<   2010年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

牛、犬、羊、豚~共通するものは?   

朝のひととき真剣に考えました。でも私の思考能力の限界をオーバーしていたので、思いつくものは全く出てきませんでした。中国で言われている豚は財産なのかとは思ったのですが、これも違っていました。

それにしてもよく考えるもんです。日本人の女性も同じこと思っているのでしょうか。家庭の中における政権交代はこのようにして起きていくのかと思いました。

今日の中日新聞Webの編集局デスクのコラムからです。ぜひ目を通していただければと思います。


【編集局デスク】
牛、犬、羊、豚
2010年1月30日

 中国の現代女性は理想の男性を四種類の動物にたとえるという。数年前の中国旅行の際、日本語ガイドの女性から聞いた。

 その動物とは、「牛」(のように働き)、「犬」(のように忠実で)、「羊」(のように優しく)、「豚」(のように何でも食べる)のこと。

 豚については少し説明がいる。中国では共働きの夫婦が多く、女性が炊事に時間をかけられない。あり合わせのものでも何でも文句を言わずに食べてくれる男でないと困るのだそうだ。

 あまりうれしくないが、日本でも同感という女性は結構多いのではないか。

 かつては理想の男性を、「三高(背が高く、高学歴、高収入)」といったが、時代は変わったらしい。若者の体格は向上し、大学進学率は50%を上回った。ただし、残る高収入の男性は今もそんなにはいない。

 それなら、男性から見た女性の理想を動物にたとえるとどうか。ところが、これが存外に難しい。

 例えば、「リス」(のようにかわいい)、「カモシカ」(のようにスタイルがいい)、「パンダ」(のように愛嬌(あいきょう)がいい)、「猫」(のように優雅)。これでは外見ばかりである。もう少し内面、性格がわかるような動物はいないものか。

 結論から言うと、こういう比喩(ひゆ)に女性は向いていないのだ。いや、男性だって同じだ。人はいろいろである。その多様性にこそ人間社会の豊かさがある。

 私たちにも反省がある。鳥取県の連続不審死で疑惑の渦中にあった元ホステスが強盗殺人容疑で逮捕された。実名報道とともに、早くも集中豪雨的な報道が展開されている。いずれ、「鬼畜にも劣る」といった表現が出るかもしれない。だが、冤罪(えんざい)の菅家さんを生んだ足利事件の教訓を学ばなくてはいけない。ここは冷静に、慎重に。

 (名古屋本社編集局長・志村 清一)
[PR]

by magome2007 | 2010-01-31 07:49

武士道から引用すべきではないのか。   

昨日の鳩山総理の施政方針演説の中のガンジーの言葉より、今の日本が壊してきた武士道の精神から説くべきではなかったのかと思う。何が最も乱れているのか、それは政治の世界にいる人たちではないのかと思う。

武士道の精神が生きているのであれば、民主党の抱える金脈問題の解決も検察の手を汚さなくてできたのではなかったのかと思う。家の中にあっては父親の威厳もなく、人間みな平等だと言って家庭の中までおかしくなってしまっている。

父親の存在が確立されていた時代は、家の中に神様がおられ、物事の善悪が子供たちにもしっかり伝えられていた。そんな日本の伝統がなくなってしまって、政権交代によって日本の良き伝統や文化の素晴らしさを訴えてほしかった。

むしろ、日本人に浸透していくのは武士道の精神ではなかったのかと思う。武士道には、基本となる5つの要素,それは,『仁』『義』『勇』『礼』『誠』です。次の文章は昨日の鳩山総理の演説の中のものです。

私は、昨年末、インドを訪問した際、希望して、尊敬するマハトマ・ガンジー師の慰霊碑に献花させていただきました。慰霊碑には、ガンジー師が、80数年前に記した「七つの社会的大罪」が刻まれています。
 「理念なき政治」
 「労働なき富」
 「良心なき快楽」
 「人格なき教育」
 「道徳なき商業」
 「人間性なき科学」、そして
 「犠牲なき宗教」です。
 まさに、今の日本と世界が抱える諸問題を、鋭く言い当てているのではないでしょうか。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-30 08:56

知事選が明るくなった!   

