<   2013年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

天台宗ハワイ開教総長・大僧正 荒了寛さんのお話し   

大僧正 荒了寛さんが話されていた言葉が気になって、忘れてしまわないうちに書き留めてみようと思う。内容はこうなんです。

 --現代の日本社会の話を続けましょう。新著『365日を穏やかに過ごす心の習慣』(フォレスト出版)の中に、「情報端末に頼らない」という一章があります

 荒 日本に帰って電車に乗ると、みんながみんな携帯電話などの情報端末を開いている。まるで、情報端末に触れていなければ時代から“取り残されてしまう”みたい。あれはひどいですね。確かに便利な面もありますが、情報があまりに多すぎて「空気」みたいになっています。安易に情報を取れるので、考えることをしなくなる。努力と労力がないと本当の力にはなりません。

どこ行っても携帯触っている人は多く、ゲームから、メール、情報収集など色んなことされている。それにSNSの広がりが携帯やモバイルの利用に拍車がかかり、端末の機能も進化の速度を上げこれでもかこれでもかといった感じで充実している。

普段何も考えずにモバイルを触っていたので、大僧正 荒了寛さんの携帯に対する話に立ち止ってしまった。

ハワイの聖(上)天台宗ハワイ開教総長・大僧正 荒了寛
ハワイの聖(中)天台宗ハワイ開教総長・大僧正 荒了寛
ハワイの聖(下)天台宗ハワイ開教総長・大僧正 荒了寛

[PR]

by magome2007 | 2013-02-28 05:16

見飽きない場所   

数年前からフェイスブックに参加してから、色んな画像に出会うことができ、暇なときとか頭の中がショートした時などに、よく散歩する場所があるんです。Webの中の話ですが、色んな世界の素晴らしい場所を見て回れることが、こんなに素晴らしいことなのかと思っています。

でも日本の観光地みたいにそばまで車で行ける場所は少なく、多くの場所が歩かなくては近くまでいけないところが多いみたいです。体力のある時にはいくチャンスは少なく、体力の衰えが見え始めたころに行けるチャンスが巡ってきても、諦めなければならない貧弱な体力だけしか残っていません。

良く海外へ行かれる人が体力維持に励んでいることが、歳とってみて初めて分かるようになってきました。若いころは、私だけは歳とっても体力は人並み以上にあるものだとばかり思っていました。ところが思っていた以上に体力の減退が激しく、体力使わない見飽きない場所を捜し回りました。

それがこの場所なんです。世界の中で行ってみたい場所はいくつもあるんですが、時間は何とかして作れそうですが、もう一つの費用を作り出せないのです。そのために数億円の夢見ながら宝くじを買って、交換するまでが私の世界旅行シーズンなのです。

もう随分、アフリカの砂漠の中から近代的な街まで、旅日記も随分たまっているだろうなっと思っていたら、パソコン変えるたびにどこかに消えてしまっていた。Webの旅ってこんなものなのかと思っているけどいつまでも見飽きない場所が多くて本当に感謝しています。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-27 21:18

ちょっと早すぎる!   

アニメ海外配信に向けて7社が協業--新会社で4月より本格展開へ

ドコモ、下り最大約10Gbpsの屋外伝送実験に成功--Xiの100倍

「Kindle Fire HD 8.9」の日本向け予約が開始--価格は2万4800円から

タブレット広告、2013年中にコンバージョン率でPC広告を上回る兆し

「Android」に挑む新モバイルOS「Tizen」を写真でチェック

ネット選挙解禁で右往左往していると本当に化石になってしまいそうです。それにしても次から次と新しいアプリに、デジタル社会の変化の流れ本当に早すぎる。モバイルの進化が最近は特に気になりだした。モバイルひとつでビジネスから教育までこなせるのも時間の問題なのでしょうが、どんな社会になっていくのか気にはなります。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-27 18:41

島の飛行機飛び続けて   

朝日新聞の長崎県の離島を飛んでいる飛行機の記事を読みながら思ったことは、島の魅力をもっと高める努力を島の人間たちで取り組まなければ良くならないのでは、こんなことは皆わかっていて取り組まれている。

しかし、毎年人口流出で、来月には島の高校卒業された皆さんが、数パーセントの人残して島から出ていってしまう。こんなことは私の卒業した40数年前も同じことが言われていた。その頃はまだ漁業の全盛時代で、漁業に従事すれば家も車も欲しいものが手に入った時代でもあった。

その頃企画された空港が上五島空港と小値賀空港であった。セスナ機を飛ばしての経営だったが毎年赤字で、地元の自治体も必死になって支えてきたのに、赤字経営には限界が押し寄せ空港は休止、セスナ機は消えてしまった。

