<   2014年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

知恵比べ   

c0117762_9363056.jpg

外国も日本と同じように知恵比べについての物語は多いと思います。ネットで探されると色んな物語が検索でき、退屈しないで楽しく過ごせるのではと思います。このような物語には村の長老の出番が多く、このことは昔も今も変わらないのではと思います。

戦後の経済発展の時期は、長老たちの知恵に頼ることのない経済政策を中心に、アジアの奇跡とも言われた高度経済成長を成し遂げ、豊かな暮らしを手に入れることができたのであります。このような経済成長が長く続くことを、疑う人は少なかったのです。

この間途上国の経済発展も目まぐるしく、多くの国が日本のような国になろうといった目標を掲げ、我が国も積極的に技術支援等を行い、途上国の発展に大きく貢献してきたのです。中国も韓国も我が国の支援によって、経済発展が図られてきたのです。

東南アジアの国々も著しい経済発展を成し遂げ、我が国の企業も海外に進出し、国内における産業の空洞化に拍車がかかり、国内の地方都市にも影響が徐々に出始めてきたのです。過疎や人口減少も同時進行で地方の衰退が目に見え始めてきたのです。

このような環境の変化に行政も必死になり、過疎地域の活性化につながるような政策などにも取り組んだのに、思うような効果を出すこともできず、行政コスト削減で全国的に市町村合併に取り組まれたのです。

しかし、地方の衰退は止むこともなく、人口減少は多くの地方の集落を飲み込み、限界集落や数十年間のうちに消滅する集落の数字まで具体的に発表され、国も行政も八方塞がりのような現状ではなかろうかと思います。

日本昔話の世界ではないだろうが、衰退する地方の集落を再生するには、多くの皆さんの知恵を必要とされ、国挙げてふるさと創生に現役の知恵だけでなく、シニア世代の知恵を求め始めているのです。村の長老に知恵をいただきに行ったときのように、今、全国でそのような取り組みが行われています。

参考資料

まち・ひと・しごと創生本部

※11月はブログ更新を休ませていただきます。12月1日より再開いたします
[PR]

by magome2007 | 2014-10-31 09:42

相談窓口は、これまでの対応でいいのだろうか。   

c0117762_818293.jpg

佐世保事件について児童相談所の職員の対応について、県議会の所管委員会において協議が行われ、今日も所属している分科会で児童相談所の職員のパワハラについて、決算委員会の終了後に人事課所管の委員会として協議する予定になっています。

私が問題提起したことは、これまでの相談窓口の対応で十分なのかといったことです。時代が進むことで様々な生活の姿が多くみられるようになってきており、昔のように会社と社宅の往復で仕事されている人は減少しています。

世の中は24時間操業されている工場からコンビニまであり、24時間フル操業といった中での生活を楽しまれている人もいるようです。これだけ社会の変化が目に見えるようになっても、相談窓口はこれまでと同じような姿です。

問題や悩みなど抱えている人は多く、だれかに相談に乗っていただけたら随分気が楽になるのにと思っている人も多いのではなかろうかと思います。子育てに悩んでいる人や仕事や人間関係で悩まれている人も多く、相談窓口の見直しも考えてみてもいいのではないかと思っています。

人それぞれに抱えている内容は多種多様であり、専門外や経験したことのないことなど相談に乗るには非常に厳しいのではと思います。現職だけの対応ではなく、様々な分野で活躍されてきた人たちの応援をいただき、窓口の充実を考えるべきではないだろうかと思います。

相談窓口のネットワークを考えてみる必要があるのではないのかと思います。子育ての悩みなどについては、シニア世代の皆さんに、子育てについては子育てを卒業された人達にとか考えられるのでないでしょうか。

Web会議など簡単に始められるのですから、相談窓口からいつでもアクセスできることを考えた時、シニア世代のネットワークを構築することについて、早急に取り組むべきだと思っています。長崎から新しい時代に合った取り組みを発信したいものです。

