<   2013年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

組織化目立つ窃盗団   

今日の新聞報道でもトラックターの盗難被害が相次ぎ、農繁期における農家の苦悩も本当に大変な状況であるといった内容である。その前には大型建設重機の盗難が報道されていたが、高級乗用車においても同じことが報道されていたのには、治安の最もいい我が国のことなのかと思う。

トラックターも建設機械も目立つものなのに、いとも簡単に盗むことができるもんだと思う。以前、銀行のATMの盗難なども報道されていたが、盗みの技術も進歩しているのかと思ってしまう。防犯カメラの盲点をつく窃盗団の戦略なのかと思ってしまう。

これだけ技術の進んでいる我が国の製品が、いとも簡単に盗まれてしまうのだから、鍵かけていたら安心だといった考えでは通用しなくなってしまっている。住宅にしても全てに言えることである。窃盗団の組織も細分化されていることは十分考えられる。

大型トラックの運転手を初め、鍵を壊す人から、エンジンを始動させる人、運び込んだ重機等を解体する人、輸出に関する資料を偽造する人などに分かれ、肉体労働を行う人から知的な偽造に関わる人まで、一般の企業でも、これだけ色んな人を集めるとかなりの業績を上げるのではと思う。

それにしても犯罪が広域化していることを考えるとき、現在の警察制度で十分機能するのだろうかと思う。地方自治制度においては道州制などの議論が行われているが、最も国民の安全安心を担っている警察業務の見直しについて、新たな組織の在り方が求められているのではと思う。

高速道路もETCが整備され料金所で人に会うこともなくなってしまった。犯罪を行うには環境も整備されているのだから、本当に困ってしまうことばかりである。デジタル社会におけるセキュリティーとハッカーの関係と全く同じである。

犯罪の広域化や知的な犯罪まで、警察の業務は犯罪の姿かたちの変化に、しっかりと対応していただくことがより重要になってくる。ところが、公務員の定数削減に警察も例外でなく削減されている。自衛隊の定数も削減されている。

国家国民の安全安心と、国内の治安の充実を考えるとき、現状でいいとは思えない状況が連日報道されている。安心して生活するにはどうすべきかといったことを、一人一人の皆さんがしっかり考えるべきではないだろうかと思う。


トラクターの盗難被害相次ぐ 防犯カメラ、犯行とらえたhttp://digital.asahi.com/articles/OSK201311280040.html?iref=comkiji_redirect&ref=com_top_photo
[PR]

by magome2007 | 2013-11-29 05:44

一般質問の選択制について   

一般質問が今日から4日間の日程で始まる。一般質問を学芸会などといって批判してきた知事の影響で、県議会改革に取り組んでいるところは多く、長崎県議会も知事からの批判はされていませんが、県議会改革に取り組んでいるところである。

これまでは。一般質問は全て一括質問方式で行われており、この方式を見直しすることで一括質問方式に加え、一問一答方式の導入を図ってきている。一問一答方式を分割方式といっているところもある。質問の内容と答弁が理解しやすいのは一問一答方式である。

これまでは、予算総括質疑と決算総括質疑を一問一答方式で行ってきていたこともあり、一般質問も一問一答方式にしようといった協議が行われ、その中で両方の方式の選択制にしてはどうかといったことで、現在選択性にしている。

ところが、選択制にするときに、反問権についても協議を行い、知事に対する反問権の付与を行うようにしている。このことは一問一答方式に対する議論を深めることから必要性を認め、現在に至っているのだが一括質問を選択される議員が多い。

一括質問方式を選択されている議員の全てが自民党の議員である。本来であれば質問通告制をとっているので、執行部との質問のすり合わせを行うので、これまでと違うこともなく行われるはずなのに、質問が単なる棒読みになってしまう傾向が多く見られるのである。