昨日から運用を始めている「長崎選挙DB」は、明るい話題が少ない中でのヒット商品のような印象を受けています。各候補者の横顔が見え、それぞれの候補者になる人たちの動きなどもわかるようになっており、有権者の皆さんにはぜひ寄っていただきたいところです。

アドレスは「http://www.e-nagasen.com/」

ところでこのようなホームページの更新は選挙期間中もできるのであれば、各陣営の動きなどぜひ発信してほしいと思う。ワイドショーなどと違って長崎県の将来を考えるためにも、充実してほしいと思う。

このような情報発信が、県民の関心を高め投票率を押し上げていくのではと期待できると思う。全国で行われている選挙の投票率を見るたびに思うことは、棄権する人をなくせないものかと思う。長崎県において、来月行われる知事選挙の投票率を全国トップにもっていけたらいいと思う。そのためにもぜひ頑張ってほしいと思う。

一票一票の重みについては今更説明するまでもなく、このような情報に接することによって、貴重な一票が生きていくのではと思う。政権交代後の姿を見ていると情けなくなってくるのだが、民意の反映が長崎県の明るい未来につながってほしいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-29 08:20

今日のサンケイ新聞からです。   

【明日へのフォーカス】論説副委員長・高畑昭男 「エビータ」の世界と鳩山政権
2010.1.26
 新春を飾る劇団四季のミュージカル「エビータ」を見た。田舎娘が歌手やダンサーを経て、ついには大統領夫人に成り上がる物語はおなじみだ。公演の歌や踊りも素晴らしかった。だが、中でも印象に残る圧巻は、ペロン大統領とエビータ夫人が労働者階級を抱き込んでポピュリズム(大衆迎合)政治に突き進む場面だった。

 労組や大衆組織と手を組み、危機をあおって権力を固めていく。背景に「国有化断行」「賃金・公共支出拡大」「福祉増額」などのスローガンを大書したプラカードが舞台狭しと並ぶ。見ていると、なぜか今の民主党政権の姿と二重写しに見えてくるのだった。

 実際、観客席では「『子ども手当』や『国債乱発』を加えたら、鳩山(由紀夫)さんと同じだね」というささやきが流れた。そういえば、男と権力を踏み台にファーストレディーにのし上がる主人公もどこかの夫人と似ている。

 舞台となった南米第2の大国、アルゼンチンは、もともと豊かな農業国で資源も豊富だった。

 しかし、第二次大戦直後にペロン夫妻が権力を握ると、富裕層から容赦なく資産を取り上げ、大衆にばらまく迎合政治を展開した。成長戦略もないまま、産業国有化や管理貿易など無謀な国家社会主義的政策を強行した。経済は崩壊し、瞬く間に国家と国民の心を荒廃させてしまったという。

 原作者のロイド・ウェッバーは権力の暴走がいかに民主国家を危うくするかを描きたかったそうだが、それが今の日本の姿に重なるとは思いも寄らなかっただろう。

 半世紀以上前のエビータの舞台と現代の鳩山政権の類似は、ほかにもある。「弱者を救う」との建前で始まったペロンとエビータの強引な政治は、やがて腐敗とスキャンダルにまみれていく。

 今の国会も、鳩山首相の母親の献金問題と小沢一郎・民主党幹事長の政治資金疑惑で大揺れだ。政権与党のツートップが連日追及される中で、いくら首相が「国民の命を守る」「国民生活第一」などと訴えても説得力がない。

 「マザコン・ゼネコン国会」の様相を深める中で、2人に共通する姿勢は数億円単位の巨額のカネの流れを「秘書らに一任していたので知らない」との説明ですませようとしていることだ。でも、そんな答えが国民の常識に照らしてまかり通るとは思えない。

 サラリーマンや主婦は10円、100円の単位で日々の生活コストを切り詰めている。中小企業主は数万円、数十万円の損益を争って身を切る思いで働いている。それなのに、権力の頂点にある首相や幹事長が数千万、数億円のおカネが目の前を行き来して「知らぬ存ぜぬ」では、それだけで政治家失格ではないだろうか。

