<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

自転車で観光を   

c0117762_7235761.jpg

エコツーリズムはよくご存じだと思うますが、自転車ツーリズムとかサイクルツーリズムといったことはあまり報道されていないこともあり、多くの皆さんに知られていないようです。瀬戸内海の島々を自転車で走ることはよく報道されていたようです。

ところで自転車でゆっくり走りながら観光を楽しめる国は、ドイツが最も進んでいるようで、国内に自転車専用道路が総延長で数千キロメートル整備されていると言われており、宿泊施設やスポーツ施設など関連施設も充実されているようです。

長崎県の最大の特徴は海岸線が最も長いことと、島が多いことではなかろうかと思う。離島観光やハウステンボスを中心にした観光には、県だけでなく民間企業も取り組まれており、多くの皆さんに楽しまれていることは、よく報道されている通りだと思う。

しかし、我が国の高齢化社会をどのようにして迎えるのか、誰もが最も関心持っていることではないのかと思う。健康で長生きでき最後はぽっくり死ねたらいいと思っている人は多いと思う。そのためにも若い時から健康づくりを兼ね自転車で観光できるような環境を整備すべきではないかと思う。

五島の観光も、自転車で海を眺めながら回れるようにすれば、県外から国外から、多くの人達が訪れる魅力ある島になれると思っている。それに最近の自転車は非常に便利になっており、若者から高齢者まで十分乗り続けることのできる自転車が開発されている。

これまで車中心の社会建設を進められてきたことで、自転車の取り組みについては非常に遅れており、最近になって国は少し重い腰を上げてきた感じで、地方の雇用や新たな産業を育てるためにも、自転車ツーリズムを観光のメインにすべきではないのかと思う。

観光地周りや免税店回りの次には、日本の各地の魅力ある自然景観を自転車でゆっくり観光しながら、健康増進も兼ね、和食文化にも触れることのできる自転車観光が、高齢社会を明るく楽しい社会に変えることができるのではなかろうかと思う。

参考資料
ドイツの自転車観光
サイクルツーリズムによる地域活性化をめざして
[PR]

by magome2007 | 2014-12-21 07:23

なぜ空き家が増えるのか   

c0117762_7132038.png

空家の問題は日本全国津々浦々まで、大都市から小さな小さな集落まで、なぜそんなに空家が増えていくのだろうか。これからもどんどん空き家が増えていくのに、行政はただ眺めているだけではないのでしょうが、どうすればいいのか思案に暮れているのが現状ではなかろうかと思う。

空家の増加する原因は、独居老人の家や独身者や一人住まいの人達が多いことが、空家の増える大きな原因である。独居老人世帯は減少することはなく、全国的にも増え続けているのが現状である。空家になってしまったことを問題として対応が協議されている。

このような取り組みでは、常に後手後手になってエンドレスで回り続けていくようなものではなかろうかと思う。人口統計や世帯統計などを眺めてみると、世帯の人口は年々減少している。独居世帯が増えていることをしっかり示されている。

私の集落も同じで、以前は一軒の家に5人や6人の家族で生活されており、世帯数は200前後しかないのに人の数は家の数の5倍や6倍以上はいたのですから、どこの集落も活気があり賑やかであったことは、多くの人達が知っている姿である。

昨日のブログでも書いていますが、少子化対策を真剣に取り組み始めている自治体が多くなっていることと、空家対策はしっかりリンクされているのですから、国上げて少子化対策に取り組まなければ、人口減少は危機的な状況になっていくことは間違いないのである。

少子化対策は、若い人たちが結婚することから始まるのであり、出会いのできる環境を作るのに様々な取り組みが行われている。昔と違って男女の出会うチャンスが非常に少なくなって、一人住まいの住宅やマンションが多くなっているのである。

結婚することで子供が生まれ、2人や3人生まれることが人口減少に歯止めをかけ、空家も次第に減少していくのではなかろうかと思う。生まれてくる子供たちを受け入れる環境を早急に整備することは、全国的に取り組まれているが、思うような効果を出すまでに至っていない。

地方に企業を移転させることが言われているが、強権発動でもしなければ簡単に進むとは考えられない。人口減少と空家対策を考えたとき、一極集中を排除することは50年先100年先の国のことを思うとき、政治の力で進める以外にないと思われる。

参考資料
ながさきめぐりあい
自治体の「婚活」事業
[PR]

by magome2007 | 2014-12-20 07:14

赤ちゃんの泣き声は   

c0117762_763013.jpg

赤ちゃんの泣き声を聞かなくなってしまった集落は県内にも多く、全国では凄い数ではなかろうかと思う。随分前に過疎の先進地に行ったときに、おしめ干している光景を見たこともなく、赤ちゃんの泣き声など聞くこともなくなってしまったなどと話されていた。

