<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

これでいいのか地方議会(4)   

長崎県議会には、県議会・県政改革特別委員会といった長崎県以外の都道府県議会にない特別委員会があります。この特別委員会の設置については、賛否が拮抗していた改選後に、本会議場においてわずかな票差で設置が決定されたのであります。

この委員会は、他の委員会の運営方法や、執行部との質疑応答などの改善にも取り組み、現状維持の議員の意識改革にも取り組まれてきたことは評価されてもいいのではと思います。通年議会も喧々諤々の議論の中で誕生したのであります。

この委員会は、長崎県議会がどのように改革を推し進めていったら県民の期待に応えることができるのか、といったことを議論する県議会の戦略本部といった内容の委員会であります。ところが設置して1年後過ぎから委員会は行政の重しのような内容に変節していき、県議会の改革と違う方向に舵が切られたのであります。

今日は、この委員会が平戸市と松浦市に出かけて、県議会の定数と選挙区について県民の意見を聞くそうです。私はこの委員会に所属しているのですが、定数よりもっと重要な議会改革をすべきだと言っていたのに、以前の現状維持の県議会に戻ってしまったのであります。

これまで、県議会において定数削減を行ってきているのですが、県議会として他に改革など取り組むこともなかった当時に、定数削減は有権者の関心を高めることには効果を発揮されてのではと思います。今回も全く同じような内容で、せっかくの県議会改革のための活動が活かされなくなってしまっています。

選挙区については、県下の選挙区の全てを対象に見直すべきであり、適当な見直しで濁すことで許されるようなものではありません。長崎県の将来を見据えた改革について、長崎市内や佐世保市内において大いに語り合うべきであります。

人口減少の激しい選挙区に出かけて行って、定数削減しますよといった内容では過疎地で生活されている有権者を差別しているようなことであり、一票の格差を問うのであれば議会の中で十分協議できる内容であります。
[PR]

by magome2007 | 2013-10-31 07:43

これでいいのか地方議会(3)   

知事を初め、市町村長の候補者全ての皆さんが、我が街、我が故郷を良くするために立候補を決意され、有権者の皆さんに政策や取り組む姿勢を訴えられている姿には、多くの皆さんが期待されていると思います。同じように、地方議員の皆さんも同じように、我が街、我が故郷を魅力あるものにするために立候補を決意されていると思います。

だと、全国の我が街、我が故郷が発展していくはずなのに、なぜ衰退を続のでしょうか。私が県議になってから我が故郷は、小中学校の統廃合から、町村合併など少子化の波は収まることもなく、いまだに続いている過酷な問題であります。

地域の未来の姿を描くことを困難にしている少子化問題について、婚活に力入れている自治体も多くなっており、そのことで解消できるような問題ではないと思います。でも取り組まなければもっと悲惨な未来を引き寄せてしまうのです。

今日のWebの報道では、福井県の有効求人倍率は1.31倍、富山県は1.21倍、熊本県は0.91倍、長崎県は0.75倍で20年ぶりの水準の回復したとの内容です。雇用状況は長年全国平均を下回って、いまだに雇用環境が良くならない状況が続いているのです。

このことについては常に県議会の場において指摘続けてきているのに、思うような効果を出すこともできずにいます。数年前から県内の食品産業に的を絞って、生産拡大の戦略を描き雇用拡大に取り組ませていただいています。

地域の衰退を止めるのには働く場所を作り続けていくことが、最も重要な事ではないのかと思っています。議会において雇用や所得向上については、議会の意思として集約されるのに、思っているような結果を出すことができないことが、議会の最大の問題だと思っています。

議場で作文読むだけでなく、県議会としての取り組みを作ることが県議会改革の第一歩だと考え取り組んできたのに、どうも方向が県議会の定数を減らすようなことが、県議会の改革だと言ったことには同調できないのであります。
[PR]

by magome2007 | 2013-10-30 08:38

これでいいのか地方議会(2)   

市長選の多くはマスコミによって当選前も当選後も良く取材され、多くの有権者が関心持っているように見えていた。ところが投票率はマスコミが報道していたにもかかわらず、思うように投票率が向上していないことが良く指摘されrている。