参考資料

インターネットホットライン
相談窓口>どんな相談を受けてくれるの?
[PR]

by magome2007 | 2014-10-30 08:20

マンション改修工事   

c0117762_874319.jpg

賃貸で借りているマンションで改修工事が多くなってきている。建設されて30年前後は過ぎているのではと思うのですが、管理会社の清掃は行き届いているので、清潔感のあるマンションではなかろうかと思っている。

大きいマンションなので、改修は良く行われ段差のないバリアフリーになってしまった。今回の改修の特徴は、それぞれの部屋の改修が多く、分譲マンションで購入された皆さんも、定年されライフスタイルに合うような改修に取りかかられているのではと思う。

最近の新築マンションのチラシを見ると、本当に素敵な模様の部屋ばかりで、比較すれば時間の経過がよく理解できるのである。キッチンや浴槽、それにトイレなど最先端のものばかりで、改修後は新築と変わらないようになるのではと思う。

定年後の生活は現役時代と違って時間にも余裕ができ、部屋の図面を描くのも楽しいひと時ではなかろうかと思う。半年前に隣の部屋の改修が行われた時、運び込まれていた調理器具を尋ねた時、お菓子作りができる特殊なものだった。

発注された人の趣味で、色んなお菓子を自分で作ったり仲間の皆さんと作ったりされるようだと聞かされたことがあった。確かに団地のような部屋の造りが多く、これからのライフスタイルに合うような改修を行えば、人生楽しくなっていくはずだと思う。

ドアの取り換えも多くなっており、最先端のドアも見え始めリニューアルされた姿は、新築に負けないような感じがする。老朽化対策としても興味があり、公営団地や自治体の抱える様々な建築物のリニューアルの参考になるのではと思っている。

参考資料
マンション大規模修繕の基礎知識
国土交通省インフラ長寿命化計画(行動計画)
[PR]

by magome2007 | 2014-10-29 08:08

決算委員会(県警本部)   

c0117762_8301577.png

昨日の決算委員会の分科会において、午前中は県警本部の平成25年度の決算を審査し、午後からは出納局を初め各行政委員会事務局の審査が行われました。県警本部の審査については、交通問題からサイバー犯罪など広範囲にわたって質疑が交わされました。

私は、先週から報道されている佐世保事件について、児童相談所の職員が精神科医からの通報を「放っておけ」といったことに関連した質疑を行いました。県の相談所として児童相談所や婦人相談所等があり、多くの相談が寄せられています。

特にDVやストーカー等についての相談も多く、相談所だけの判断で大丈夫なのかといったことについても質疑を交わし、数か月に一度は情報の共有化等についても話し合いが行われているとの説明でした。もっと頻繁に行ってもいいのではと思います。

警察組織も行政組織も数十年間は大きな見直しもなく、社会の変化に対応すべき組織として、新たな担当課や担当係の追加で凌いできているようです。戦後70年間の中で大きく変化してきた分野は多く、国も地方もそれぞれに大変化してきているのであります。

人口増加の時代から人口減少の時代へと大きく舵が切られています。離島も山間部も多くの若者でにぎわっていたのに、高度経済成長の中で地方から大都市へ、工場地帯へと若者たちが全国規模で移動していったのであります。

家族形態も大変化して、大家族から核家族に変化し、おじいちゃんやおばあちゃんとの生活は過去のものとして扱われ、ドラマの中でしか知ることのできない世界になってしまっています。このように社会の変化は大きく、制度設計の見直しは避けられないところまで来ているのではないのかと思います。

昨日の質疑の中で思うことは、平成24年に起きた西海市ストーカー事件や今年起きた佐世保事件など、県内で発生した事件を二度と起こさないための対策も重要ですが、制度設計には問題はないのだろうかと思います。

縦型組織の弊害が出ているのではと思うこともあり、根本的な組織の見直しが必要ではないのか、子供や婦人、高齢者を犯罪から守るためにも、これまでの組織の中で対応することに限界はないのだろうかと思います。もっと開かれた交流人事もすべきですが、若い人たちの現場からの声も上げて欲しいと思います。

