に対する期待感があって、有権者の皆さんが関心持てるような活動をすることが、何よりも重要だと思うのであります。やっとその活動を中心になって行えるような責任ある役職に就かせていただくことができました。今回、自由民主党長崎県支部連合会政務調査会長に就任することができました。

■これまでの政務調査会の活動内容では、多くの県民の関心を高めることはできないのではと思っていたのであります。自由民主党員や党友の皆さんだけの支部政党ではなく、より多くの県民の皆さんに支持される支部政党でないといけないと思うのであります。そのためにはどうすべきなのかといった議論がなければならなかったと思うのであります。しかし、行政職の皆さんと同様で、これまでと同じような活動をすれば事足りるといった、これまでの古い方法では有権者の関心を向けることは困難になってきていると思うのであります。
    
■党員・党友の皆さんをはじめ、多くの県民の皆さんの関心を高めるためには、政策について直接語り合うことが最も重要ではないのかと思うのであります。そのためには現場主義を徹底して、現場の声を直接聞くことが政治に対する関心が高まるのではと思うのであります。現場にとって最も期待できる政策は何かといったことは、すべて現場にあるのであって埃がかぶったままで放置されているのではないのかと思うのであります。

■まさに、宝石の原石と同じであって、磨かなければ光らないのであって、みんなで磨くことで最高の魅力ある宝物になるのであります。どのように磨けばいいのかは一緒になって考えることが重要であって、地方政治家や行政に任せることでは輝きを引き出すことはできないのではと思うのであります。魅力あるものに共通して言えることは、魅力を引き出すために多くの努力が払われていることではないのかと思うのであります。


                               
 
[PR]

by magome2007 | 2007-06-25 07:14

どうすればいいのか「意識改革」   

■職員の意識改革も議会の意識改革も本当に大変だと思う。知事の答弁の中に職員の意識改革の話も随分出ていたようだが、思うほど進んでいないと思う。意識改革が進んでいたら、もっと長崎県は全国の中でも少なくても中間程度の経済力も生活環境も維持できていたのではと思う。

■長崎県が全国の最下位グループの中にいることを、不思議に思わないことが私には解せないのである。このことは若いときからで、今も考え方は変わっていない。毎年莫大な投資をしながら、その効果を上げてこなかったことに疑問を抱かれないことが私には理解できない。

■地域社会と違って、組織の動きは目的がしっかりとしていて、リーダーのマネージメントの下で、最大効果を目指して日常業務を行っているはずである。これは、長崎県の将来がどのようになっていくのかに大きく関わってくるのである。

■地域社会は県庁や企業と違って、同じ方向を向いている人ばかりでなく、色んな考えを持っている人がいる。行政効果を上げるためには非常に厳しい問題や課題もあるが、そのために優秀な職員を採用しているのである。

■これまで勉強や研究で積み重ねてきた能力を半分も使っていないのではないのかと思う。このことが最も長崎県の損失だと思う。使い切っても使い切ることのない能力を惜しんでいるように私には見えてくる。もっと高い能力を持っているのに非常に残念でならない。

■意識改革はこのような高い能力を使い切るようななかから生まれてくるのではないのかと思う。そんな長崎県になれば九州内でも福岡県の次に来るのは長崎県であると思う。

■今回の知事答弁を聞きながら、職員の高い能力を最大限とまでは言わないが、それに近い程度に使われていれば、計画の最大効果が出せるのにと思う。説明が説明を呼び込んでいるような、そんな一般質問の3日間でした。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-22 07:07

これでいいのかな~   

■一般質問も今日で3日目の最終日です。2日間の一般質問を聞いていて、これでいいのかな~って思うことがあります。あまりにも詳細なことを聞くこともあって、委員会と本会議との質問のあり方の違いはなくてもいいのかと思い始めています。

■本会議において質問する内容は、詳細な内容について尋ねることについて、委員会か直接担当者に聞くことがいいのではないのかとも思う。通告のあり方について真剣な議論が必要ではないのかとも思う。

■知事や部長の答弁に詳細な説明を求めることは、詳細な通告をしていなければ説明できないのではと思う。委員会の質問の内容を本会議の中で聞くことについて、見直すべき時期に来ているのではないのかと思う。

■議長の諮問機関ができて、これから議会改革について協議が行われる予定になっているので、その推移を見守るしかないのかと思う。議会改革についてはこれまでも取り組んできたが、思うように前に進まなかった。それとも進めることができなかったのか。

■今回の協議の中で大胆な発想で色んな改革案を出して、活発な議論を交わして欲しいと思う。議会が変わらなければ職員の意識の変化もありえないと思う。これまで10年間金子知事の下で仕事されている職員の意識改革は思うように進んでいないようだ。

■やっぱり議会の改革が先のようです。今日の一般質問の内容についてもしっかりと聞きながら、改善策を考えなければと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-21 07:25

「動議」提出   

■昨日の一般質問の午前の部を終え休憩になったときに、県議会議長について報道されていた新聞記事で、議長不信任案の動議が出された。本来であれば県議会議長の不信任案といったものは、軽々しく出せないはずである。

■確かに不信を抱かれるような報道がなされ、そのことについては充分説明をしてきたにも関わらず、全く理解を示そうとはしなかった。私もその祝賀会に同席させていただいていたのでよく分かっているのに、いくら説明しても分かってもらえなかった。

■単なる会派の自己満足の演出だと言われても仕方ないことであると思う。新聞報道の信憑性を疑おうとは思っていないのだが、県議会の議長職にある人に対する動議提出は、どういううことなのかをしっかりと考えるべきであった。