 首相は偽装献金について「脱税の認識は全くない」「私腹を肥やしたわけではない」などと強調した。だが、ばれなければ数億円とされる納税もなかったのだから、発覚までは明らかに今よりも私腹は肥えていたのではないか。

 納税者が頭を痛める確定申告の季節がまもなくやってくる。首相らの誠意なき弁明が国民の納税意欲をどれだけ阻喪させてしまったかが心配だ。国政への不信はますます募ることだろう。安全保障論議不在の政治の中で、普天間飛行場移設問題も難しくなった。

 ミュージカルの世界なら、幕が下りれば観客は現実に返ることができる。だが、このひどい政治に幕が下りるのはいつのことなのだろうか。

【アルゼンチンのようになってほしくないですね。ブラジルで生活していた時には、それほどの差はなかったのに、今ではすごい差が付いてしまっています。中国と日本がそんな関係になるのではといった不安が生まれなければいいのですが。】
[PR]

by magome2007 | 2010-01-26 08:53

自民党と民主党   

昨日、自民党の定期大会が開催され、今日の記事は自民党に対する応援メッセージではないのかと思うような内容のものが多い。谷垣総裁の古い自民党との決別も評価されているようですが、もっと改革すべき指摘もされている。

もっと早く気付くべきだったことを、政権交代しなければできなかったことが、自民党の抱えていた慢性病ではなかったのかと思う。じっくり時間かけて直す努力をしなければならないが、慢性病に侵されている議員もまだいるようで、摘出手術を大胆にしなければならない。

自民党が慢性病に侵されていることを自覚した定期大会であったのだが、その慢性病の病原菌が若くて栄養がいっぱいある民主党の皆さんに感染し始めている。自覚症状はまだ現れていないのでしょうが、気付いた時には大手術を必要とするのである。

小沢頭取の経営する深沢銀行から融資していただいて昨年の選挙を勝ち抜かれた議員が多くいるみたいで、これからの民主党小沢グループの結束が田中角栄軍団の再来のような気がしてならない。民主党に黒い白鳥が住み始めたみたいである。

このような中で自民党はしっかりした復活戦略を描き、優秀な人材を集め、明日の日本の再生のために汗流してほしいと思う。世襲議員が優秀な人材の芽を摘んだと言われないような若くて勢いのある政党に早く生まれ変わってほしいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-25 07:00

小沢一郎問題   

小沢一郎の姿は自民党そのものだと思う。これまでの自民党の金銭にかかわるスキャンダルは、小沢問題と同じようなものが多く、今は主客転倒しての問題ではないのかと思う。攻撃することは当然として、二度と起きないためにはどうすべきなのか政治の世界で新しい制度設計をすべきだと思う。

民主党は小沢幹事長にすべてをゆだねているようで、誰も今回の問題について発言する者がいない。これでは政治の世界において、政治と金の問題について制度設計を作れる人が民主党にはいないことになる。

時間が経過すれば対応できる人も出てくるのかもしれないが、今声もあげないでほとぼり冷めてからはだれでもいえるのである。民間人の脱税問題や横領問題であれば、警察に任せることは当然であるが、立法府における違反事件については、政治家の皆さんにしっかり対応してほしいと思う。

政治家も民間人も同じように警察や特捜の皆さんにお世話にならなければ解決できないような国会では、お隣の国からミサイルなどが飛んできたときに対応できるのかと思ってしまう。国民の生命・財産を守るんだといった演説なども聴くことがあるが、身内の問題さえ解決できない政党では期待する方が無理なのかと思う。

これは、民主党だけでなく自民党も同じことが言えるのであって、秘書が逮捕さえた時には政治家も責任とって辞めるような法律を作るべきである。自民党が野党になっている時に作るべきであり、健全な政党政治の制度設計を進めるべきであると思う。

小沢一郎の姿を見ながら、自民党の皆さんはしっかりと反省してほしいと思う。このような政治の姿を時々国民に提供していたのですから、自民党も国民からレッドカードを突きつけられたのだと思う。民主党も自民党も力合わせて小沢一郎と鳩山兄弟を国会から追放してほしいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-24 21:39

政党政治根付くのか。   

政権交替の影響がいろんなところで出始めているのことを、各種団体の会合に出ていくと感じるようになってきました。これまで政権交代を経験してこなかっただけに、どのように対応すればいいのかまだまだ迷っているような感じです。