そんな集落は高齢化の大波に襲われ、限界集落に向かって速度を速めている。そんな厳しい現状を受けて、国は総合戦略において50年後の人口1億人を確保するといったことを明らかにし、そのためには出生率を2.07を目指すことが必須条件だと言っている。

これまでも、厚労省を中心に様々な取り組みを行ってきているのに、結果を思うように出すこともできずに少子高齢社会に向かって突き進んでいる。今回の政府の人口減対策の結果を出すためには、これまでのような対応では結果はすでに見えているのではと思う。

一方、地方においては静岡県のように、県庁内に無料の一時預かり保育施設を開設され、県民へのサービス向上に取り組まれているのである。県庁内の保育施設は、県庁職員は有料で、来庁された県民の皆さんは無料で行っているとのことです。

香川県議会においては、少子化対策推進条例の制定を目指しており、その中におせっかい運動についても議論されているようです。県民総ぐるみで結婚の機運を盛り上げようといったことで、来年の2月県議会で議決し、4月からの施行を予定されているとのことです。

その他にも、山口県こども未来課においては、山口県オリジナルの婚姻届を作られ、ネットで無料配布されているそうです。一人でも多くの皆さんが結婚するチャンスに、恵まれるようにといった思いが込められており、全国すべての役所に提出できる正式な婚姻届けでもあります。

長崎県は全国トップの人口流出県であり、他県の取り組みに負けないような企画立案力が求められているのではないのかと思う。県議会においても人口減対策は、知事部局と競争しても県民の期待に応えることのできる取り組みを強めなければならない。

参考資料
人口減少対策など有識者と意見交換/県が懇談会
人口減、地方創生どう取り組む 福井の新選良4氏に聞く
地方創生「総合戦略」の原案まとまる
[PR]

by magome2007 | 2014-12-19 07:17

議員報酬を減額?   

c0117762_7221663.jpg

県議の報酬を減額しましょうかといった議論が行われており、来年度の予算に間に合うように結論を出すようになっている。選挙前で減額すべきだといった意見には同調しやすいのだが、議会としてもっと無駄を削るべきだといった意見は出てこない。

もともとの発端は、知事や副知事等の報酬減額の話から、議員報酬の減額の話に繋がってきたようです。大阪の知事や市長は退職金はいらないといったことが報道されているが、このような話は長崎県では全く行われていない。

県議報酬の減額より、もっと効率を上げるべき事務事業改革を行うことで、県庁のコスト削減が大きく行われるのに、そのような取り組みにはできない説明ばかり行い、議員も取り組むことに尻込みする傾向が強く、現状維持で落ち着いてしまうのである。

武雄市の小学生がタブレットの活用で理解が速くなり、子供たちの間では反復学習も簡単にできることから、全国各地から視察に来られている。県の予算書や事業計画など県民の知りたい情報を簡単に、議員が説明できるようにするためにも取り組むべきである。

現在、Web会議の初級編を関心持っている皆さんで学習を始めているが、県庁にサーバーを置いて取り組むようにすれば、完全なペーパーレスに移行できるのである。県庁職員も、これまでの資料よりもっと県民に分かりやすい資料作りが求められるのである。

イラストや漫画を使った資料作成も必要で、これから求められる新しい分野ではなかろうかと思う。財源が厳しくなっていく中で、報酬や給料の削減をお行うことより、無駄な予算の見直しを行うことで数億円のコスト削減が行えるのである。

7千億円の予算の中で無駄な予算削減に取り組むことが必要であり、報酬削減が納税者に受けることは十分承知しているが、予算の無駄を省くことは議員の最も重要な業務であり、それをしなくて報酬カットだけの議論は本末転倒ではないのかと思う。

予算審査における議会の現状を見ると、予算の説明を受けるのが主でコスト削減に繋がるような提案は行われることがない。全国多くの地方議会で予算議案の原案可決が多いのは、議員の予算議案に対する詳細な内容まで理解していないからである。

関心ある全ての県民が予算議案に対する詳細なデーターを見ることができるようになれば、議員報酬などの減額より取り組むべき内容の多いことが良く分かるはずである。その後に、報酬削減や給料等について県民目線で行うべきだと思っている。