■これまでの一連の議長説明とそれぞれの議会会派に出て行っての説明など行ってきていた。昨日の議会冒頭において、一昨日の議会運営委員会において決まっていた議長陳謝で、議会を正常化にするように協議をされていたはずである。

■あまりにもお粗末過ぎる対応であり、新聞報道だけを頼りにした今回の議会内での対応は議員の信頼を損なったのではと思う。しっかりと調査をされて具体的に説明できる内容でなければ、このような対応はできないはずである。

■それぞれの議員の皆さんの考えは一つになるとは思っていないが、議会の果たすべき役割など考えたとき、今回の対応は本当に情けなく思う。反省すべき点はしっかりと反省して、県政発展のために頑張るだけである。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-20 07:40

今日から一般質問   

■今日から3日間、改選後における一般質問が行われます。私が今回トップで行うようになっていますが、本来であれば自民党県連幹事長が行うようになっていたのです。参議院選挙等の仕事が多くなったこともあって私にその役が回ってきました。

■一般質問は13日開会した県議会の日程の中で、質問項目について議会事務局に通告するようになっています。15日の午後5時までに行うようになっており、時間までに間に合わなければ一般質問はできないにょうになっています。

■私が通告している項目は、地方分権型社会における政策決定について、道州制に対する基本姿勢について、九州新幹線西九州ルート建設促進について、雇用構造の改革について、食糧問題と一次産業の再建について、道路特定財源についての6項目です。

■長崎県の沈滞している経済状況の原因など厳しく追及して行こうと考えています。同じように予算消費しながら、なぜこのような格差が生まれてきたのか、毎年若者が県外へ去っていく姿を眺めながら、対策ができなかったことは非常に大きな問題である。

■この問題は、私が一貫して問いかけてきている活動の中核をなす問題であります。経済環境が良くないばかりに、子供達の教育まで意欲がなくなってきているのである。長崎県の将来がどうなっていくのかにもっと関心を高めて欲しいのである。

■常に、長崎県の将来が明るい展望の持てるような地域社会建設が行われるようになっていなければならない。特に農業や漁業の衰退は厳しく、しっかりとした対策が求められている。このような考え方で今日の一般質問に取り組んでみようと考えています。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-19 06:58

雨の日は注意してください。   

■昨日の18時から、平戸市の文化センターにおいて同僚県議の就任祝賀会が行われ、出席させていただき数年ぶりに会う人もいて大変有意義でした。発起人代表の白浜平戸市長の挨拶の後来賓各位の挨拶が続き、乾杯で始まった。

■夕方までは雨も降らずに良かったのですが、佐世保について仲間と食事するときには雷雨を伴った強い雨が降ったり止んだりの連続でした。こんな天気は梅雨時期には珍しくないのですが、佐世保からの帰りに大変な事故を見てしまったのです。

■長崎自動車道に行く前から速度規制が表示されていたのですが、その時には雨は小雨がぱらぱらでした。速度規制は50キロで、高速道をこんなにゆっくり走ることは初めての経験でした。でも追い抜く車がいないのには、皆さんしっかりと速度規制を守っているんだと思いました。

■しばらく行くと赤のランプが回っているのが目に入ってきたので、衝突事故か何か起きているのかと思いながら近くまできたら、ワゴン車が横転していました。その隣に救急車が担架で人を運んでおり、事故発生からまだそんなに時間が経っていなかったんです。

■まだ新車のようなワゴンが結構傷んでおりスピード出していたのではと思われました。50キロの速度規制を甘く見ていた私にとって、事故現場の様子は非常なショックを受けたのです。雨の日でも島の中を40キロから50キロ程度のスピードで走っていることを考えたとき。整備されている高速道の事故は本当にびっくりでした。

■早く着きたいと思っていた私にとって、急ぐことの危険を理屈ぬきで分からせてくれたのです。今日は曇り空の天気ですが、梅雨時期の天気はよく荒れることもありますので、充分注意されて車運転して欲しいと思います。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-18 07:13

駐輪場確保について   

■長崎市内は、もともと平坦な土地に恵まれていない街で、道路にしても余裕がなく駐車できる所が非常に少ないところである。それは車だけではなく、自転車からバイクに至るまで駐車場の確保は大変である。

■特に道路に接していない住宅が多く、駐車場の確保を探すことは住宅を見つけるような現状である。土地に恵まれている住宅では駐車場の併設は当然のようなことなのに、長崎では民間駐車場の高い家賃のお世話にならなければならない。

■このような道路事情の中で、昨年から厳しくなっている駐車違反の取り締りが効果を発揮して、違法駐車は非常に少なくなっている。道路渋滞の解消は図られ随分よくなっているのではと思う。

■そのような中で全く光の当たらないところが駐輪場対策である。もともと坂の多い街なので自転車による通勤や買い物客が少なく、駐輪場を設置している商店街もなく、街の中で自転車を見ることもない。

■数日前、福岡市に行った折、駐輪場の調査をさせていただき担当者から詳しい話を聞くことができた。放置されていたバイクや自転車の姿は町並みを汚し良くないと言ったことで、市が駐輪場の設置を始めたのである。

■街のど真ん中に数千台のバイクと自転車の素晴らしい駐輪場が設置されている。長崎においてもバイクの利用は多いのに駐輪場のないために駐車違反切符を多くの市民が切られている。

■このような土地柄なのに対策が全くできていないことが、これまで問題にされなかったことに疑問を持っている。今回の議会においてこの問題を取り上げてみようと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-13 07:44