このことは以前から多くの皆さんが指摘しているところであるが、一般質問の原稿を職員に代筆させているのではないのかといったことが指摘されているのである。本会議場における緊張感がないことも、このような事が原因なのかと思うところもある。

県議に当選した時から思っているのだが、あれだけの原稿を書くためにはかなり多くの資料を読みこなさなければできない内容なのに、再質問まで原稿を読む姿には違和感を持っていた。まさかとは思ったのだが、職員が原稿書きをされていたのには本当にびっくりした。

今日から始まる一般質問の内容をしっかり傍聴していただき、一括質問をされる議員と一問一答される議員の比較を行っていただきたいと思う。
c0117762_3501652.jpg

[PR]

by magome2007 | 2013-11-28 03:49

埼玉県議会の視察報告(長崎県議会を視察)   

(1)長崎県議会

 (議会運営について)

【調査目的】
 議会活性化の取組や国の事業に対する県議会の対応について調査し、本県の参考とするものである。 

【調査内容】
 長崎県議会では、議会活性化に積極的に取り組んでおり、平成19年度に議会活動経費等検討委員会、平成20年度に議会改革検討小委員会を設置し、(1)予算審議、(2)決算審査、(3)常任委員会、(4)一般質問の4項目について検討した。
 その結果、(1)予算審議は、議長を除く全議員が委員となる予算特別委員会を通年設置し、全ての予算議案を付託することとした。また、(2)決算審査は、議長と監査委員を除く全議員が委員となることに変更した。予算審議・決算審査とも、総括説明、総括質疑を行った後、常任委員会単位での分科会で詳細審査を行う形とし、審議が活発に行われるようにしている。(3)常任委員会は、効率的に審議ができるよう、委員会の数を6から4に再編した。(4)一般質問は、一括質問一括答弁方式と一問一答方式の選択制とした。これにより、議員、理事者ともに緊張感が増すとともに、議論が分かりやすくなったとのメリットがある反面、議員にとっては入念な質問の準備と質問をする技術が必要とのことであった。
 さらに、今任期でも、県政と県議会のあり方を多角的な観点から検証を行い、県政を力強く進めていくことを目的とした県議会・県政改革特別委員会を平成23年6月定例会で設置し、(1)県政改革、(2)県議会改革、(3)県議会の政策立案の3項目の推進に資する対策を進めることとしている。
 今後、(1)県政改革は、政策や計画決定過程の検証と改善策及び議会の関与の在り方、入札方法や市町村合併の検証と改善策を、(2)県議会改革は、一般質問や定例会の日程の在り方等の検証と改善策、委員会審査の充実方策を、(3)県議会の政策立案は、議会・議員の調査研究の在り方、条例審査会等の場の設置、議会基本条例等を、検討していくとのことである。
 また、国の事業に対する県議会の対応については、諫早湾干拓事業については、事業概要、訴訟等の経過及び県議会の対応について詳細な説明を受けた。
 説明の後、委員からは活発な質疑が行われた。その中で「決算審査を分科会単位にすることにより、どのような効果があったか」との質問があり、「審査はこれまで1週間程度行っていたが、3日に短縮された。その分、4つの常任委員会で並行して審査を行っているので、審議時間は増えている。また、分野ごとに詳細な審査ができるようになっている」との回答があった。
 本県議会においても、議会あり方研究会を設け、今後、様々な課題について検討を行っていくところであるが、これら長崎県議会の取組は、議会の活性化を図る上で、大変に参考となるものであった。

 
※今日から始まる一般質問では、一問一答方式と一括質問方式を採用しており、どちらを選んでもいいようになっている。ところが一括質問方式を選んだ議員は自民会派だけである。これでは、知事は反問権を使えなくなってしまう。学芸会と批判される原因にもなっていることは、これまでも知事やジャーナリストや有権者からも批判されている。
 他県から注目されていることを真剣に考えて欲しいもんである。

c0117762_3232277.jpg

[PR]

by magome2007 | 2013-11-28 03:02

詐欺条例の効果は   

栃木県議会は、昨日の本会議において「県民生活の安全・安心確保のため撲滅を図る決議」を可決した。これまでにも、熊本県や岡山県においては「振り込め詐欺被害防止条例」等を作って、高齢者の皆さんを詐欺等から守る取り組みを行っている。