参考資料
Web会議システム
都道府県の議員報酬番付
[PR]

by magome2007 | 2014-12-18 07:31

Instagramは面白いですね   

c0117762_823075.gif

InstagramがTwitterを上回ったといった報道で、なんでそんなに急激に拡大していったのだろうかと思い、一週間前にInstagramに登録してみた。これまでもSNSのいくつかを利用させていただいていたので、Instagramの手軽さもよく理解できた。

iPhoneやsmartphoneなどのカメラの性能が格段に良くなっていることもあり、文章表現じゃなく写真や動画中心の投稿サイトと思っていただけたら、だいたい理解していただけるのではと思う。やってみると本当に簡単で楽しいんです。

片手で写真撮って直ぐに送信するまでの時間は10秒程度の時間で十分である。写真や動画に文章つけると、文章書く時間だけが長くなるだけである。文章以外に絵文字や顔文字も利用できることが、意外な展開を見せているのではないのかと思う。

公開されている海外の参加者たちの写真や動画を見ることによって、いいねをクリックすることで海外の参加者たちと簡単につながってしまうのである。これまでは文字中心だったので、外国語の壁を超えることができずに、国内から出ることができなかった。

やってみて思ったことは、絵文字や顔文字でも意外とコミュニケーションが取れるんだといったことに気づき、外国の人達と自由に絵文字と顔文字で交流できることは、退屈な時間から多くの人たちを解放してくれるのではないのかと思う。

文字中心から写真や動画中心だと片手で簡単に行えるのでるある。これまでも携帯電話の時から片手で入力されていることは知っているのですが、lineを活用しているような感じで、海外の多くの人たちと簡単に行えることが面白いのである。

全てが順調に発展していってほしいのですが、ネット販売も国境を超えており色んな問題や事件などに巻き込まれないような、安全で安心して利用するためのノウハウを学ばなければならないと思う。それにしてもデジタル機器の進歩は本当に早すぎる。

参考資料
InstagramがTwitterを上回ったのはナゼ?
Instagram(インスタグラム)をはじめよう:使い方徹底ガイド
[PR]

by magome2007 | 2014-12-17 08:25

地方創生待ったなし   

c0117762_65783.jpg

石破地方創生担当大臣の留任で地方創生への取り組みが速度を速め、来年度予算に反映させるため地方の声に耳を傾ける日が連日続いていくだろうと思う。地方から出す声も、これまでのような行政中心や審議会や協議会等のような対応では思うようにいかないのではと思う。

これまでの自治体の取り組みを眺めていても、行政中心で民間の委員を集めたり部会を作ったりしても、これまでのような取り組みでは同じような結果しか出てこないだろうと思う。竹下内閣の時も、同じような対応が行われていた。

今回も過去の例に倣って取り組まれているところも多く、地方創生が目玉政策として輝くためには、住民代表や民間の委員等を役所の会議室や、近隣の会議場などに集めるのではなく、行政が出ていって多くの住民から意見を聞くことではなかろうかと思う。

行政がこれまで行ってきたことは、住民の意見に真摯に耳を傾けることはなく、最後は行政のものの考えでまとめてきたことが、これまでの大方の取り組みであった。住民の意見は法律や規則などに合わないばかりか無責任の内容が多いといったことも言われていた。

住民のための法律や規則が逆に住民を縛るようでは、地方創生の新たな展開を見出すことはできないのではないのかと思う。法律も規則も邪魔になるようであれば、改正や見直しを求めることも地方創生を成功させるための重要な取り組みであると思う。

住民のための地方創生が行政のための地方創生にならないためにも、行政はこれまでのような取り組みについて、改善すべき点や見直すべき点など十分に反省すべきだと思っている。住民の生活の場や集落に出ていくことが重要なことだと思う。

今回の選挙の投票所のように、各地区の公民館や集会所を活用することで、多くの住民の意見を聞くことができるのであり、そのような取り組みを行うことがそれぞれの集落の未来につながり、市や町の未来図を描く作業になっていくことは間違いないはずだと思う。

選挙の時はできて、集落や市や町の未来について取り組むことができないとはならないはずである。選挙の時のように、全ての市や町が取り組むなら、間違いなく地方創生は地方の時代を引き寄せ、人口減少が止まることに大きく貢献することになるはずだと思っている。

参考資料
流山市タウンミーティング
[PR]

by magome2007 | 2014-12-16 07:14

安倍自民党圧勝   

c0117762_755128.jpg

今回の選挙報道については、報道する方がいつもの取り組みのようだったのに、有権者の反応が非常に冷めていたのではなかったのかと思う。それにしても投票率の伸びがなかったことには残念だといった思いが強く、県知事選の投票率の悪さも重なってしまった。

