<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

「浮き輪」応援歌なんです。   

今日の産経新聞の記事です。色んな応援歌が出ているんですね。今日、時間ができたら買いに行ってみようと思います。

 ビアガーデンで憂さを晴らすサラリーマン、OLから熱い支持を集めているシンガー・ソングライターがいる。愛知県生まれのALICIA(37)。仕事のしすぎで過呼吸症候群に陥った経験をもとに、優しく語りかけるように歌う癒やしソング「浮き輪」が大いにウケているのだ。(夕刊フジ)
 5月にオープンした東京・九段会館のビアガーデン。仕事帰りにジョッキをぶつけ合って気勢をあげる横で、「ビールを飲んで忘れよう」「ゆっくり泳ぎだそうよ」と彼女が歌うと、「そうだ! そうだ!」の合いの手が自然と入ようになった。そのサラリーマン応援歌「浮き輪」が、7月21日にCD発売され、ついにソロデビューを飾る。
 愛知県出身。15歳のときにNHKドラマ「中学生日記」のオーディションに合格したのをきっかけに芸能界へ。作詞や楽曲提供、バックコーラス、ライブ活動などを経て、2002年から「ロス・インディオス&アリシア」としてムード歌謡、ラテンの世界で活躍した。
 ところが、仕事を終えた直後に心労と過労から過呼吸症候群になり、病院へ運ばれた。
「発作はほとんど治まっていましたが、パジャマ姿で診てくださった先生からお酒をすすめられまして。いつもだったら、かじり付くほど大好きなビールをこわごわ口に運びました」
 医師は言った。
 「ほらごらん。顔色が良くなって笑顔も出てきた。あなたに今一番必要なのはそばに居てくれる誰かです」
 当時、寝る間も惜しんで昼はバイト、夜はステージの連続だったという。
 「溺れそうになっていた私に、自分を解放する事の大切さを気付かせてくれた先生。その時に生まれたのがこの曲です。折れ線グラフの人生の波に飲み込まれないように、悲しみも悔しさもビールと一緒にゴクっと飲み込んで、笑って欲しい。結果を出す事も大切だけど、泳ぎ続ける事に意味があるのだと。そんな思いを込めて書いた曲なんです」
 ビアガーデンのステージは10月まで続く。今後は7月8日、8月19日に登場。「浮き輪」につかまりにくる人が増え続けそうだ。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-29 07:32

新しい政治に向かって   

政権交代ではなくて新しい政治が求められていたのである。
新しい政治とは、世の中を変えてくれることである。
景気・雇用を初め、少子化に高齢化、年金問題や過疎、老齢難民など不安が渦巻いている社会を、安心して暮らせる社会に変えてくれることを多くの国民が望んでいる。

「新しい政治」は、いつも待望される。自民党政権は過去の実績にすがるだけで時代に合致した改革が求められていることを忘れ、国民の信頼を失ってしまった。戦後初の本格的政権交代にも、それなりの理由はあった。

しかし、政権交代の主役たちの志操は低かったというしかない。最高権力者である小沢幹事長の威光を恐れ、「政治とカネ」の問題にも、批判は出なかった。「民主党」を名乗りながら、党内民主主義すらなかったのである。

国民が求めていた新しい政治には政治と金の問題は解決されているものとの前提があったのに、そのことすら党内で議論されることもなく、前送りしてしまった。普天間の問題以上に国民の信頼を失った最も大きな要因は古い政治の金権政治だったのに、それすら解決することができなかった。

新しい政治に相容れないものを持ち続けていると、菅内閣の支持率も数カ月後には、国民から見放されていくのであって、常に国民の求める新しい政治を追い求めなければならない。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-28 07:14

福井新聞の今日の社説です。   

温故知新 地元の偉人、歴史に学ぼう (2010年6月27日午前8時57分)
 鯖江市教委が出した1冊の本がある。「さばえ人物ものがたり」と題し、地元が生んだ偉人を一堂に紹介している。将来の郷土を担う子どもらに高い志と希望を持ってもらおうと編集、発刊した。市内全12小学校に配布、今後、副読本として毎年6年生の授業に活用されるとのことで、効果が期待される。