長崎県内においても詐欺等の被害が発生しており、なんだかの取り組みが求められているのではなかろうかと思っている。被害総額は年によって変動もあるが、毎年多くの高齢者が被害に遭っており、各県によって十数億円から数億円といった被害額が報道されている

詐欺の被害から守るためにも、金融機関や警察に頼るだけでなく、あらゆる機関のネットワークや県民の皆さんが、詐欺の手口などについても関心持って、高齢者の被害を防止するような取り組みを始めるべきではないだろうかと思う。

条例の効果としては、関係事業者等の連携によって防止策が効果を発揮できて、被害額を少なくしていることなども言われているが、ゼロにするにはまだまだ取り組みを強化しなければならないと言われている。取り組みの強化が、犯罪の手口をさらに巧妙化させている。

詐欺の手口の巧妙化に対する対策等においても、多くの県民の皆様が知恵を出すことにより、ネットワークをより強固にすることも必要ではないかと思う。コミュニティをより素敵なものにすることで、普段の会話の中で詐欺に遭わないような話されることも大事ではないかと思う。

詐欺の巧妙化や多様化は、いつ自分がだまされるのかといった危険と隣り合わせにいるんだといった危機意識も持ってほしいと思う。詐欺の被害は遭ってから気づくことが多く、被害に遭う前に気づくためにも、詐欺被害に遭わない取り組みを考えなければならないと思っている。

来月から行われる委員会において、この問題を取り上げ、県内の被害状況や防止対策等について質問を予定している。特に年末に向かう時期は詐欺被害も多く、県民の皆さんが被害に遭わないような取り組みの強化を図りたいと思っている。
[PR]

by magome2007 | 2013-11-27 08:54

離島における後継者育成は   

離島の抱えている問題は、教育から医療・介護を初め、あらゆる分野に及んでいるが、島の皆さんで解決できるような問題には、率先して取り組むまなければならないと思う。ところが、いざ話し合いを始めると本当に大変な問題であることがよくわかるのである。

昨日、島の建設業者の勉強会が開催され、この中で建設業者の抱えている問題も含め話し合いも持たれたのである。国の強靭化法の効果等についての話し合いもあったのですが、技術者の後継者をどうやって育てていくのかといったことも話し合われた。

高校卒業される若者たちや、Uターンされる人たちの雇用について真剣な話し合いがなされ、正社員として採用するには、仕事量の問題もあり、現状のまま進むことには技術者の高齢化の問題もあり、後継者をどうやって育てていくのかが大きな課題として立ちはだかっている。

技術者を一人前に育てるには、3年や4年で育つわけではなく10年近くはどうしても必要だといったことも言われていた。どのような技術であれ、一人前に育てるのは本当に長い時間と、本人の努力が求められるのである。

ところが、採用しても2,3年で辞める人が多く、思うように後継者を育てていくことの厳しさも言われていた。災害の多い最近の状況において、島だけの問題や課題ではなく、全国的な問題と課題であることも十分わかっている。

特に島においては本土以上に深刻な問題であり、災害の発生や非常時の対応など考えるとき、どのような取り組みをすべきなのかといったことについて、十分な話し合いと取り組みが求められるのである。それぞれの分野に任せるだけでは解決は非常に厳しいのである。

後継者の問題は、農業や漁業などについて随分前から指摘されていたが、様々な分野におおいて後継者育成の問題は深刻度を増しているのが現状である。後継者を育てることは、島の将来に責任持つ世代の重要な仕事であり、先送りできない問題である。
[PR]

by magome2007 | 2013-11-26 06:23

福島県を教訓にすべきである。   

福島県の首長選において現職が次から次に落選を続けている。郡山市、いわき市、二本松市などで現職市長の落選が続いていたのに、昨日、投票が行われた二本松市長選においても現職が新人に敗れるといった結果になった。