民主党の小沢金脈問題が発生していなかったら、政党同士の政策が競われたのではなかっただろうかと思うのです。右肩上がりの時ではなく、これまで経験したことのない経済不況の中で政策の比較がより鮮明にできたのではないのかと思うのです。

政策を競うことで政治家は成長していくのではと思うのです。全国から出ている政治家の政策が同じだとは思いせんが、どか雪の地域と九州では生活に対する考え方が違うことは当然だと思います。それぞれの政党において政策のすり合わせができていなければならないのに、ぶれているような現状です。

防衛や外交においてもぶれている現状を言い合ってもどうしようもなく、政党内でしっかり議論を積み重ね、国民に分かるような政策として説明すべきです。国家の基本的な方向性が政権交代によってぶれている中で、いろんな経済団体の対応が明確にならないのはよくわかります。

しかし、政権にすり寄っていくだけでは日本の将来にいい結果を残すことができないのではと思います。政権から離れた自民党の政治家の皆さんも、それぞれの委員会において政策を競うことをすべきであります。政策を競ってこなかったことが、政治家の質を貶めてきたのではと思います。

政権交代によって政党政治が日本で発展していくのかは、政治家の政策形成力に大きく影響されていくのではと思うのです。これまでの公共投資の在り方について、どうあるべきかもっと真剣な議論がなされるべきではないのかと思うのです。公共投資ありきでは議論が深まっていきません。

ましてやコンクリートから人へなど誰が考えたのかわかりませんが、どっちも大事であってけなしあうことではないと思うのです。政党政治が根付くためには、今回のような金脈問題が二度と出ないような政治家の姿勢が求められています。そのためには秘書が逮捕されたら政治家は即刻辞表を出すべきです。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-22 12:06

禁煙について面白い記事に出会いました。   

1日50本くらいタバコを吸っていた人がタバコをやめると色んな変化が襲ってくる

実は、タバコが吸いたいと思ったときに
ある事をするだけで、タバコが辞められるんです!

でも、、、
問題はやめた後。

いやはや、ここまで体調に変化があるとは思ってなかったわけで、正直ショックです。
なんていうか、物理的に、短期間で大きな変化が襲ってくるんですよね。

今回はそんなタバコについてのお話です。
というか、タバコをやめるとどうなるのか的な、単なる体験談に近いです。




タバコをやめようと思った動機

今回、タバコをやめようと思った最大の理由は値上げの決定です。

コレに尽きます。
一箱100円の値上げってアホですか。

私は1日最低40本、たまに50本吸うようなスペックです。

健康の為とか、将来の為とかそんな問題ではなくて、1日600~900円かかってたものが800~1200円になるって言うもんだからカッとなってやめたくなりました。


1日最低200円の値上げ x 30日 = 6000円。

3日に一回50本吸う日があると計算して、10日間は100円プラス。

すると月7000円の値上げ。

きつい。
いくらなんでもこれはきつい。
お小遣いが7000円減ったら、人としての生活が出来なくなりそうだ。

大好きなケーキも食べれなくなっちゃうじゃないか。


政府の方がどう思って値上げを断行したのかわかりかねますが、
生活に支障が出るレベルの値上げです。

つまり、やめざるを得ない状態になりました、というのが正直なところ。
よく本数を減らせばいいと言う人が居ますが、本数を減らすのと禁煙どちらがつらいかというと、本数を減らすほうが大変だと断言できます。

実を言うと、今回禁煙を決断した人間が、知り合い、同僚合わせて9名居ます。

うち、ヘビースモーカーが私を含め7名です。

それだけ今回の値上げがきつい、という事がわかります。

まだまだ禁煙が成功したといえるような日にちはたっておりませんが、とりあえず年間336,000円。
60歳まで買うであろう金額、9,744,000円
を、払わなくなりました。(純粋にタバコの売り上げのみ計算)