 ■多彩な偉人ぞろい■

 偉人選定には、地区に偏りが出ないように、市内10地区からのメンバーを入れた委員会を立ち上げた。江戸時代~昭和にかけて郷土を築いた物故者を基準に33人を選出。これを受けて郷土史家、教員らが執筆を担当、まず16人を掲載した上巻がこのほど刊行された。

 選ばれた偉人の顔ぶれは多彩である。江戸時代では、立待地区にただ一代設けられた吉江藩の藩主、松平昌親を最初に挙げた。この君主に仕えた家臣の次男で、同藩で幼少期を過ごし、東洋のシェークスピアと称される人形浄瑠璃作家になった近松門左衛門も掲載されている。

 現在の鯖江市の礎を築いたとされる鯖江藩の第7代藩主で、幕府老中まで務めた間部詮勝、明治大の前身明治法律学校の創始者の1人、矢代操らが続く。本県を代表する機業王、山田仙之助、小学校の先生から文学博士になった岡井慎吾などあまり脚光を浴びなかった人物もいる。平易な表現でエピソードを交えた文章は、引き込まれるように読み進められ、上質な仕上げになっている。

 現在の仁愛女子高の前身「婦人仁愛会教園」を創設するなど女子教育に一生をささげた禿(とく)すみが、11歳の時に長い髪を切り勉学に励む決意を示す場面は、実に感動的だ。

 ■時の流れを超えた交流■

 越前町の旧朝日地区と愛知県西尾市とは、歴史的な縁が結ぶ姉妹友好の交流が繰り広げられている。

 旧朝日町天王には、江戸中期から明治初期まで107年にわたり、西尾藩の「天王陣屋」があった。山形藩主の松平和泉守乗佑が大坂城代を任命され、領地を西尾藩に転じた際、越前飛び地領地を治めるために天王村に設け、藩士らが駐在。所領地は、旧丹生郡、旧坂井郡、旧南条郡の合わせて72ヵ村に及んだ。

 廃藩置県後は廃止され、両地の関係は廃れたが、1980(昭和55)年に、旧朝日町郷土資料館で「天王陣屋展」を開いたのがきっかけで、西尾市と旧朝日町との民間の親善交流が始まり、1988年には両市町間で友好都市提携が調印され、現在に至っている。

 地元住民らで朝日・西尾友好の会を組織、毎年の相互訪問、ゴルフやソフトボールなどスポーツでの交流を続けている。地元天王区の寺には、異郷の赴任地で没した西尾藩士ら14人が眠る墓もある。

 ■地元の歴史を学ぶ大切さ■

 越前町で交流を続ける友好会員らは、歴史が結んだ縁を何より大切にしている。先ごろも、西尾市長ら市民一行が越前町を訪れ、友好の会の10周年総会に花を添えた。役員の1人は「時の流れを超えた交流は意義がある。さらに親善を図りたい」と話していた。

 鯖江市と越前町の事業からは、先人の功績や歴史を学ぶことの大切さを感じる。各土地には歴史があり、それを学ぶことから新しい未来も見えてくる。「温故知新」とはこのことだ。

 「地域の歴史・伝説などは、世代が変わってきて知らないことが多い。自分たち親が知らないので、子どもたちにも伝承できない」との声を聞いたことがある。

 各地域の歴史や風土などを紹介した100年史、50年史、むかしばなし民話集などが盛んに出版された時期があった。郷土史家や研究者の苦労の成果だが、図書コーナーに眠っている物も多いと思う。これら資源を再び活用することを提案したい。地元を知り、郷土に誇りを持つ子どもが増えることを願っている。(野路 芳幸)


