<   2013年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

SEOUL FOOD 2013レポート   

SEOUL FOOD 2013レポート
- International Food Industry Exhibition, Seoul 2013 (ソウル国際食品作業展)

長崎県議会議員  馬込 彰

会期:2013年5月14日~2013年5月17日

会場:KINTEX (Korea International Exhibition Center)

取扱品目:食飲料・機資材・技術・安全・包装・サービス・料理学校・有機農産物・食品貿易・サービスなど

主催者:Kotra (大韓貿易投資新興公社) / KEM(AllWorldExhibition Korea)
TEL : +82-2-3460-7258/7267
FAX : +82-2-3460-7918
E-mail : info@seoulfood.or.kr

過去の実績  2012年実績
       来場者数 : 60000 人
出展者数 : 1450 社
       展示面積 : 108049 sq.m.
c0117762_2223415.jpg


ソウル国際食品産業展は、1983年より毎年開催されている韓国最大の食品・飲料専門展示会である。今年で31回目を迎える展示会は、日本で開催されているアジア最大の展示会開催を目標とし、ビジネスチャンスを強力に進めることを目標とされている。

韓国企業の参加は当然であるが、ヨーロッパや北米やアフリカ、オーストラリアやニュージーランドなど世界中の国や企業の参加があり、広い会場が熱気で包まれ賑わっていた。まずは食品展示ブースからスタートした。

新しい企画なども取り組まれているようだったのですが、思うように通訳の人との意思疎通が行かなかったこともあって十分に理解するところまで行きませんでした。国内の展示会と違って外国での展示会に行くことで、韓国の皆さんがどのような商品に関心があるのかなど知ることができました。

また長崎県で生産されているような水産物や農産加工物なども出品されており、長崎県からも関係者が来られていたら参考になることが多かったのではないのかと思われた。このような食品展示会を始め、長崎県内の企業の皆さんにとって輸出するために、韓国での鉱工業に関する展示会なども開催されており、このようなところを見学されるだけでも生産に対する意欲や企業発展のきっかけになるものと考えられる。

特に今回の韓国訪問の目的の一つに、長崎空港と仁川空港の定期路線が大韓航空に代わって,
ジンエヤー社の飛行機が週3便飛ぶようになっている。そのためにも、観光客だけでなくビジネス客の拡大にも早急に取り組み、長崎県と韓国との貿易拡大を行わなければならない。

これまでの資料など見てみると、隣国との貿易が少ないことが指摘されている。このことはヨーロッパでは考えられないと言われており、長崎県において生産されている多くの商品を韓国の皆さんに知っていただく努力をすべきである。

今回の展示会などを活かすような取り組みを強化することも一つの方法でもあり、国内における展示会なども大いに活用すべきである。これまでの長崎県の物産の取り組みとしてはスポット的な物産展が多く、長期にわたって販路開拓を進めるような取り組みに欠けているのではと思われる。

原因については中小零細業者が多く、営業部門を維持する余裕のないところが多く、国内や国外の営業を専門に行えるような企業が少ないことによるのではないのかと思われる。これからは業界単位で営業を強化するためにも、組織を強化することが重要であり、大同団結することが求められている。

長期にわたる営業戦略を進めていくためには、営業専門の社員を雇用することを考えるべきであり、業界全体の生産額や販売額の拡大が雇用を生み出し、地域社会の活性化につながっていくのである。

今回の韓国でのソウルフード2013に参加して、韓国への輸出のハードルは十分に乗り越えることができるものと考えている。イタリアのパスタに代表される麺類の輸出は全世界に及び、ソウルフード2013の会場にも、イギリス、イタリア、トルコといった国々からパスタの展示が行われており、当然長崎の麺類の展示も行われるべきである。

欧米の企業の皆さんはアジアにおいて販売拡大について、自信を持っておりヨーロッパのパスタを韓国の国民に食べていただくことは当然であるといった考えを持っている。長崎の麺類は欧米のパスタに負けないような、和食の特徴を持っており韓国国民にとってはパスタ以上に好まれるはずである。

生産者の皆さんが自信もって海外への販売に強い意欲を持つことは当然であるが、販売における大同団結すれば海外展開は身近な問題として解決できるのである。常に競争の中で磨き上げられてきた長崎の麺類は、歴史と伝統を有し海外の皆さんには日本食の代表メニューとして受け入れられることは間違いない。