参考資料
長崎県相談窓口
長崎県警相談窓口
[PR]

by magome2007 | 2014-10-28 08:32

元気なシニア世代の皆さんの笑顔   

c0117762_4141214.jpg

現役世代を卒業された皆さんのことをシニア世代の皆さんと呼ばせていただいています。戸別訪問しながら多くのシニア世代の皆さんとも色んな話をさせていただいていますが、芋ほりの季節を迎え本当に元気な人が多く、畑や自宅の倉庫で頑張っている姿は本当にびっくりです。

芋ほりが、これからピークになり収穫した芋を洗って皮をむき、一個一個の芋を短冊に切って、それを釜で茹で、天日乾燥させる一連の作業が始まっています。この出来上がった商品がかんころと呼ばれ、かんころ餅の原料で島の特産品として全国に発送されるのです。

一方でかんころの原料としないで五島のいも焼酎の原料として出荷されている人も多く、10月から11月は芋ほりと文化活動で島は本当ににぎわっています。生産活動も文化活動も70代や80代の皆さんが主力で頑張っています。

そのような皆さんの知恵を集落や町の発展に活かすことで、島に元気が戻ってくることは十分考えられることであり、このことについてシニア世代の人に直接お話しさせていただきました。戸別訪問しながらのことですから、笑いながら話される人も多く島の元気の源がここなんだと思う瞬間でもあります。

それ以外でも、趣味の世界と言いながら鉢植えの菊や見事な盆栽などをあっちこっちで見ることができ、自宅の周りだけでは本当にもったいないと思います。町の公共施設の玄関などに棚作って並べられると、島の魅力がさらに高まることは間違いないと思います。

フェリーや高速船のターミナルなどには是非欲しいところです。それ以外でもシニア世代の皆さんの趣味は広範で、年間を通じて展示する作品には事欠かないと思います。このようなシニア世代の皆さんと一緒になって、集落や町の未来を語り始めることで集落創生が動き始めるのは間違いありません。

私が今回一軒意見配らせていただいている広報紙には、集落創生にシニア世代の皆さんとともに取り組むことを分かりやすく書いており、人口減少で暗い話が多い中で明るくできる政策の提供を行っています。今日から一週間は決算委員会で、来週から戸別訪問を再開する予定です。

今年二度目の戸別訪問を喜んでいただき、疲れも吹っ飛んでしまって次から次にベルを押すのが本当に楽しく、戸別訪問による会話が地域の未来を明るくすることを確信するときでもあります。シニア世代の80台前後の皆さんのお知恵が必要なんですと話した時の笑顔は本当に素敵な笑顔です。

参考資料
人と地域をつなぐシニアネット
未来創造アイランド九州
[PR]

by magome2007 | 2014-10-27 04:22

行政の意識改革   

c0117762_4495097.jpg

集落の未来は集落の皆さんが中心になるべきではないのかといったことを話しながら、多くの皆さんの意見を聞かせていただいている。その中で体験談等も含めながら指摘されるのが、行政の皆さんは我々の提案を真剣に聞くことができるのかといった内容である。

行政との話し合いを経験された人に共通することは、住民との話し合いや審議会みたいなものは形だけのものが多く、行政の提案に対する意見は取り上げられることも少なく、話しするだけ無駄のようであり地域のために必死になって考えていたのに残念だといった具体的な指摘である。

それは行政の皆さんの検討しますとか、参考にさせていただきますといった独特の意味を持つ行政用語に、放浪されている姿ではないのかと思う。議会においてすらそのようなことで対応され、いつのまにか削除されてしまうことが多い。

同じような提案が繰り返されることには、このような行政の対応に負うところが多く、行政の都合で政策が決定されてきたことが、長崎県の現状や地域の現状がそのことを物語っている。人口減少や限界集落の出現は、強力な中央集権の結果である。

このような問題解決に取り組んだのが、竹下内閣のふるさと創生であり、今回の地方創生ではないのかと思っている。20数年前のふるさと創生では金塊買ったり、そのまま1億円を貯金したり、地方から期待されるような提案は非常に少なかった。

行政の提案が多かったことが、このような結果になっていたことを十分反省され、集落を中心にした集落の未来提案は行政の世界では見ることのできない提案が多く出される期待は大きいのである。そのためには行政の皆さんが、お上意識を完全削除することが必要である。