※最近、このような社説を見るようになってきました。全国紙にはあまり載りませんが、地方紙にはよく見かけます。故郷に対する子どもたちの素直な気持ちを育てるためにも素晴らしいことだと思います。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-27 14:31

ワールドカップ見たかったな~   

朝起きて気になっていた記事に直行。それはワールドカップの結果だった。デンマークに3対1で完勝していた記事に目が釘付けになってしまっていた。選手たちの写真を見ながら、どの写真もゴール目指している姿には本当に感動してしまった。

テレビはほとんど見ることのない生活をしている中で、4年に一度のワールドカップやオリンピックの報道には毎日が気になってしまう。それは日本の国旗が目に飛び込んでくる映像に惹かれていくからだと思う。

若い時は国旗についてそれほど関心持っていたわけではなく、ごく普通の若者だったと思う。そんな私が国旗について考えるようになったのは、ブラジルに渡ってからであった。ブラジルの日系の移住地で行われた運動会に参加してからだった。

皆でブラジル国歌を歌いながらブラジル国旗の掲揚をしていた。その後、君が代を歌いながら祖国日本の旗の掲揚がされたのです。この時初めて日本の国旗と対面したような感じだった。国旗の上がる姿を見ながら、日本人としての誇りや情熱がみなぎっていった。

サンパウロ市内を歩く時なども、日本の国旗が掲げられている国の機関の前など通る時など、日の丸の旗から力を頂いたこともあった。国旗の持つパワーは、人によって違うのだろうが、国旗掲揚に対して敬意を払わないことについて教師が子どもたちに教えている国は、日本以外には考えられない。

これまで、外国で国旗掲揚の場面を経験してきたが、その時の国旗に向かう姿には神聖なもの以外には考えられなかった。どの国にしても色んな歴史があって、国旗にはその歴史が刻まれているのである。今生きている我々は次の走者にタスキを渡す駅伝の走者と同じではないのかと思う。

日の丸の旗の下で戦っている日本イレブンの姿には、日本の未来を託したくなる躍動感が日の丸と重なってしまう。昨日から始まった参議員選挙も国旗を背負っての選挙であって、日本の未来の責任をともに背負っての戦いでなければならない。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-25 07:26

参議員選挙~政策で戦え~   

政権交代後の初めての選挙を迎え、民主党政権に対する初めての評価が下されるのである。野党の自民党は、この間、何をやっていたのか姿かたちがあまり見えていなかった。民主党の政策が暗礁に乗り上げるたびに、古き良き時代のことを話される人もいたようです。

本来であれば、国家の根幹について真剣な議論が聞けるのではと期待していた。しかし、裏切られた思いを持っている人は随分多いと思う。戦後の左翼思想の化石を持ち出して、未来から降って湧いてきたような政策に変えてしまっているようです。

鳩山政権に至っては、戦後の左翼思想と古き自民党の金権体質を併せ持つ、過去の政治の悪いところばかりを集めていたのではなかったのかと思う。そんなDNAを持っている鳩山前総理と金脈の川をいまだに泳いでいる小沢前幹事長の派閥は隠れてしまっている。

古い表紙を塗り替えて、今回の選挙突入です。この選挙で何をどのように変えるのか、新たな成長戦略を作り上げることができるのか、国民の不安を取り除くことのできる政策の戦いが聞けるのかといった様々な話題には事欠かないと思う。

総花的になっていくことはよく理解できるとしても、一つだけでも具体性のあることに取り組む候補者はいないのかと思う。身近な問題としては、家族内や身内における殺人事件や自殺者の未然防止に特化して、社会改革をやってくれる人はいないのかと思う。

政治は、安心して生きていける世の中を作ることではないのかと思う。殺人事件や自殺者がいなくなる世の中だと、景気や雇用の問題は選挙の争点にはならなかったはずである。選挙するたびに世の中が良くなっていくべきなのに、どうも最近の選挙は逆方向に行っているような気がする。

今回の選挙は、国家・国民のために命を賭けた戦いをしてほしいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-24 07:40

情報発信機能は?   