値上げした議員に、ありがとうと言いたい。

国は国民に休まず働けと言っている

禁煙しといてなんですが、どう考えても国は頭がおかしい。

私はもともとパチンコ等のギャンブルは一切せず、酒も髄膜炎になってから飲めなくなり、唯一タバコだけが生きがいみたいなもんでした。

タバコ吸わない人には一生分からないかと思いますが、仕事が一段落したときの一服ほど幸せなものはありません。
時間にして約5~7分ほどのちょっとした休憩。
これがたまらないんです。

また、食事をし終えたあとの一服。
これも格別です。

そんな、なんていうかちょっとした楽しみです。

そういうちょっとした楽しみのアイテムなのに
金持ちは吸って良し
金無い奴はやめて休憩時間を減らせ
みたいな政策にうんざりです。

せっせと税金納めても、値上がりでぶーぶー文句言うのが疲れました。今回で最後とします。




というわけで、レッツ禁煙

上記理由から今回は相当気合が入ってます。

怒りの矛先が自分勝手なのは重々承知しておりますが、こういうのは気持ちが大事なのです。
会社の同僚もこれを機に禁煙を開始しました。

ちなみに今まで私は、入院して手術して動けない日以外、1日たりとも禁煙に成功した事がありません。

約6時間の禁煙すら成功した事が無いのです。

そんな私が、友人から教わった
「とんでもない禁煙術」を実施したところ
なんと一発で禁煙に成功したのです。

そのとんでもない方法とは
『タバコを吸いたいと思った時に、タバコを吸う理由を全て否定すれば簡単に禁煙できるよ。』でした。

おいおい、それだけかよw
と、思うかもしれませんが、そんな理由でやめれちゃったんですよね・・・。

その友人が禁煙して気がついた事が
『タバコを吸う事に意味なんてなにもなかった。なんで吸ってたのか不思議だ。』
という事らしいので、それを頭に思い浮かべまくった。


始めて聞いたときは盛大に吹き出しましたが、まぁ、、、
言われて見るとそのとおりなわけですよね・・・。

禁煙は、禁煙している理由をぶち壊そうとする自分自身が破るわけですし。

とりあえず、タバコを我慢するという行為には、電子タバコ、そして禁煙パイポ等も含まれると言われたので、今まではこういうアイテム使って禁煙始めたけど、今回は使わなかった。

あと友人から教わったこのページタバコはストレス解消になると思って長年吸ってきたつもりでしたが、それは自分の思い込みと、逃げであったことを思い知らされました。タバコが気分転換になるなんて嘘っぱちです。
このページも結構参考になった。
禁煙すると体内で様々な変化が始まる

禁煙できついのは以下2点。

1)体内のニコチン依存
コレはもう物理的にきつい。うわあああああってなる。手も震える。
相当ひどい。我慢しろと言われてもこれを乗り越えるのが一番強烈な気がする。
しかし、これを乗り切るのはわずか1日程度。
たいした敵ではありません。


2)何かをしたら一服するという生活習慣
初日を猛烈に我慢して乗り切っても翌日からはコレが襲ってくる。
つまり食事をしたら一服。この快感がフィードバックしてくるのだ。
車で疲れてきたら一服。プログラムで行き詰ったら一服。夜寝る前に一服。

こうした10年間しみついた生活習慣が最大の敵と言える。

電子タバコ、禁煙パイポを使っていては、この生活習慣を切り崩す事が出来ない。
タバコとは、一服するという行為そのものが含まれるという事です。



症状1)これでもかとタバコを吸う為のいいわけが頭を駆け巡る

これがすごい。
あらゆる言い訳が一気に頭をかけめぐり、初日はタバコ以外の事が考えられなくなった。
太る。だから吸ったほうがいい。
イライラして他人にひどい事を言ってしまうかもしれない。だから吸ったほうがいい。
タバコの事しか考えられない。だから会話してる人に失礼だから吸ったほうがいい。

等など。

びっくりするほどタバコを吸ったほうがいい理由が生まれる。

禁煙は体にいい物ではないのは間違い無いと確信すらもてた。
恐ろしいストレスが襲ってくる。

だから「健康のため」にタバコをやめた人は、この言い訳に負けてしまう事が多いかもしれない。
既にやめないと死ぬぞと医者に言われたのなら別ですが、現在健康な人が、健康の為にタバコをやめるのは至難の技と言える。