今後の流れとして、輸出専門の推進チームを民間と行政で構成することにより、今後の計画、広報活動、支援や指導などについて詳細にまとめることである。長崎の麺類だけでなく、水産物や酒類なども同じように取り組むべきである。

韓国を始め、香港、台北、シンガーポールなどでの食品商談会への取り組みも考えるべきである。アジアでの販売が10年20年後は欧米まで拡大していくことも十分予想されるのであり、行政に求められる要件はさらに厳しくなっていくと考えられる。

県庁職員の採用試験において、外国語の加点をどのようにされているのか、英語、中国語、韓国語などへの加点を行うことは、アジア国際戦略を推進するうえで行うことは当然の流れであり、外国語への取り組みは採用試験だけでなく全職員へも拡大すべきである。

通訳試験に合格すれば手当を増やすことも考えるべきであり、民間企業が海外戦略に取り組むことによる県庁職員の意識改革は一刻の猶予もなく進められるべきである。各産業の生産拡大と雇用拡大は、長崎県のトップリーダーが誰になっても変わることのない最重要政策であることは間違いなく、議会も行政も一体となって取り組むべきである。

これからの取り組みとしては、長崎県が単独で行っていた物産展などと違って、国内外での展示会への参加は積極的にかかわっていくべきであり、中小零細企業の参加を県として、どのように支援していくのか、制度を作って多くの関係者の皆さんに営業活動ができるようにすべきである。

今回のソウルフード2013を視察することで長崎県の輸出産業拡大について言えることは、輸出の相談や相手国の商品などについて知るための窓口を早急に設置することであり、貿易相談や金融相談などについても対応できるようにすべきである。

アジアの国々のセールスプロモーション事業を長崎県として、どのように進めようとしているのか韓国について、中国については、台湾については、香港については、シンガーポールなどそれぞれの国に対するプロモーションの違いについて具体的に説明ができ、展示会情報についても過去の情報から今後の展示会情報まで、いつでも取り出せるような情報管理をすべきであり、長崎県の経済発展の原動力としての対応が求められている。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-31 02:17

日本の食品の海外展開   

やっと重い腰を上げさせられようとしている農水省は、これからどのような戦略を描き日本の津々浦々の農家の皆さんに、どのような絵を見せようとしているのだろうか。日本の果実は世界一で芸術品のような、実に素晴らしい食べるのでもったいないとまで言われている。

果実と同じような日本の農産物は、世界の安全マークの代表で日本産といっただけで完売してしまうのである。それほどの日本食材がなぜ海外展開を図ることができなかったのか、全ての原因が農水省の役人の発想と、それを取り巻く族議員の活動の成果である。

簡単にいえば税金にぶら下がってきた族議員の最大効果である。これから海外展開を図ることが成長戦略の一つの矢であることが示されているのだが、海外展開に関わってきた農水省の役人が非常に少ないことで、リスク管理に税金を投入することを考えるのではと思ってしまう。

これまでの食品の製造企業が海外展開を図ってきたのは全て企業努力であり、農水省の役人が支援してきた結果ではない。このことは地方で頑張って海外展開図っている企業も全く同じである。欧米は早くから食品や酒を日本に輸出され、歓楽街の飲み屋は全て洋酒に代わってしまった。

ウイスキーやブランディー、ワインなど洋風かぶれが文化人のような印象さえ受けたいた時代があった。それから半世紀、全世界の皆さんに日本の芸術品である、食品からお酒までしっかりと食べて飲んでいただく時代になってしまった。

これまで取り組まれてきた開拓者たちの苦労がやっと花開く時が来たのである。長崎県の食品加工も例外でなく、全世界の皆さんに食べて飲んで頂ければ、品質の良さは説明しなくても結果が出てしまうことは十分考えられるのである。

今年は、日本食材全ての海外展開への初年度であり、企業を始め全国の自治体間の競争も激しさを増すものと思う。大企業に続く食品の中小企業や、零細企業の技術が海外で高く評価される時代の扉が開き始めている。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-30 07:57

平成25年度全国離島振興協議会通常総会   

今日、壱岐市の市内ホテルで全国離島振興協議会定期総会が午後1時半より開催される予定になっています。離島の市町村は平成の大合併で少なくなってしまって、合併前の長崎県の市町村の数程度になっています。