我が町の将来について関心ない人が多くいるとは考えにくいのに、なぜ投票率が伸びないのだろうか。このことは市長候補者たちだけでなく、議員の候補者にも言えることである。それは当選後の活動が有権者に見えにくくなっていることではなかろうかと思う。

良く見えるようにするためにはどうすべきなのか、それとも関心高めるためにどうすべきなのかといったことが重要なのだろうか。国会の予算委員会の報道はどうなんだろうか。非常に重要な委員会ではあるが、どれほどの国民が関心持って見ているのだろうか。

昼間の仕事中に報道を見ることのできない人が多くいることもあり、視聴率は低いことが当然ではなかろうかと思う。県議会においてはユーストリームを使って、11月の委員会から全ての委員会の中継を予定している。パソコンを持っている人やモバイルを持っている人はいつでも見ることができるような予定になっている。

これで少しは県議会に関心持っていただけたらいいと思うのだが、それほど有権者の関心を引き付けることは容易ではないと思う。議員の質も問われることは間違いなく、議会の存在自体も問われてくることになる。民主主義の二元代表制といったものが問われてくることも覚悟すべきである。

我々議員はどうすれば有権者の期待に応えることになるのか、全ての議員が説明責任を負わされることは間違いなく、立候補された時の訴えはどのようになっているのかといったことも含め、議員の原点、議会のあるべき姿を追求すべきであると思っている。
[PR]

by magome2007 | 2013-10-29 08:54

これでいいのか地方議会   

2か月近くお休みを勝手にいただき申し訳ありません。

ところでこの間、地方議会はこれでいいのかといったことを考え続けていたのですが、人口流出や過疎化に悩まされている自治体の数は増加するだけで、減少することがありません。昨日の日曜日には多くの新しい市長さんや町長さん村長さんが誕生され、議会の新しい議員さんも誕生されています。

大阪市や名古屋市のように、地方議会は同じように運営されています。これでいいのかと地方議員に当選させていただいてから思い続けているのです。ここ数年間は議会改革に必死に取り組んできているのですが、これまでの取り組みを反省することもあり、もう一度議会について考え始めてきました。

民主主義の二元代表制などと言われ、よく理解できないまま今日を迎えています。執行部のチェック機関だと言われていながら、どこをチェックしているのか、それが我が町の発展にどのようにつながっていっているのか、議会として検証することもなく過ぎて行っているのが多くの地方議会だと思っています。

税金の無駄遣いを止めさせることについて、地方議会はどのような取り組みをされてきたのか、議員の定数削減や報酬の削減などが有権者の関心を引き付けるところではないのかと思います。長崎県においては7千億円の予算が、どのように使われているのかもっと詳細に調査すべきなのですが、都合の悪い資料は手に入れることができません。

職員の人件費においては、本給より手当の多い職員もいるのですから、人事制度や業務の在り方なども改善すべきであります。行政も議会も制度疲労を起こしており、これまでのような取り組みを続けるとすれば、地方の町や村は衰退することは間違いないと思います。

少しでも衰退を遅くする努力をすべきでありますが、そのためには選挙で選ばれる知事や市町村長さんと、議会が全ての責任を持つことが重要であり、現状では自治体のトップも議員も責任はなく、責任の明確な制度になっていません。

みずほ銀行の頭取や役員と同じで、社会的に騒がれなければ誰も責任取ることもなく、当初の設計通りに多額の退職金と恵まれた年金をいただいての生活が待っていたのです。地方自治のトップと議員はなぜ4年間の選挙をえなければならないのか、このことが全く生かされていないのが現状ではないのかと思っています。

どのような形でトップと議員に責任持って活動をさせるのか、このことについて有権者だけでなく老いも若きもだけでなく、園児から全ての人が考えるべき、我が町の未来であります。議会における一般質問や、委員会における質問の方法で、我が町が良くなっていません。高度経済成長の時にはそれなりに効果があったのかもしれません。

これからの社会における地方行政のトップと議員の活動は、これまでの議員活動や議会活動では我が町をよくできません。結果が出尽くしているのですから、屁理屈言わなくて改革を進めていかなければなりません。どうすれば我が町が良くなっていくのか、地方議員は何を目指しているのか等についてぜひ考えていただければと思っています。

次回から、私の目指す改革案について提案させていただきます。
[PR]

by magome2007 | 2013-10-28 08:19