 ◇二本松市長選開票結果(選管最終)
当 15,632 新野  洋 無新
  14,930 三保 恵一 無現 

 ◇広野町長選開票結果(選管最終)
当 2017  遠藤  智 無新
  1334  山田 基星 無現

二本松市長選の現職の応援には、自民党の現職閣僚数名が応援に入っていたのに、このような結果になってしまった。同じく投票が行われた広野町長選も現職が敗れてしまった。

新聞報道等では福島県の復興が思うように進まないことが、現職に対する風当たりが強く、住民の失望が投票の結果につながってしまったといった内容が多くみられる。除染作業など10パーセント台のところも多く、市町村だけでは限界がるとの指摘も多い。

目に見えぬ放射能との戦いは本当に大変だと思うのだが、国も地方に任せるだけでなく、国の責任においてエネルギー関連問題は取り組まなければならない。福島県の今年の投票の結果については、これから色んな識者の皆さんが話し出すだろうと思う。

今回の結果は、福島県の有権者の皆さんが、真剣に町の将来を考え、誰がやっても同じだといった安易な判断が少なくなっていたのではないかと思う。全国津々浦々における首長選挙においても、抱えている問題は地域の将来が大きく左右される内容のものが多い。

首長選においても議会議員の選挙においても、難問山積されている問題が解決に向かうような取り組みはされているのだろうが、結果が全く見えてこないのであり、福島県の市や町と同じような姿にダブってしまうのである。

長崎県議会は、福島県の結果を真剣に考えるならば、県民の求める県政課題について同じ方向を向いているはずなのに、歩み寄って問題の解決を図ろうといった気配も見えない。雇用も所得も、人口流出も、少子高齢化も同じような重要な政策であるのに、ぬるま湯の中で遊んでいるとしか言えない。

それぞれの会議に出てくる議員は、会派で決まっているから変更できないといったことでは協議は全く進むこともなく、何のための会議をしているのか全く意味なさないのである。50年間も雇用拡大も、所得向上もできない県議会は福島県以上の状況ではないのかと思っている。
[PR]

by magome2007 | 2013-11-25 08:27

今日の朝日新聞の声の欄に   

今月の17日のブログに「任意保険加入率低下」といった内容のブログを書きましたが、この中で無免許運転や飲酒運転のことを取り上げています。事故後の処理について被害者の受ける不利益について、問題が多く発生しているのです。

このような事故を防ぐためには、取り締まりを強化する以外にないのかと思っていたのですが、今日の朝日新聞の声の欄に素晴らしい提案が載っていました。ETC導入のときのこと考えると。すぐに取り組めるのではないのかと思います。

皆さんのお知恵を絞ることによって、実現できるものと思っています。

(声)車両改善で無免許運転防止
    会社員 飯吉規邦(東京都 54)

 病気の影響や無免許運転などによる死傷事故の厳罰化を図る「自動車運転死傷行為処罰法」が参院で成立した。しかし罰則を重くしたからといって、無免許運転をする人は車の運転をやめるとは思えない。無免許運転による死傷事故をゼロにするためには、無免許運転そのものをゼロにする方法を考える必要がある。その方法を提案したい。

 それは「車の鍵」と「運転免許証」の二つがそろわなければ、物理的に車が動かないようにすればよい。現在、ほとんどの車が鍵さえあれば簡単に車を動かすことができてしまう。そこで、運転免許証をカード化して、住所や氏名、有効期限、免許の種類などの情報を持たせて、有効な運転免許証を差し込まなければ、車の鍵を使ってもエンジンがかからない装置を全ての車両に標準装備すればよい。

