<   2011年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

久しぶりの雨の朝です   

朝のフォーキングを初めて雨で中止になったのが今日が初めてです。先月から始めたばかりなので今日の雨には本当にがっかりです。部屋にある腹筋台で汗流そうと考えています。腹筋は強いほうなのですが、どうゆう訳か腹回りには悪い脂肪がこびりついて取れなくなっているんです。

ところで県議会の定例会は一般質問の2日目を終えて連休に入ってしまいました。今回の一般質問で輝いているのは1期生の皆さんです。本当に素晴らしい質問をされる姿には圧倒されてしまいます。1期生の皆さん全てがそうなれば長崎県議会は魅力アップするのにと思っています。

9人の1期生の皆さんが研究会など立ち上げると、県議会改革が大きく前進していくことは期待できるのです。そのような動きも出始めているので、我々も負けないようにしっかりしなければなりません。特に議会の遅れは有権者との情報共有化の分野に出ています。

これまでも予算書のデジタル化を指摘してきましたが一向に実現しませんでした。しかし、世の中の流れはデジタル社会に向かって加速しています。当然、議会も行政も社会の動きに対応すべきだと思いっています。これからデジタル社会における議会活動の改革も大きく前進させなければなりません。

これまでも同じことを何度となく提案させていただき実現に向かって活動していたのに、賛同者に恵まれなくて立ち止まっていました。今回は賛同者を募って大きく前進させることができそうです。1期生の意欲ある皆さんに頑張っていただくことで実現できそうです。

これまで議会改革を進めてきた仲間たちが今回はしっかりスクラム組んで議会を進化させています。このような動きはこれまでの県議会にはなかったことです。自民党会派が3つに分かれたことが議会改革を大きく前進させている最も大きな原因です。

議会改革に積極的な人たちがスクラム組むことができたのです。まだ選挙終わって半年しか経過していないのに、前回の4年分の改革を追い越すところまで来てしまっています。これまでの予算の事業内容が詳細に分かることが大きな違いでもあります。

これまで指摘されていた利権集団の姿も浮かび上がってきました。今回の百条委員会の設置は、このような利権手段の内容を詳細に県民にお示しできるのではと思っています。我々が知ることのできなかった県政のブラックボックスが解かれようとしています。

これも自民党を分裂させた国会議員の大きな功績だと考えています。本来の分裂の目的はブラックボックスをより大きく強固なものにすることだったのです。我々の目に見えないようなところで利権集団を維持することだったのです。

県議会改革によって県民のための県政が大きく前進することだけはお約束できるのです。そのための県議会・県政改革特別委員会であって、それに百条委員会が設置されたことで県民の皆さんのご期待に応えることになっていくものと思っています。
[PR]

by magome2007 | 2011-09-18 05:53