お上意識を捨て去ることが地方創生であり、地方復活の狼煙を上げることにつながっていくものと思う。住民の皆さんが言っても無駄と思う気持ちをなくしてもらう努力を行政の皆さんにはぜひ取り組んでいただきたいのであり、これが人口減少や高齢社会対策等につながっていくはずである。

参考資料
行政の常識は市民の非常識
平成 25 年度 第1回櫛引地域審議会 回櫛引地域審議会 (会議録・概要) (会議録・概要)
[PR]

by magome2007 | 2014-10-26 04:51

消滅集落1万   

c0117762_4245014.jpg

最近の報道で消滅集落が1万か所あるといったことが指摘されているが、これも人口減少で消滅自治体の話と同じようなものだと思う。どうも離島や山間僻地の集落を不安に陥れているような感じがしないでもなく、マスコミの報道はどこに向かっているのだろうかと思う。

人口減少と逆の人口集中している東京はいいことずくめなのかと言えばそうではなく、孤独死や独居老人の問題や雇用環境の悪化の問題など、マスコミがあまり報道しないところには、人口減少している地域と違った深刻な問題が進行している。

便利で効率優先の大都会の生活が、人生の全てを不安なく生活できるようになっているのかと言えばそうでもなく、介護を必要とされる多くの人は不安の毎日を送っている。介護などについては大都市も田舎も同じなのだが、まだ田舎は隣近所の皆さんがいる。

人口減少で始まった消滅集落や限界集落の話はいったい何をたくらんでいるのか、最近よく考えるようになってきた。日本の大都市周辺に全ての人を集めたら効率が良くて、楽しい生活が保障されるのかと言っても、だれもそうだとは言えないだろうと思う。

離島や山間僻地の生活の良さをなぜマスコミは積極的に報道しないのか、人の生活の暮らしが大都会がよくて若者のいない集落はよくないといったことはなく、もう少し報道の在り様を考えるべきだと思う。日本の狭い国で地方の魅力を取材してほしいと思う。

グローバル社会の中で起きている超高齢化問題や人口減少問題の解決には、人口減少をあおっても、限界集落や消滅集落問題をあおっても、何も解決できないとわかる時が来るはずである。報道にあおられて方向を誤ったら大変なことになると思う。

参考資料
過疎地域等における集落の状況に関する現況把握調査
過疎集落が消滅するとどうなるのか
[PR]

by magome2007 | 2014-10-25 04:27

地方創生に子供達の声を   

c0117762_7111710.jpg

これまで行ってきているような予算配分で人口減少を防ぐことができるのでしょうか。人口減少どころか、後継者対策さえも満足な結果を出したことがないのに、人口減少対策は後継者対策が機能して初めて動き始めるのではないのかと思う。

中小企業経営者の後継者さえ激減しているのに、若者が働く雇用の場を作ることが人口減少の特効薬みたいに言っているけど、農業も漁業もできていないのに本当に大丈夫なのかと思う。結婚できるような環境整備にもっと予算を振り向けたらどうなのかと思う。

結婚する若い人たちに選ばれるような地域を作ることが大事なのに、高齢者の不安を取り除くこと以上に、取り組まなければならないのにそのような予算配分にはなっていない。繰越予算の増加が指摘されているのに、相も変わらず公共投資一本やりである。

県や市も町も人口減少が経済に与える影響や、財政に与える影響は十分知っているはずなのに、前年踏襲で見直しも改革改善も取り組むことをしないで、人口減少対策がうまくいくと思っているのだろうか、集落の未来を考えるたび思うことである。

地方創生担当大臣も冷や汗の連続ではなかろうかと思う。地方から人口減少対策になるような企画が期待するほど集まっていないこともあるが、これまでと同じような公聴会を行うことが前例踏襲ではなかろうかと思う。

鳩山委員長のご一行様が上五島に来るのであれば、まずは上五島高校の体育館で生徒たちとの話し合いを行っていただき、次は各中学校での話し合いを行っていただきたい。小学校も、父兄を混ぜて行うことが地方から新しい政策の誕生につながっていくのではと思う。