 人間の善意に頼っていては限界がある。自動運転や追突防止などの車両改善は各メーカーによって進められているが、人の命が不条理に奪われることが多い無免許運転を防止する車両改善も早急に取り組む課題ではないか。

この記事は、2013年11月24日の朝日新聞声の欄に掲載されている内容と同じものです。
[PR]

by magome2007 | 2013-11-24 10:29

ラーメンにワインを   

日本料理には日本酒がいいのだが、なぜなんだろうかと日本酒を飲みながら思い続けていた。原料が米だから、相性がいいのだろうと勝手に思っていた時期もあった。最近は、お酒の量を落としていたので、あまりお酒を買うこともなかった。

ところが数日前、スーパーに行った折、たまたま酒コーナーの前で酒の棚を隅から隅まで見て回った。世界の国々の色んなお酒が並べられていて、見るだけでも楽しくなっていく気持ちがあり、このお酒に合うつまみは何だろうかといったことを考えてしまった。

それにしてもワインの種類の多さにはちょっとびっくりですが、以前からいろんな国のワインが多いのは知っていたのに、目の前に並んでいるワインを眺めると圧倒されてしまった。ワインは色んな雑誌でも取り上げられており、長崎でもヨーロッパのレストランも多くなっているようでもある。

寿司屋や和食のお店の対極がヨーロッパのレストランとしたら、中間が中国のお酒なのかとも思う。中国に行った時に飲むお酒は本当に美味しくて、日本と同じようにどこにでも地酒があり、どこそこのお酒が美味しいなどとも言っている。

国が違うと食べるものも違うのだが、お酒まで国によって違うのですから、この組み合わせを変えて飲めるのも、日本の豊富な国際料理がなせる技なのだろうかとも思う。お酒もそうなのだが、食べ物がそれぞれの地域によって違うことは良く知られている。

国内でさえ違うのだから、世界では国の違いだけでなく、海岸沿いや山間部によっても大きく違っている。世界中の食事の違いは凄い数だと思う。それは、それぞれの地方で生活できるような食生活が考えられ、長い年月を経て築かれてきた料理である。

世界の色んな地方の味が加えられ、それぞれの国の料理が磨かれてきているのではなかろうかと思う。料理は人が生きていく楽しみの一つでもあることは、全ての人に共通する思いでもある。この思いをもっと豊かなものにしていくのが、それぞれの料理に合うように育まれてきたお酒ではなかろうかと思う。

だから、日本料理には日本酒が最も合うのであり、肉料理にはワインやビールが合うのではなかろうかと思う。でも最近は世界の料理がどこの国でも食べられるようになって、お酒も組み合わせが多くなっているようでもある。

最近の記事で面白かったのは、ラーメンの人気がどこの国でも高くなって待つことも普通になってきているようで、どうしてなのかと思ってお店の中を眺めたら、つけラーメンを肴にワインを飲みながら会話をされていたといったアメリカからの記事に目が留まった。
[PR]

by magome2007 | 2013-11-23 06:11

中村知事再出馬を語る   

昨日の県議会議場において全ての議事を終えた後、中村知事が特に発言を求め、来年1月に行われる県知事選挙に出馬すると正式に表明された。平成22年3月に知事に就任されてから、今日まで取り組まれた数々の事業について熱き思いを語られた。

これからの県政は、県民主役、地域が主役の県政を推進し、県民の総合力を結集し、人が輝く、産業が輝く、地域が輝く長崎県の実現を目指して取り組んできた。この間、新幹線西九州ルートについては武雄温泉と長崎間がフル規格による工事が進められている。

県庁舎においても防災拠点機能を備えた新たな施設として整備に着手されたことや、諫早干拓の開門方針の見直しを強く求めていくこと、石木ダムについては公益性や必要性が認められたことで、地権者の皆様のご理解を得られるように取り組まれたことなど語られた。