症状2)嗅覚が犬なみになる

なるわけではないが、なったように錯覚するだろう。

特に禁煙生活3日目。遠くはなれた車の中でタバコを吸ってる人が居たら即座に察知するほどだ。
吸ってる人が近くを通っただけで服の臭いで分かる。

実際、タバコを元々吸わない人にも聞いて見たが、ヤメタ人の方が、数倍嗅覚が上がるようだ。
その人達は気づかないわずかなニコチンの臭いを逃す事が無い。

5日を過ぎると、今度は油の臭いに敏感になってくる。
臭いだけでお腹が減りまくるのだ・・・。




症状3)お腹の減り方が尋常では無い

これはすごい。話には聞いてたけど本当にすごい。
私はこれまで、朝食べない、昼ガッツリ食べる、夜22時とかまであまりお腹減らない、という生活を送っていた。

が、これが一遍。
恐ろしい事が起こっている。

まず朝。
朝食べないと、もう昼まで働く事もままならないほどお腹が減る。

そして昼。これは普通に12時ごろ食べればなんとなかる。

問題は夜。

なんと17時にはもうお腹が空いてぐったりしそうになるのだ。

脳がうける感覚があまりにも違いすぎて、正直ストレスを感じている。




症状4)食へのあくなき欲望が増す

コンビニあたりがヤバイです。
はいったら何かおやつか、甘いものを買ってしまう。

とにかく何か食べたくなる。
タバコをやめたストレスを隠すために何か食べたくなるのだが、実際は、タバコをやめたストレスと同様に、食べないための我慢もしなければならない。

ちなみに同僚は禁煙16日で5kg太った。
このままでは私も後に続きそうだ。毎日体重計にのって、自分が決めた体重以上になった場合は、翌日 蒟蒻畑のクラッシュタイプを中心に、食を控えるように勤めている。

正直、つらい。



症状5)食べ終わったという信号がいつまでも脳に送られない

由々しき問題かもしれない。
いつも食事が終わったら一服だ。
それが無いため、食事が終わったという感覚が一切無い。

そのため、食事がエンドレスなのだ。

禁煙4日目で以下の過ちをおかしてしまった。

まずカップラーメンをつくって食べました。

なんか足りないと思ってタラコご飯を食べました。きっとご飯を食べて無いからだと言い聞かせてた。
しかしその後、どうも小腹が空くもんだから、ピザを宅配し食べてしまった。

あろうことか、その後飴まで食べた。

これと似たような事を、禁煙した人達は経験しているという。
とくにスナック菓子はエンドレスの要因の一つになるので気を付けなければならない・・・。




そして現在禁煙生活10日目

やはり吸いたいと思う生活習慣は変わらないようだ。
しかし、初日に比べると吸いたいという思いは無い。むしろ体はすこぶる調子がいい。

まず、腰痛がなくなった。
コレは一体どういう事なのか分からないけど、素晴らしい。

あと肺が楽になりました。吸いすぎた翌朝は起きたとき、肺に痛みを感じていたがそれも無い。

何より、劇的に変わったなと言えるのが除雪作業。

以前と比べると、ほとんど息切れしなくなった。
すごく体が楽でいい。

体重は現在プラス1kg。なんとか抑えていけそうな気もする。


あと、気のせいかもしれないですが、タバコを吸うと集中力が増すと自分でも思っていました。

仕事中タバコをやめると、仕事に集中できないとさえ思っていました。

が、実はタバコを吸うとニコチン切れが解消されてスッキリするだけであって、タバコをすってスッキリしている状態というのは、禁煙して、ちょっと調子の良い今の状態なのでは無いかと感じる事があります。

つまり吸って無い方がポテンシャル高いかもしれないなと感じてきているのです。


とりあえずこのまま行けば完全にやめれそうですし、もう少し禁煙を楽しんで行きたいと思います。


ここまでグダグダと書いてきましたが、結局何がいいたいかというと、単に「禁煙宣言」をしたかっただけだったりします。

吸ってる人にやめた方が良いなんて言うつもりもありません。

単に言いたいから書いた、というだけに過ぎません。
さらに多くの人に宣言する事で、自分を追い込もうかと思った次第です。

もしも、これから禁煙する人が居ましたら、一緒に頑張りましょうね!!
応援しますよ!
[PR]

by magome2007 | 2010-01-21 08:40

音声認識メール   

昨日、初めて音声認識メールを使ってメールを送ってみた。こんな便利なソフトがいとも簡単に利用できることが不思議でならなかった。聞き取りにくい言葉は変換がうまくいかないこともあったが、これはこれからの課題として研究していこうと思っている。