同じようなことにならないためにも、なんとしても島民の力で交流人口拡大に取り組み、飛行を安定させなければならない。当時と比べて島からの情報も洗練され、大都市の皆さんの目にもとまるようになってきている。もっともっと知恵だして取り組めば島の将来は明るくなっていくだろうと思っている。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-27 07:14

ネット選挙解禁の裏側   

ネット選挙解禁の効果様々と思っていたら、やっぱり同じようなこと書いてくれる人がいるんですね。頭のいい人が書いてくれると本当に助かります。

いろいろ言ってもパソコンにも触ろうとしない地方議員も多く、国会議員にも多いんですって。これではいつまでたってもデジタル社会の最大効果を味わうことができない。選挙に出る人達が最も理解していなければならない分野を、常にサボっているのだから遅れていくわけですよ。

早く解禁になってほしいもんです。そうすればパーパーレスの会議も、重い資料もタブレットの中にしまって、いつでもどこにでも簡単に出かけていけるようになるんですから、こんな楽しいことはありません。動画、画像、音声など、有権者の前でいろんなことができるんですから。

そして、新人の皆さんにとってもチャンス大きくなっていくことだけは確実です。これが政治の大転換になる可能性大きくなってほしいです。日本の若者たち一人でも多く出てくれば、こんな問題も「金融事業化」する日本の奨学金制度 「返済できない若者」が急増 解決していくはずです。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-26 20:23

新県庁は禁煙に   

今日も午前10時から一般質問を行い、昼間の時間を使って代表者会議を行い、新しくできる県議会棟において喫煙をどうするかといった協議を行いました。その結果、議会棟内においては禁煙とし、喫煙は一階の庁舎外に喫煙場所を設けることに決定しました。

全国的には31道府県が建物内禁煙となっており、さらに大阪府においては敷地内禁煙となっています。学校現場においても敷地内禁煙は常識になっているみたいです。このように禁煙エリアが広くなっていった背景は「煙草の規制に関する世界保健機関の枠組み条約」よるものであります。

この条約の締約国は屋内の職場、屋内の公共の場及び公共交通機関において禁煙を実施するようになっています。それに国内法にも「健康増進法」といったものがあって、官公庁の施設等では受動喫煙を防止するために必要な措置を講ずるよう努めなければならないと定められています。

喫煙者にとって環境はますます厳しくなっていくばかりで、これを機会に禁煙に取り組まれたらいいのではないかと思います。私もヘビースモーカーだったので、喫煙者の気持ち良く分かりますが、喫煙より禁煙の方が生活していくうえでいいと思っています。

いろいろと言っても仕方ないですが、世の流れと言って諦めるしかないようです。ところで部屋に帰ってパソコン点けたら大阪府の受動喫煙防止条例についての記事が載っていました。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-26 19:25

歌舞伎の世界に負けるな   

北國新聞の今日のコラムに面白いことが書いてあった。北朝鮮を筆頭に世襲政治家の大統領とか首相が誕生している。昨日もお隣の韓国で朴大統領の娘さんが大統領就任式を行った。

昨年は世界のトップリーダーが入れ替わった年でもある。我が国のトップリーダーも昨年後退され、成長戦略も多くの国民の支持を受け、閉塞感漂う日本経済に新しい風を吹き込もうとしている。一方地方においては新年度予算の審議が一斉に始まっている。

新しい風に乗って地域経済も一気に成長戦略で、地域経済に活力を呼び込もうとしている。それに来月は卒業シーズンを迎え、卒業生たちの未来が希望や夢に満たされなければならない。そのためにも地域も明るくなってほしい思いは多くの皆さんが共有されていると思う。

日本だけでなくお隣の韓国も、中国も同じ問題抱えているのであって、領土問題も非常に重要な問題であるが、それぞれの国々の若者たちに夢や希望を与えることで知恵を絞ってほしいと思う。世襲政治家だとそれができそうな感じなのだが、もう一歩踏み込んでほしい気がする。

日本の歌舞伎の世界も二代目三代目が育つことで、伝統文化に新しい風が吹き込まれている。政治の世界も二世三世の世襲が行われているのであれば、歌舞伎に負けないような新しい風を吹かせてほしい。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-26 05:01

ノンアルコールどうなのかな   

ノンアルコール飲料花盛りって本当見たいです。最近、焼き鳥屋から居酒屋までノンアルコール飲料がしっかり準備されており、コミュニケーションの輪が大きく広がり始めているのかなって感じです。

私は、昨年まで大酒のみだったのに内臓の一つが駄目になったばかりにお酒断つことになってしまった。数か月間は体に染みこんでいるアルコールのおかげで大丈夫だったのに、最近どうもアルコールが体から完全に抜けてしまったのか、居酒屋に行っても体のノリが今一つなんです。

