<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

知事候補予定者の挨拶   

昨日、11時から長崎市内のホテルにおいて自民党県連の支部長・幹事長会議を開き、今回の知事選における対応を協議した。その結果、新知事を作る県民の会の一員として中村知事候補予定者を全力で応援することに決定した。

その後、候補予定者本人が入場され、150人の出席者の前で挨拶をされた。私も彼の生い立ちや一代記を聞くのは初めてで、ずいぶん苦労されていたんだと思った。共通するところも多く、特に一本釣り漁師の家庭に生まれていることだった。

それで、好きな歌が鳥羽一郎の演歌だと言ったことが納得、それ以上に兄弟の応援で大学進学をされたことは、似たような境遇の私にはびっくりでした。こんな人に知事をやってほしいと思い、応援にも力が入ってきている。

実は、戦後の国作りにおいて、国民とともに汗流しながら豊かな国を作られた政治家の皆さんに負けないような筋金入りの信念を見た思いでした。国の方は、そのような苦労をされた政治家が一人去り、二人去り、そして苦労を知らない政治家が国民との距離を離していったことが政権交代の大きな原因だと思っている。

当時の自民党の政治家は、今のような社会にならないようなことを55年前に言っているのである。それは不安のない福祉社会の建設、失業者が一人もいない雇用環境の建設など、国民の姿を見ながら真剣に協議されてきた自民党の綱領であった。

いつの時代も先達の皆さんが残してくれたものに埃がかぶっていくことは繰り返されるのであって、そのような繰り返しが人類の歴史でもあるのだろうかと思う。昨日の挨拶を聞いていて思ったことは、時代の流れにしっかり対応できる考えと政策を持っている、県民が求めているリーダーであると確信したのである。

まさに戦乱の世を治めた織田信長のような姿に映ったのは私だけではなかったと思う。長引く不況の大波を突き破るための長崎県のリーダーに相応しい最高の候補予定者である。一人でも多くの長崎県民に知ってほしい。
[PR]

by magome2007 | 2009-12-29 08:50

新しい政党支部誕生   

大村市において自由民主党の政党支部が新しく誕生します。これまで政党支部は各市町村ごとに結成されていたのですが、市町村合併後は支部の減少が進み、政党活動も活力がなくなってきている。それ以上に、政権交代によって存在感が非常に薄れていくのではといった指摘もされている。

このまま指くわえて見ているだけでいいのかといったことや、なぜ8月の選挙において惨敗したのか、その反省は真剣にされてきたのかなど、様々なことが浮かんできている。私は、自民党の55年間の流れを見て思うことは、立党宣言に埃がかぶってしまっているのではと思っている。

戦後の廃墟から裸一貫で立ち上がり、世界のトップをいく豊かな国家を作り上げてきた国民政党であった。自由党と民主党が一緒になって新しく生まれたのが自由民主党である。このときの立党宣言や綱領は今も輝いている内容であり、自信を持って説明できるものである。

こんな素晴らしい立党宣言を作られ、国家建設に燃えていた当時の国会議員の姿は、世界に誇れる我が国の政治家の姿であって、今の政治家の皆さんは常に鏡として国家発展にまい進すべきである。ところが、政権交代が行われた原因は、この立党宣言の志を忘れ、既得権や権力に胡坐をかいてきたことが全てではないかと思っている。

立党に当たって、国民政党として真剣に国作りに邁進されていたことは、多くの国民が認めるところである。全国津々浦々に結成されてきた自由民主党の政党支部は、国家建設を共に担っていたのである。政治家も国民とともに汗流しながら苦楽を共にしていたのである。

それがいつのころかはよく分からないが、国民のための政党支部が、国会議員のための政党支部になり下がっていったことが、今回の大惨敗を招き入れたもっとも大きな原因である。このkとを取り除くためにどうすべきなのかといったことが我々自民党県議に課せられている。

このことを真剣に考え、国民のために開かれた国民政党として、新しい国家建設に向かう政党の支部として、全国に向かって支部改革の烽火が上がるのである。政治は国民のためのもので、政治家のためではない。このことが政治の基本であり、政治家は常に国家・国民のために常に汗流さなければならない。
[PR]

by magome2007 | 2009-12-28 01:58

今日、中村前副知事立候補表明。   

長崎県知事選は、来年の2月4日告示で2月21日投票で行われるようになっています。この知事選に、副知事されていた中村前副知事が今日、正式な出馬表明をされる予定になっています。