このソフトは、メールだけでなく文章や業務報告など、さまざまな活用が考えられており、多くの人が使うようになれば、色んな活用方法が考えられると思う。

このソフトは、アイフォンだけに対応しているのであって、携帯電話に対応するソフトがあってもいいのではと思う。これだけいろんなソフト開発が毎日行われているのに、携帯対応の音声認識ソフトが安く提供されてもいいのではと思う。

昨日、使ってみての失敗は、句点、読点の使い方がうまくいっていない。こんな問題はすぐに解決できる問題だと思う。それにしても本当に使いやすくなっており、修正もいとも簡単にできてしまう代物であった。

このことを知ったのは「iPhone情報整理術」という本の中に書かれてあった。非常に参考になる情報がびっしりと詰まっていた本でありました。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-20 07:48

Web散歩の中で   

毎日Webのニュースを読みながら思うことは、東日本のニュースの方が地域経済に関する情報が多いような感じがする。昨年から雇用問題について強い関心持って見ているのだが、Webの情報からはどうも東北地方の方が雇用や産業振興の情報が多いのではと思っている。

今日の気になったWeb情報です。


就職内定率54%に急落 県内・今春卒の大学生 
前年比10ポイント減 高校生も最悪73% 

 山梨県内の大学を2010年3月に卒業する予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日現在)が54・2%と、前年同期に比べて10・2ポイント低下したことが、山梨労働局の調査で分かった。2000年以降では5番目に低い水準。高校生の内定率(同11月末現在)も9・7ポイント低下して1996年以降で最悪の73・3%。県内企業は受注が回復するなど持ち直しつつあるが、雇用環境は新卒者を含めて厳しさを増している状況が浮き彫りになった。
 同労働局によると、県内8大学の卒業予定者は3826人。2911人が就職を希望し、内定を受けた学生は1578人にとどまった。男子の内定率は前年同期比10・4ポイント減の53・9%、女子は10・0ポイント減の54・6%だった。
 2000年以降では、ITバブル崩壊後の04年3月卒業生の45・6%が最低。しかし、06~09年は60%を超えていて、5年ぶりに50%台に落ち込んだ。
 厚生労働省などが14日に発表した全国の大学生の内定率は73・1%で、県内の内定率は18・9ポイント下回った。「県内の学生の就職先として製造業が占める割合は高いが、業績悪化が著しかっただけに受注が回復しても採用面では慎重になっているのではないか」(同労働局)とみている。
 一方、短大の就職希望者の内定率は前年同期を16・1ポイント下回る38・0%。男子が13・3ポイント減の32・7%、女子が16・6ポイント減の38・7%で、4年制大学以上に落ち込みが目立っている。
 高校生は男子が5・6ポイント減の79・3%、女子は15・2ポイント減の65・3%だった。
 同労働局は「景気の先行きに不透明なところもあり、企業の採用抑制姿勢は続くとみられる。内定率の急激な改善は期待できないが、求人拡大に力を入れていく」としている。


高校生内定率61.5% 宮城県内12月末 
 宮城労働局は18日、3月卒業予定の高校生の就職内定状況(昨年12月末現在)を公表した。就職内定率は61.5%で、前年同期と比べ14.4ポイント低く、厳しい就職戦線が続いている。12月は過去10年で2番目に多い求人が出されたが、就職が決まっていない求職者は1740人に上っている。

 県内の高校生の求人倍率は0.96倍で前年同月を0.43ポイント下回った。求人数は3656人で38.6%減だった。
 高校生の求職者は県内外合わせて4523人で、12.5%減った。就職内定率の内訳は県内57.5%(前年同月比15.0ポイント減)、県外82.7%(9.8ポイント減)だった。