現在、議会開会中で常任委員会審査も昨日までかかって全ての委員会審査が終了した。今日は午前11時から予算特別委員会が開催され、補正予算についての各常任委員長の報告が行われ、採決がなされるようになっている。

今回の補正予算は、中村知事の初めての肉付け予算で討論なしで採決になりそうです。ところで議会開会中なのに、観光長官の基調講演など予定されている来月の11日に行われる「観光ビジネス都市への挑戦」シンポジュウムについては全く聞かされなかった。

議会として、ハウステンボスの経営危機に対する対応は十分すぎるほど知っていたはずなのに、新聞情報によって今朝知ったところです。県議会として長崎県観光について、一般質問や委員会において議論されていたはずなのに議会に対する対応が手抜きではないのかと思うような現状です。

以下、今日の西日本新聞の記事です。

【HTB再生策探る 7月10日シンポ 観光庁長官ら討論】

 旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS、東京)の経営で再出発した大型リゾート施設ハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)の再生策を探るシンポジウムが7月10日午後3時から、施設内のホテルヨーロッパで開かれる。
 西日本新聞社とKTNテレビ長崎、佐世保フォーラムの共催。「観光ビジネス都市への挑戦」をテーマに、溝畑宏・観光庁長官の基調講演に続いて、同氏と李文亮・中国駐長崎総領事、潮谷義子・長崎国際大学学長、沢田秀雄・HTB社長の計4氏が討論する。コーディネーターは脇田安大・ながさき地域政策研究所理事長。
 3月下旬にHTB社長に就任した沢田HIS会長は、HTBの将来像について、現在のテーマパーク事業に加えて、アウトレットや医療観光、大学との連携など複数の事業を融合した「アジア一の観光ビジネス都市」を提唱。将来はアジアから300万人の観光客を呼び込む構想を描いている。
 シンポジウムでは、沢田社長が描く構想を検証するとともに、九州の観光拠点としてHTBが求められる役割、アジアから見たHTBの魅力と課題、地域連携の在り方などについて議論する。
 問い合わせ先は西日本新聞社広告局企画推進部=092(711)5491。
=2010/06/23付 西日本新聞朝刊=
[PR]

by magome2007 | 2010-06-23 07:09

農林水産業の成長戦略   

管政権の新成長戦略が6月18日に閣議決定され公表されました。目標は「強い経済」「強い財政」「強い社会保障」の実現です。この戦略の中で農林水産業においては、自給率向上においても、自民党政権のとき以上の高い目標設定されています。

2020年までの目標として「食料自給率50%」「木材自給率50%以上」「農林水産物・食品の輸出額を2.2倍の1兆円」を2017年までに達成するといった内容です。本当に大丈夫なのかと思うのですが、内閣の基本戦略なので期待するしかありません。

ところが政府においては目標を高々と歌いあげてはいるものの、自治体の現状は目標達成を可能にするには、非常に厳しい状況です。米一つとっても、減反はやるは自給率を上げなければならないなど矛盾を抱えてのスタートです。

農業も漁業も高齢化に後継者難、人口流出に過疎化となっては、政府の掲げた目標の達成は本当に大丈夫なのかと思う。県内の放棄地や遊休農地などの増加を見てても、自給率50%がどれほど大変な数字なのかよく理解できるのである。

日本の食糧産業の10年後の姿を今より良くしなければ達成できないことは、国も地方も十分わかっているはずです。言葉だけでなく結果を残すためには、国家総動員するくらいの思いで取り組まなければ目標は泡となって消えてしまうだけです。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-22 08:30

大相撲の野球賭博は?   