そこでノンアルコール飲料を飲み始めたのですが、本物の味を知っているのでなんだか子供たちのままごとみたいで、今一つ味が体に溶け込まないみたいです。冷酒の最初の一口のうまさは飲む人にしかわからない、極秘にできるような何とも言えない最高の味なんです。それに大好きだった度数の高い焼酎も、何とも言えない味でしたね。

若い時からウイスキーなどもロックが大好きで、度数の高いものは大体ロックで飲むときが多かった。そんなことだから内臓が対応できなかったのだろうと思って納得しています。でも、ノンアルコールのまれている皆さんに、ちょっとだけ本物の世界も知ってほしいような気がしたもんで書いてみました。

飲めない人たちは日本酒でも日本で最高のお酒を飲んだら、お酒の世界がこんなに魅力的な世界なのかってわかるのではと思います。大酒飲みは安い酒でいいので、ほとんどお酒飲めない人や、関心あるけど飲めない人たちには最高にいいお酒飲んでほしいです。

酒飲めなくなって、お酒の世界がどれほど素晴らしい世界だったのか、よく分かるのでちょっとだけでも知ってほしい。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-25 19:42

長崎県は民間企業だったら黒字なのか?   

パノソニックが赤字経営続きで経営方針について徹底した役員会を行い、新たな経営方針を発表した。それは創業者の考案であった事業部制の復活であり、このことが過去への回帰だとは思わないがもっと未来へのビジョンを大きく語れる内容は出なかったのかと思う。

 
我が国の電機メーカーは韓国の電機メーカーに市場を奪われ、商品開発にしのぎを削って新たな市場開拓に汗を流している。スマートフォンにしても韓国メーカーの商品に売り場を食われ始めていることに、いまだに違和感を持っているが、これが現実なのだといやいやながら思っている。

昨年、新しいスマートフォンに変えるとき韓国製のものも触ってみたが、やっぱり日本製を避けることはできなかった。どんなことがあっても日本製のスマートフォンに頑張ってほしい気持ちもあって、最後は日本製の商品の中で選だ。

それにしても日本メーカーの弱体ぶりにはどうしたのかと思う。日本の弱電メーカーと言えば世界のトップ企業だったのに、サンヨーも消え他のメーカーも崖っぷちに立たされている。このような電機業界の姿が自治体の姿にダブってしまう。

農業は、水産業は、高齢化対策は、過疎対策は、雇用対策などなど、どれとっても過去の栄光が邪魔して、新しい発想のもとに企画が出てこない。人事は戦後からエンドレスで回るかのように同じことの繰り返しである。かなりの出過ぎる人材は叩かれ、どのくらいの数の職員が平凡な職員になってしまっているのだろうか。

電機メーカーの復活劇は、自治体の業務をどのようにすれば効率が上がり、無駄な事業においてはどうすべきなのかといったヒントが数多くいただけるのではと思う。高度経済成長期のようなことはできないが、どこかその時のことで立ち止まってしまっているのではないのかと思う時もある。

議会は、まさにそのような感じであって議会改革に背を向ける議員もいる。議会にも責任があるとすれば改革・改善に取り組まなかったことであり、このことが行政の歯車を狂わせているとしたら、県民に対する最大の責任を負うことになる。

パナソニックのニュースは色んなことを語りかけているような気がしてならない。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-25 08:23

TPP賛成63%に増   

産経ニュースTPP賛成63%に増 内閣支持上昇72% 共同通信世論調査、このニュース速報を多くの国会議員はどう見ているのだろうか。

長崎県議会もTPP反対決議をし、国に意見書まで上げてきた。当時の状況は反対の声が大きく、賛成を大きな声で言えるのは少数派ではなかったのかと思う。当時からアメリカの外交政策の柱であるTPPに対して参加しませんとは言えないだろうとは思っていたが、世論調査の結果がこのような数字になるとは思っていなかった。

徐々に貿易立国の国家経済について報道が多くなっていくことで、世論も徐々に傾きはじめていくのではと思っていた。やっぱりオバマ大統領との会談の報道が、我が国に与える影響のすごさを改めて見せつけられた思いです。

日米同盟の絆をしっかりしていくことは国民の理解を得ることはできるのでしょうが、アメリカの一方的な条件を飲むだけでなく、日本の条件もしっかりアメリカに飲ませることも重要であり、我が国の制度や伝統文化などについても、アメリカを初め欧州にも理解させるべきである。

特に中国や韓国との問題について、アメリカ国民には十分理解していただき、欧州の国が北朝鮮に武器を売るなんてことについても、同盟国としての絆を太くしていただきたい。中国や北朝鮮を利することにならないようにすべきである。

今回のTPP参加について、我が国にとって影響がどのように出るのかについて、地方議会も真剣になって対応を協議すべきである。
[PR]

by magome2007 | 2013-02-24 20:05