抱えている問題は深刻さを増し、思うように出口の見えない模索が続いているような現状で、高齢化や少子化等の解決には雇用拡大に取り組まれているのですが、全国どこの離島も若者の定着に結果を出すことができず悪戦苦闘の連続であります。
c0117762_1245855.jpg

このような深刻な問題や課題を抱えている全国の離島の市長、町長、村長さんたちが一堂に会しての定期総会が開催され、離島の自治体だけで対応できないところを、国に要望を行うことで実現できる項目も今日の総会で決定される予定になっています。

それにしても天候不順で。長崎空港から飛び立つ飛行機は引き返す可能性があるとのアナウンスには、離島育ちで慣れているとはいううものの、今日だけはしっかり着陸してほしいと思いながらの搭乗でした。飛行機のお客さんの半数以上が今日の会議の関係者だったので着陸できた時にはほっとしました。

それでは、これから定期総会に出席してきます。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-29 12:16

花瓶の花   

長崎市内にはいろんなところにアジサイの花が咲いています。今は、アジサイ祭りでプランターのアジサイが街のあっちこっちで見られ、観光客の目を楽しませているものと思います。いつも歩いている道路脇にもアジサイの花がまだ満開ではありませんが咲いています。

アジサイの花の色が青だとばかり思っていた時期もあったのですが、以前長崎市内を半日かけて回った時、いろんな色のアジサイを見ることができ驚いた時もありました。そんなアジサイが最も早く飾られるのが、花屋さんの店頭です。

花屋さんの前を通るときには、店頭に飾られている花を立ち止まってよく眺めるのですが、これからどんな花が出てくるのかよくわかります。常連の花も多く、どれもこれも素敵な表情でお客さんを待っているのです。昨日の懇親会の席にもスタンドの花が飾られており、帰りに花をもらって帰りました。

いつも花のない部屋の中に、昨日の花を花瓶に飾ってテーブルの上においていることで、部屋の中がいっきいに明るくなっているのですから、花の存在って本当にすごいと思います。いつごろから花が部屋の中で飾られるようになったのか気にはなります。

そんなことで日本には華道の文化が歴史を重ねているものだと思っています。今日の新聞に、裏千家の塩月さんのことが載っていましたが、花とお茶の世界について入口あたりの内容は知ってみたいと思います。それは、花瓶に飾られている花が、何かを話しかけているように思うからです。

そんなことはないと言われそうですが、なんとなく花を眺めているとそんな気がするのです。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-28 08:41

医原病と薬害の実態   

昨日の内海先生の講演内容は「医原病と薬害の実態」でした。薬害の話は、これまでも聞くこともあり噂話程度は知っていたのですが、具体的中身までは知らなかったので、昨日の講演内容は具体的な内容で、よく理解することができた。

まずは医療化とは何なのか。このことは医学によって解決できると考える概念だと話され、精神科権威主義や製薬会社の売り上げ至上主義による、薬の販売拡大による薬の蔓延など、それに、ヨーロッパの製薬会社の薬まで凄い勢いで販売されている。

特に、内海先生は精神科の先生なので、精神科において薬がどのように使われているのかについて、具体的事例に基づいて話された。診療前と診療後の変化などについては、聞いているほうが本当にそうなのかと思うような内容であった。

最近の事件の報道などにおいて、原因不明の事件が良く報道されているが、死亡解剖の結果などから薬の影響が考えられる傾向が多くなっているようだとの説明には、事件の原因が不明だとの報道の奥には、このような事が十分考えられるのである。

不眠による睡眠薬の利用などについて、薬利用するより不眠のまま生活されたほうがよく、快眠の人より不眠の人のほうが長寿の傾向が高いとのことで、睡眠薬利用によって慢性になり影響が出てくることになるとの説明には納得でした。

精神科でよく使われていた薬の効果について、ヨーロッパでは多くの人たちが知ってしまって使われなくなった薬を、日本の国内でじゃかすかじゃかすか使用されているとのこと。そこで、ヨーロッパの製薬会社は利益の出ていた薬の代わりに、現在ワクチンの製造に力入れているとのこと。

日本では、ワクチンの接種について報道が良く行われており、ワクチンの製造過程や内容について詳細に知るべきだと言われていた。ワクチンを体内に入れることによる影響について製薬会社の宣伝みたいな報道には、疑問を持つことが必要だとの説明には納得です。