政治家が野球賭博のことについて批判しているが、政治と金の問題のときには、何も言えなくて口付いているのかと思うような態度だったのに、熱さ過ぎてしまえば簡単に人のこと批判している姿みていると、同じ穴のムジナかと思ってしまう。

なんでこんな問題が起きてしまうのか、それは日本の伝統を壊すことがリベラルだといった考えや、日本の家族主義のような考えが、封建主義のような古いものだといった教えが、戦後の経済成長の中でたくましく成長していった。

洋風化が日本の生活習慣より進んでいるといった学校教育の中における誤った教えが、家族の中での殺人事件や今回の野球賭博のような事件につながっていると思われる。自分さえよければといった社会に、なんでなってしまったのかと思う。

昔の我が国の教えの中に素晴らしいことがいっぱいあったのに、戦後の混乱の中ですべてが悪いことだと言って、占領政策の中でいいものまで壊されてしまった。古いことを言えば右翼だとすぐに言われる世の中で、だれも口にしなくなってしまった。

相撲の土俵は神聖であるはずなのに、それがいつのころからかおかしくなってしまった。戦後65年を一気に眺めると、最近の世の中は本当におかしくなっていると思う人が多いのだが、これからの65年間と、過ぎ去った65年間を比べると、過ぎ去った65年間が短く感じてしまう。

しかし、これからの65年間は長く感じるのだが、この65年間の中で自覚症状の出ないような感じで、我が国のいいところが壊されていったのである。相撲部屋も我々の家族と同じようにしていたのに、家族崩壊が進んでいるように、相撲部屋も崩壊に向かっているのではと思う。

政治家が野球賭博を批判する前に、法律に違反しなければいいなどと言わずに、人間として子どもたちに尊敬されないような人は、政治の世界から出ていってほしい。最も人間として生きていく規範が厳しくなければならないのは政治家だと思う。

政治家が金で転ぶ世の中で、すべてがおかしくなっていくのは世の常だと思う。国民の生活全般にわたる法律を作る仕事を政治家はしているのだから、最も規律が厳しいのが当然である。こうやって我が国は衰退していくのだろうか。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-19 23:06

うるま市に行ってきました。   

6月12日日帰りで沖縄県のうるま市に行ってきました。「肝高の阿麻和利」の舞台劇を自分の目で確かめに行ってきたんです。演出の平田さんとは4月に行ったとき随分とお話しさせていただき、一度どうしても見たかったんです。

中学生と高校生が、自分たちの故郷のために必死になって立ち上がろうとしている姿を、そして本当に感動してしまいました。長崎の中学生も高校生も同じなのに、指導者によってこんないも違ってくるのかと。

日本の閉塞感を打ち破ってくれるのは、うるま市の中学生や高校生たちなのかもしれないと思いながら帰ってきました。平田さんの表情は本当にいききしていました。
c0117762_20521935.jpg
c0117762_20533826.jpg

[PR]

by magome2007 | 2010-06-16 20:54

参議員選挙スタートです。   

政権交代後の初めての選挙を迎え、野党の自民党はどうやって戦うのか、手探りの状態ではないのかと思う。これまで職域の皆さんは挨拶に行けば応援してくれていたのに、各地の地方紙の報道を見てても地殻変動が進んでいるみたいです。

自民党本部の姿には保守本流の流れが見えてこなくて、国の進むべき方向すらぶれているような感じさえする。中国は宇宙軍まで作って、アジアだけでなく地球の半分は支配してしまうのではと思うような勢いです。

そんな軍事力バランスが崩れていっているのに、政権与党の民主党はどうなっているのか、国家国民の安全は守りぬくことができるのか、防衛・外交の具体的姿がいまだに見えてこない。今回大臣になった政治家のホームページを見ながら、財政健全化については皆同じこと言っているのに、どうなっているのかと思う。

防衛外交については自民党の政治家より、しっかり政治理念を書いている人もいるのだが、憲法については自主憲法のことは書かれていない。防衛について真剣に考えるならば、憲法改正は当然ではないだろうかと思う。

これ以上軍拡競争にならないためにも、我が国の防衛についてはしっかりと国民に訴えることが、参議員選挙に求められているのではと思う。山積されている問題は当然であるが、夢の語れる社会に早くしてほしいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2010-06-16 20:39