 業種別求人数は、製造業が861人で前年同月比52.1%の大幅減。卸売り・小売業は35.2%減の470人、宿泊・飲食サービス業は35.6%減の390人、建設業は17.2%減の530人だった。

 県内10カ所の公共職業安定所別求人数は気仙沼が170人で、食品製造を中心に前年同月よりも32人増えた。白石は47人で53人減、古川は324人で346人減。仙台は2041人で1228人も減った。

 昨年12月に出された求人は359人。2008年よりも70人増え、12月としてはここ10年で、05年の370人に次ぐ求人数だった。県が、生徒を採用した企業に対して1人当たり15万円を支給する奨励金制度を導入した効果とみられる。

 労働局は「12月の求人数は健闘したが、厳しい就職状況は変わっていない。さらに求人の確保に努めたい」と話している。

◎就職面接会、急きょ実施 宮城労働局と県22日から4ヵ所 高卒予定者を支援

 今春卒業予定の高校生の就職内定率が低迷しているため、宮城労働局と県は22日から2月4日にかけて、県内4カ所で就職面接会を開く。

 日程は22日が気仙沼市民会館、25日が大崎市の県大崎合同庁舎、26日が石巻市の石巻文化センター、2月4日が仙台市青葉区のアエル。

 参加企業は仙台市の30社、石巻と大崎両市の各20社、気仙沼市の10社。県内に本社や支社、営業所を置く企業で、人事担当者が高校生と面談する。

 就職を希望する高校3年生が対象だが、気仙沼会場は高等技術専門校に在学中の2年生も参加できる。高校や高技専を通じ、公共職業安定所に申し込む。

 労働局は参加企業を募集している。連絡先は労働局職業安定課022(299)8061。



業況「悪くなる」4割 県内企業
景気の二番底 6割懸念


 山梨日日新聞が県内企業を対象に実施したアンケート調査で、回答した50社のうち、今年の業況について4割の企業が「悪くなる」と回答した。景気がさらに悪化するとの見方も4割を超えていて、「景気の二番底」を懸念する声は全体の6割近くを占めた。円高基調による輸出不振やデフレの進行による業績不振は長期化するとの見方から、経営者の多くが景気の先行きに不透明感を抱いている現状が浮き彫りとなった。
 アンケートは100社を対象に昨年12月に実施。今年の業況について「良くなる」との回答は16・0%にとどまり、「悪くなる」「非常に悪くなる」が合わせて38・0%と、さらなる悪化を懸念している。
 今年の景気については「悪化する」の44・0%が、「横ばい」の38・0%を上回り、多くが現状よりさらに厳しい経済情勢になると予想。さらなる景気の冷え込みで迎える可能性がある「二番底」については、56・0%が「懸念する」と回答。34・0%は「分からない」とし、不透明感が強い。景気動向について、企業の間では「景気回復の兆候がない」(南アルプス市内の電子機器製造業)、「消費意欲はさらに減退する」(富士吉田市内の運輸業)との見方が広がっている。
 収益悪化の一因となっているデフレについては、62・0%が「2011年以降も続く」と回答。昨秋、一時1ドル84円台に高騰した円高基調についても、24・0%が11年以降も続くと答えた。
 09年度の業況予想では「減収減益」としたのが44・0%。「減収増益」は16・0%だった。「受注量が少なく、稼働は前年の60%という状況」(韮崎市内の電子機器製造)など、県内企業が長引く不況から抜け出せないでいる現状が浮き彫りになった。
 厳しい経営環境の中、09年度に賃金やボーナスカット、人員削減などの人件費削減策を講じた企業は48・0%に上った。10年度に削減策を講じる予定については60・0%が「実施しない予定」とする一方、34・0%が「未定」と回答。経営環境が悪化すれば、削減策実施の動きが広がる可能性がある。
 一方、現在の難局を乗り切るために実施、検討している対策(複数回答)を尋ねたところ、「新商品や新サービスの開発」が28・1%で最も多く、「販路の拡大」(23・0%)、「経費削減」(22・2%)などが続いた。

同じような情報は地元紙にもよく載っていますが、頻度の問題もあって特に多いような気がしているんです。
[PR]

by magome2007 | 2010-01-19 08:32