その他には、総合計画についての内容にも触れられ、その中でも特に、しまは日本の宝戦略、アジア・国際戦略、長崎グリーンニューディール戦略については、部局横断的に取り組まれた中村知事の取り組みなども語られ、県庁職員一丸となっていることも語られた。

このような取り組みを強力に進めている中、人口減少や県民所得の低迷、離島や山間僻地の地域活力の低下など厳しい問題に依然として直面されている現状についても話され、雇用創出や人口減少対策について取り組んできたがその効果がまだ出ていないといったことも話された。

世界遺産の取り組みや諫早干拓問題、来年開催される長崎国体、国境離島の振興に関する新法の制定など、まだまだ多くの課題が残されている。国も県も難問課題が山積している変革の時、故郷長崎県が厳しい地域間競争を勝ち抜かなければならない。

このような施策の推進に当たって、これまで以上に行政の知恵を振り絞って、県民の皆様と手を携え、力合わせて困難な課題に立ち向かっていくことが何よりも大切だと考えていると話された。

最後に、「私といたしましては、1日、1日に全力を注いできた今日までの県政運営を謙虚に省み、熟慮を重ねた結果、残された課題を新たなエネルギーとして、今般、来るべき知事選挙に再出馬することを決意いたしました。」
[PR]

by magome2007 | 2013-11-22 08:26

中村知事1期目の最後の定例会   

中村知事就任から4年目の最終年を迎え、今日から始まる定例月議会が1期目の最後の議会になります。中村知事は就任から一貫して県民との対話には積極的に関わってこられ、県内全域において県民の期待は大きく、そのことを知事ご自身が良く分かっておられるのではと思う。

知事選の日程は選挙管理委員会からすでに発表されており、1月16日が知事選告示で2月2日の投票日まで18日間の選挙戦が確定されています。中村知事の知事選に対する出馬表明はまだされていませんが、今日から始まる定例月議会において出馬についての表明がなされるのではと思われます。

長崎県のトップリーダーによって多くの分野に影響が大きく、どん底の長崎県の浮揚はトップリーダーの熱い思いに左右されるのであり、経済政策から雇用政策、介護や医療、教育問題など、トップリーダーの考えに長崎県の将来が託されるのであります。

中村知事の4年間は、県民所得向上対策や雇用対策を初め、海外との交流など、これまでと違って積極的な取り組みが行われてきています。特に少子高齢化対策などには、常に問題を引き寄せ、これ以上の過疎にならないような取り組みなどにも力が入っていました。

知事の掲げる政策については、実行部隊の県庁職員が汗流すことが基本であり、その為には県民の声を聴くことが最も大事であります。中村知事の4年間で県庁内が劇的に変化したことは、職員のやる気が出てきたことであります。

中村知事の前任者は、職員が自由に物言えない重苦しい雰囲気が充満し、政策に職員の熱意が加わることが非常にすくなく、予算の最大効果を目指す執行状況も芳しくなかったのであります。政策の最大効果を上げるためには、職員のやる気をいかに引き出せるかといったこともトップーリーダーの務めであります。

このことについては、中村知事就任時から職員の意識も変わっていったのではないのかと思います。トップリーダーの交代が職員の意識にどのように影響するのかについて、身近に接してきた中で大きく違ったのは職員の育成ではなかったのかと思います。

これからの地方自治の取り組みについて、最も差が大きく出てくるのは職員のやる気ではなかろうかと思います。やる気のある職員を育てることが、同じ政策に知恵を加えることで効果が大きく違ってくることは、多くの分野で言えることであります。

後は、県議会が政策立案することで、職員との知恵の勝負ができるのであり、これからの長崎県の未来が輝くことができるのかも、全てトップリーダーと議会に責任が負わされているのであります。県議会の議員の姿は、いまだに議会改革に対する意識が半端な状態でありますが、透明化を図ることで徐々に効果が出てくるものと思っています。
[PR]

by magome2007 | 2013-11-21 07:35