これから国や地域を支えていく若者たちの声を聞かないで、これまでと同じような事ばかりしていても、期待できるような魅力ある政策は出てこないだろうと思う。昨日のドラフト会議を真剣に考えて欲しいともう。

18歳や22歳の若者たちがプロ野球を支えていくのですから、インタビュー受けている本人たちは夢を語り始めていた。大相撲は15歳の中学生たちによって支えられているのですから、地方の人口減少対策も小学生や中学生に光を当てるべきではないのかと思う。

参考資料
若者からの意見聴取について(名古屋市)
平成26年版 子ども・若者白書(全体版)
[PR]

by magome2007 | 2014-10-24 07:12

国も地方も動き始める   

c0117762_1052935.jpg

衆議院の地方創生に関する特別委員会が初めての地方公聴会を開催し、地方で頑張っている人達の話を聞くことから始められている。地方自治体においては、地方創生本部の初会合などが開催されており、人口増加対策に取り組み始めている。

農林水産業の生産性向上対策などに、新たな視点で取り組みを始められたところもあり、国も地方も人口減対策に真剣に動き始めたようである。特に後継者対策は、産業分野を問わず農林水産業から中小企業の経営者に至るまで厳しさを増している。

特に農林水産業においては就業者が年々減少しているだけでなく、平均年齢の高齢化も深刻度を増してきている。特に水産業については、経費増大と魚価低迷のダブルパンチによる雇用環境の悪化が、新規参入を厳しいものにしている。

このような状況は、ここ数年間のことでなく数十年前から指摘されてきたことでもある。後継者対策に真剣に取り組んでこなかったことが、このような現状を招きよせてしまっているのであり、これまでの取り組みの反省が求められるのである。

今の時期は全国の地方議会において決算委員会が行われているのであり、これまでの取り組みの効果についてしっかり審査していただきたいと思う。決算資料は、行政の都合に合わせ政策評価等については、良く取り組まれているとの判断が多い。

このような決算の繰り返しが、後継者を減少させ過疎の地域を拡大したのである。行政の提出する膨大な資料に目を通すことは当然であるが、これまでのような追認するだけの決算委員会であってはならないのである。

地方創生を確かなものにするためにも、明日から始まる決算委員会の取り組みは、長崎県の将来を左右する非常に重要な委員会になるのである。決算委員会の中継や過去の議事録など、多くの地方議会が公開しているのでアクセスして欲しいと思う。

参考資料
長崎県議会議事録
[PR]

by magome2007 | 2014-10-23 10:09

自転車保険の広告   

c0117762_720615.gif

自動車の保険ではなく自転車の保険の話です。最近、SNSにおいても自転車保険の広告を目にするようになって、クリックして自転車保険の説明を読んでみました。子供達が適当に自転車に乗って遊ぶには、本当にハードルが高くなってきています。

自転車事故で人身事故も多くなっているようで、死亡したケースもあり裁判で9500万円を支払うような判決も出ています。年間数千円から1万円前後まで、最高2億円の保険まであって、子供の遊び道具だと思っていた自転車の世界も様変わりしています。

警察でも自転車事故の起きないような交通指導なども行っており、学校や地域社会も一緒になって取り組まれているところも多くなってきているようです。それでも人身事故には不安が広がっており、自転車保険について真剣に考え始めています。

兵庫県においては、担当課のほうで自転車を所有する人に保険の強制加入を義務付けるような、全国でも初めての自転車保険の条例案を検討されているといった報道もあり、全国的に関心が高まっていくのではと思います。

裁判になっているケースもあり、身近な乗り物である自転車の利用に行政が乗り出してきたのです。自転車保険まで義務化になるようになれば、自転車免許も現実味を帯びてきそうな感じで、子供の世界まで影響が出始めています。

長崎は平坦な街が少ないので自転車の数も少なく、平野部の街では自転車は生活の必需品になっています。子供を二人乗せれるようになって便利になった反面、自転車保険の義務化は厳しい家計にとってありがたくない話であります。

参考資料
息子の自転車事故の賠償金9500万円
兵庫県 自転車保険の加入義務化を検討
[PR]

by magome2007 | 2014-10-22 07:22