現在の日本における薬漬けの実態は世界で最も高く、中国の阿片戦争の時以上に日本国民は薬による影響で、様々な分野において危機的状況を作り出している。このことは、アヘンを輸入した清国の民がアヘン中毒によってイギリスに利用されてきた歴史を思い出した。

今の日本は、当時の清国より深刻でヨーロッパの薬をじゃかすか投与されている患者は、アヘン中毒患者とまさに同じである。タバコ中毒と同じだと考えるとよく理解できるのではないのかと思う。それは、喫煙者は悪いといった考えを持つことはなく吸い続け、体が侵されていくことに気づくことから遠ざかっている。

薬害と喫煙は本人の自覚が最も重要で、製薬会社の広告塔である報道の内容は疑ってかかるべきだと言われたことはよく理解できる。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-27 07:57

県議会総務常任委員会   

先週の2日間は、新しく議会構成が決定したので、それぞれの常任委員会において所管事務についての説明会と、来月行われる来年度の政府施策要望についての説明が行われました。総務委員会の所管事務は、警察本部、出納局、各種委員会(人事委員会、労働委員会、監査事務局、議会事務局)、危機管理監、企画振興部、文化観光物産局、総務部です。

長崎県の将来を左右する基本戦略を行う部局が多く、ここの委員会でこれまでどのような審議が行われてきているのかは、県民の関心が高くならなければならない重要な委員会である。しかし、県議会の活動に県民の関心が低調で、議会の反省も必要だと思っているのですが、ぜひ関心持っていただき委員会傍聴なども行っていただければと思います。

最近の報道で関心高いのは、大阪の梅田地区の再開発だと思います。大都市においては色んなところでの再開発が行われているので、街の姿の変化について多くの皆さんの関心が高いのではと思います。長崎駅周辺も県庁舎の建設や、新幹線開通などによる駅周辺の街づくりの取り組みには関心があるのではと思います。

このような取り組みはどのように行われているのか、最終的に誰が決定しているのか、建設されてからは50年間、60年間は動かすことのできない長崎の顔になってしまうのであります。長崎だけでなく、県内の全ての街の見直しや新しい建設に関わるところは同じような影響を受けるのであります。よく話題になるところといえば、中東のドバイや中国の深センなどは世界のトップの専門家を集めて街づくりをされているところであります。

歴史的な街並みが残されているところは全世界に多く、このようなところは当時のトップリーダーが将来の住民の生活のこと考え、街づくりに取り組まれてきたのではと思います。現在の街づくりはどこまで県民市民のことを考え行われているのか、このような議論が委員会で行われなければならないと思います。

総務委員会におては、アジア国際戦略の部局もあり、韓国、中国や東南アジアとの交流拡大について、各国との関係強化について行われる取り組みなど、これからの長崎県の将来に直接影響の出てくる政策を決定するところもあります。決定に至るまでの流れについても、多くの県民の皆さんの関心は高いのではと思っているので、疑問に思うことや、尋ねたいことなど私宛に連絡いただければ、委員会での質問に反映させたいと思います。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-26 09:58

facebookにもアクセスお願いします。   

写真などについて、facebookのほうにアップしていますので、時々アクセスしていただければ大変助かります。宜しくお願いします。ここをクリックしていただけたら、私のfacebookに行きます。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-25 08:51

長崎県の海外戦略   

今月1日に長崎県ソウル事務所を10年ぶりに開設したことを記念して、ソウルロッテホテルで開設の記念レセプションを行った。このレセプションには出席させていただき、翌日は韓国最大の食品展示会場に行って、輸出食品や輸入食品を見て回った。

ソウル事務所開設で長崎県との文化交流や観光交流、それに経済交流が期待されている。大韓航空が撤退された後を受けて、ジンエヤー社による長崎空港と仁川空港との定期航空路線を週3便の計画で運行される予定になっている。そのためにも交流事業は大きなテーマであることは間違いない。

ところが、韓国に向けてのプロモーション活動の姿がよく見えなくて、県庁内部においての取り組みも良く見えてこない。韓国語を話せる職員がどのくらいいるのか、韓国の事情に詳しい職員の配属先も良くわからない。本来であれば、関係するような部署に配属されている職員の名前は議会に知らせてほしいと思う。

これからの韓国との交流をどのように進めようとされているのか、輸出食品についての取り組みなど、韓国国内において韓国国民に長崎県産品を知っていただく方法など、尋ねたいことは多いのである。商品のパッケージなどについても日本と違う点なども多いはずだと思う。

