<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

長崎市内のガソリンスタンドは?   

■原油高騰を受けて石油製品が大きく値上がりしてしまっている。雪国は本当に大変だと思う。長崎も雪国ほどではないが、ガソリンの高さには本当に参ってしまう。五島のガソリンの高さは有名だが、県庁所在地のガソリンの高さはあまりにもひどすぎる。

■石油製品の値上げが全ての産業に影響が出ていることは、多くのメディアが報道しているので知っている人も多いと思う。ところで、長崎市内のガソリンがなぜ高いのかと言えば、スタンドの規模が小さく経費が高くつくとも言われている。

■スタンド同士の競争もなく、それに輸送コストが高いといった理由から高くなっているとの説明だった。このようなことは長崎だけの問題ではなく、県外においても同じことが言えるのである。しかし、県内においてガソリンの値段はばらつきがあって、島原や佐世保においては長崎市内より安くなっている。

■よくレンタカー借りて調査に出かけるので、最後はどうしても長崎市内のガソリンスタンドで給油しなければならないので、どうしても比較してしまう。マイカーで来られる観光客の皆さんにしたら、長崎市内のガソリンの高さにはびっくりされると思う。

■ガソリンは高い、田畑は荒れ放題、若者は流出、所得は最低、サラ金の数は飛びぬけて多いなどなど、どこに問題があってこのような長崎県になってしまったのか、ガソリンの問題にしてもこんな原因で高いのですって言われても誰も納得できない。

■どうすれば安くできるのかといったことを真剣に考えることが、長崎県の産業発展に繋がることを知っているはずなのに、県庁職員は動こうとしない。すべてにおいてこのような現状であって、長崎県が一流の県になるには責任もって業務を遂行して欲しい。
[PR]

by magome2007 | 2007-12-12 06:51

今日はoff会です。   

■おつかれさまですー。
○○さんより、夕桐オフの詳細情報が到着したので、ご連絡いたします~

日時:12/7(金) 19:30~ (たぶん22時くらいまで)

場所:夕桐
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E129.53.6.0N32.44.12.8&ZM=12&CI=R

現地集合。看板とか出てませんので、迷ったら電話ください(汗)

■私も仲間に入って数年経過しているんですが、長崎市内の若手ベンチャー企業の経営者の皆さんとのoff会です。今年の忘年会を兼ねているんですが、とっても楽しくて愉快な仲間達です。この人達に宿題を頂いているんです。

■ところが今日の場所は初めて行くので場所は地図で大体分かったのですが、これまで飲んでいた十数年間行ったことのない初めての場所なんです。色々と話聞けば、市内の人より転勤族の皆さんがよく知っているみたいで、探検が上手なんです。

■いつも飲みまわっている皆さんは定番コースであまり外れたところに行かないようで、頭が固まってしまっているのかなとも思いました。色んなお店を探検するのも初めてのときが多いみたいで、年取ってくると探検もしなくなってしまいます。

■新しいビジネスモデルのお店などには、上京したときなど行くのに、やっぱり定着してしまうと知っている中での散歩みたいな感じです。今日はどんな話が飛び出してくるのかとっても楽しみな夜です。
[PR]

by magome2007 | 2007-12-07 08:25

情報収集における対応   

■最近の佐賀新聞Web版には気になるニュースが多く、特に新幹線西九州ルートに関するニュースは目が離せなくなってしまった。鹿島市長と話された佐賀県知事の内容や、14日に予定されている整備新幹線計画を見直す政府・与党検討委員会のメンバーに対する対応など非常にこまめに動いている。

■佐賀県議会も動きが非常に早くなっている。これまでの動きがなかった分だけ動きが目に付くのかもしれないが、政府の動きにコミットすることも非常に大事な要素であると思う。このような情報は全国紙を初め地方紙も含めWeb版の情報は競争が激しくなっている関係で更新も早くなっている。

■全国の中から拾い上げるだけでも長崎県のためになる情報は多く、職員の皆さんが出勤前に30分から1時間情報収集されたら、見違えるような政策立案能力が高まることは間違いないと思う。これまで同様の情報を上司に上げているとすれば、長崎県は完全に遅れてしまうことになる。

■上司にあがる情報は。部下がそれぞれ都合の悪いところを削いでいくので、情報の都合のいいところだけ読み取ることになってしまう。これでは上司やトップに上がる情報は偏った情報だけになってしまう。今回、自民党県連で現場を見て回って本当にそう思う。

■合併を進めることで補助金などはカットしませんといっておいて、合併したら財源ないから補助金カットしますといってくることなど、詐欺行為そのものである。このような現場の様子などはどこまでが知っているのか、その真意については確かめようと思っている。

■情報の収集や活用方法などこれまでと違った情報戦略を考えるべきなのに、何時までたっても情報戦略に変化がなく、数十年間同じような予算の流れ作業をされているだけである。これでは長崎県の将来は格差が広がっていくだけであって、責任者なんて最初からいないのであって、こんな将来は来て欲しくない。
[PR]

by magome2007 | 2007-12-06 06:52

アジア・太平洋水サミット開幕   

■今日、別府市において行われる第一回アジア。太平洋水サミットに多くの皆さんが関心を持っているようである。私も水資源に関心持っていただくことは大賛成であって、我が国の抱える水問題も例外でなく、水と山の問題なども議論して欲しいと思う。

■県内においては佐世保市の時間給水も始まって、雨に左右される水問題も深刻さを増してきている。水サミットが行われることで雨が降ったのではないと思うのですが、昨日の夜からの雨には本当に感謝しています。ダムだけでなく畑も雨を待ちわびていたんです。

■水の安定供給については24時間体制で行われており、特に大都市などは本当に大変だと思う。世界の中でも日本は大都市への一極集中は群を抜いており、地方の過疎化が大都市の水問題に、なんだかの影響が出てくるのではと思う。

■特に山林の手入れがされなくなって、荒れている山も多くなっていると言われているが、こんな話は最近の話ではなく随分以前からされていたのである。山の手入れが綺麗な水を作り出し、山の保水力を高めていたのである。

■急激な山が多い我が国では、山の手入れが水問題に直結する傾向が強く、もっと強力に山の手入れなどに関心を高めるべきだと思う。道路財源などに関心が高まっているが、それ以上に目に見えにくい問題であるが水と山の問題は大きいと思う。

■大自然にもっと関心持つようになれば、市場経済万能主義のような日本の国が変わって行くのではと思う。大自然と仲良くすることをサミットで議論して欲しいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-12-03 08:01