色んな分野の皆さんから出馬要請を受け決断されたものと思います。副知事になった時には、このようなことになることなど夢にも思わなかったことと思います。

これまでの動きを知っているものの一人として思うことは、選挙に一度もかかわったことのない人にとって、当選することと落選することの違いは想像絶するものだと思います。

安定した職場の中で生活されてきた中村前副知事にすれば、天国と地獄の差ほどの違いではないだろうかと思います。これまで随分悩まれ、家族の中においての話し合いなどは本当に厳しかったものと思います。

現在、6人の候補者が出ていますが、中村前副知事だけが要請され出馬を決断されています。人間を取り巻く環境が一気に変化していくことを、初めて経験されるので精神的な強靭さが求められると思います。

このような環境の中を少しは知っている私としてもできるだけの応援をしようと思っています。信頼関係を築かれている県議の皆さんも多くいるはずです。応援の輪を大きくしながら夢実現に向かって爆進です。
[PR]

by magome2007 | 2009-12-24 07:39

これからが本番です。   

知事候補がやっと決まって、長崎県の希望や夢を熱く語る2010年を迎えようとしています。今日現在、知事候補は総勢で6名の混戦模様です。

民主党は早々と候補者を国会議員の皆さんで決定され、来月の中旬に選挙費用のための政経パーティを予定されています。

我々仲間たちは、後援会活動にかかる費用については、完全ボランティアで行うことに決定、費用も人も全てボランティア、しかし、喧々諤々の議論が飛び交いました。

車代や電話代もばかになりませんから、選挙のわかっている人にとっては考える瞬間でもあります。長崎県の将来をどう考えるのかが問われる選挙に、どのように関わっていくのかは多くの県民が注目されています。

候補者は誰も自民党に推薦願は出さず、半分の人が民主党に推薦願を出されたのです。これも世の流れなのでしょうか、時代の変化を感じています。

今回の候補者は、副知事をされていたのですが、昨日辞職され無党派で戦うことを決定されています。我々自民党は勝手に支援するだけで、無党派の皆さんとともに支持拡大に汗流すだけです。

選挙も様変わりしていくのかと思っています。これからはネット運動も加わって色んな情報が乱れ飛んでいくのではと思います。今回の選挙は従来の方法ですが、早くネット選挙になってほしいと思っています。
[PR]

by magome2007 | 2009-12-23 12:05

「疲れって」よくわからない?   

金子知事の召集で行われた県議会は先週で幕を閉じた。3期12年間、長崎県知事として県政発展に全力で当られてきた金子知事に対して、本当にお疲れさまでしたと声をかけたい。知事の行ってきた政策等についての評価は色々と分かれているが、来年の3月1日までが任期なので私の考えは、その後に書いてみようと思う。

ところで、疲れがたまっていたので昨日は9時過ぎに寝て、ぐっすり寝ようと思っていたのに、1時過ぎに目が覚め、布団の中にいても寝付かれずについに起きてしまった。あれやこれや気になることが次から次に出てきては、寝るに寝れずにパソコンに向かってしまった。

せっかく寝ていたパソコンも私の相手をさせられて困っているのだろうなって思っているんです。それにしても疲れているのに目が覚めると、あんだけ体が重かったのになくなってしまったような感じで、数時間すればまた重くなってくることが分かっているのに、毎日がこの繰り返しなのです。

途中目が覚めないで、7・8時間寝てみたいといつも思っているのにできないので、ついお酒を友にしながら今日はと思って寝ているんです。でもどんなに飲んでも目が覚めると酒の酔いも一緒に覚めてしまうんです。本当に困ったもんです。

みんな同じような思いで毎日毎日仕事しながら、疲れた体を引きずって生活されているのだろうと思っています。昨日の焼鳥屋で焼酎飲みながら周りの皆さんを眺めていて、楽しくお酒飲みながら疲れも一緒に飲みこんでしまっているのだろうなって思って眺めてたんです。

ブログの更新もしないで何やっているんだとよくお叱り受けています。徐々にブログにも力入れていこうと思っています。
[PR]

by magome2007 | 2009-12-19 02:54