ソウル事務所で勤務される職員は輸出入の貿易事務に詳しいのか、韓国内での生産活動など競合する生産はあるのかなど、物流に関しての戦略も見えてこない。現在我が国から韓国に輸出されている食品で、長崎県の産品が有力である情報など確実に流せるようになっているのか、どのような機能をソウル事務所に持たせているのかなどよく伝わってきていない。

事務所開設のレセプションに参加して、韓国の参加者名簿いただいたのだが、これからどのように長崎県のサポーターとして育てていかれるのか、単発的な活動ではソウル事務所が閉鎖になった時のようになってしまう可能性が高いのである。

韓国におけるプロモーション事業についての戦略とそれぞれのセクションにおける責任者を明確にすべきである。交流事業を拡大していくためにも、これまでのような行政職特有のあいまいさをなくし、業務の流れについての説明責任も明確にすべきである。

県のまとめた訪韓団のまとめはここに詳しく説明されています
[PR]

by magome2007 | 2013-05-25 08:42

NPOピンクリボンながさき   

昨日、大村市コミュニティセンターで開催されたNPOピンクリボンながさきの総会に出席させていただき、久しぶり内海理事長の元気な姿に接することができ、それに、しっかりと活動をされている仲間たちの姿にも安心しました。

最近の報道では、乳がんの予防切除についていろんな報道がされていますが、その前に検診の重要性の報道が行われてもいいのではと思う。乳がん予防切除は、検診率を高めるためだと言われていますが、身内にがんの患者がいたら可能性が高くなると言われています。

遺伝子によって次の世代に確実に伝わっていくような報道も行われていますが、検診することによる早期発見は患者の健康を損なうこともなく、元の健康な体になることを多くの皆さんは知っています。特に日本人は15人に1人の確率で乳がんになると言われています。

ところが、乳がんの検診率は低迷し欧米の高い検診率と比較にもならない。このような現状を変えるためにNPO法人を作られ、乳がんについてしっかりした知識を身に着けることを、多くの女性たちに啓蒙活動を続けておられるのです。

活動は、本当に地味な活動なので思うように仲間たちも増えていかないといった、厳しい現実に立ち尽くしているような現状です。しかし、そのような現状を嘆くこともなく確実に前進されている姿には共鳴することばかりです。

乳がんから女性たちを救いたいといった思いは強力なメッセージとして伝わってきます。県議会はがん条例を作ったことで、本来であればもっと多くの県議の皆さんに出席してほしいのですが、少ない予算での活動ですから、便利な場所で活動も行うことができない状態です。

このような活動をされているNPO法人に県議会としても、なんだかの支援ができないものか協議していきたいと思っています。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-24 08:23

議場コンサートが教えたもの。   

昨日の、県議会議場コンサートは素晴らしい感動を会場の皆さんに与えていただいたばかりでなく、故郷に対する高校生たちの純粋な思いに胸を打たれた人も多くいたのではと思う。特に県議の皆さんにとって、高校生たちの愛郷心はどう映ったのであろうか。

高校生によるコンサートは、今回は特別な取り計らいで実現することができたのですが、平日に行うことは非常に困難であることは十分承知しており、定例的に行うことは非常に厳しい状況である。初めての議場コンサートが行われたことにより、これからの市民音楽家によるコンサートなども取りう組まれていくものと思う。

ところで昨日の高校生たちの文化活動のレベルの高さには驚かれたのではと思いますが、指導される先生たちの意欲も会場内に伝わり、指導者と高校生たちとの一体感が、あのような高い文化活動につながっているのだと思う。

リハーサルの時から会場内で見学させていただいていたので、指導される先生たちの意欲は本当に素晴らしい一言である。このような指導者に恵まれ県内の高校生たちの文化活動を始めスポーツ活動においても、長崎県の高校生たちのレベルは非常に高くなっている。

今年は総文祭が開催され、来年は国体が開催される長崎県において、高校生たちの活躍から目が離せない貴重な年になりそうである。このような素晴らしい活躍をされる高校生たちの未来が、希望に満ちる郷土にならなければならないことは当然であり、その全責任を我々県議会が負っているのである。

昨日の高校生による議場コンサートは、県議会議員に多くのことを託されたのではないのかと思っている。高校生たちから託された長崎県の未来を、これから責任もって築いていかなければならない。
[PR]

by magome2007 | 2013-05-23 08:57