政治に夢や期待を込めることができなくなってしまったのか、有権者の冷めてしまった政治への関心を何とかして呼び戻せないものかと思う。特に経済対策については関心の高い政治課題であったはずなのに、投票率を高めることにつながらなかった。

むしろ、中国や韓国の反日政策や反日活動が、多くの国民の投票行動に表れてしまっていたのではなかったのかと思う。尖閣の問題から小笠原のサンゴ密漁の問題までの間、中国における日本製品のボイコット運動や、日系企業に対する破壊活動など忘れることができない。

韓国においても、中国以上の反日政策や反日活動にも目を背けたくなる報道が連日続いている。このような問題や課題に対する政策も安倍自民党の圧勝に貢献したのではと思う。アベノミクスの効果においては、大企業中心に経済効果は大きく、安倍政権の特徴を際立たせていたのではないのかと思う。

中国や韓国の反日政策は政治主導で行われてきており、国内政策以上に反日政策を最重要政策として取り組まれてきている。特に韓国においては日韓友好を口に出すことすらはばかるような現状で、強い政権誕生を安倍自民党に求めたことも圧勝の要因だと思う。

国内問題も同じように厳しい局面が続いており、安倍自民党に期待する多くの国民の要望に応えていただきたいと思う。特に人口減少で多くの問題や課題を抱えている地方にとって、地方創生は政府の責任で中央省庁の岩盤を砕いてほしいと思う。

今回の安倍自民党の圧勝で、様々な岩盤になっている政官業癒着や強固な規制などをことごとく打ち壊していただき、新しい日本の国づくりに取り組んでほしいと思う。超高齢化社会や減少する人口問題等に、全世界が注目するような大胆な政策で取り組まれることを期待するのみである。

参考資料
2014衆議院選挙
[PR]

by magome2007 | 2014-12-15 07:10

SNSの活況について   

c0117762_6292234.jpg

SNSの世界は、鳥や動物たちの世界に近づいているのではないのかと思うほど、国境のない世界になりつつあるような気がしてならない。私が初めて接したのはmixiで、この世界は日本語の世界であり、日本全国の皆さんが交流できる内容である。

このmixiの世界で数年間多くの皆さんと交流をさせていただき、知らなかった世界について多くのことを学ばせていただきました。そのおかげで、twitterやfacebook、instagramなども簡単に活用できるようななっていました。

mixiの世界から画像を中心にしたinstagramの登場は一気に世界中を巻き込んだ感じさえしています。それは画像中心の世界を作り出し、言葉を乗り越えた新しい世界の登場ではないのかと思う。音楽が世界中の民族を超えていったことと似ているような感じです。

政治が外交や防衛で厳しい選択を強いられている世界では、考えられないような交流が活発に行われており、人類の共通の願いである平和な一つの地球に近づいているのではと思う。多くの国々の国民の思いが様々なSNSに映りだされているのではなかろうか。

今日行われる選挙においてどのような結果が出てくるのか分かりませんが、少なくとも隣国同士が角突き合わせていることを無くし、政治の世界における交流サイトがあってもいいのではと思う。政治の世界における国の姿を守ることは当然であるが、交流サイトの姿も知って欲しいと思う。

新しい世界の幕開けは、意外と政治の世界より交流サイトの世界から、政治の世界に新しい風が吹き始めるのではなかろうかと思う。アラブの春のような現象が世界のあっちこっちで見られるようになるのではと思う時が多くなってきている。

アラブの春の時のtwitterは凄い活躍をされ、iPhoneや携帯電話による交流が、新しい世界を誕生させることを証明されたのもアラブの春ではなかったのかと思う。今回の選挙でも多くの交流サイトによる動きも見られ、日本の政治の世界も変わり始めるのではないのかと思う。

参考資料
ソーシャル・ネットワーキング・サービスの一覧
SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の仕組み
[PR]

by magome2007 | 2014-12-14 06:34

地方の声は届くのか   

c0117762_7542297.png

選挙も最終日を迎え、いよいよ明日は投票日、国内だけでなく多くの国の関心も高く、隣国に至っては国内の選挙以上に影響が大きいような報道も見られる。これまでの政権と違って、中国や韓国の揺さぶりにぶれないことが高く評価されている。

欧州を見れば、隣国との交渉は非常に敏感で、何度も戦火を交えてきたことからも分かるような気がする。英国を除くと多くの国々が地続きであることも、我が国と違った外交政策の姿ではないのかと思う。海で隔てられていても、今の時代は物理的にはあまり関係ないようでもある。

後は我々の意識改革の問題ではなかろうかと思う。これだけ交流が活発になっても海峡の持つ意味は、急激に変わることのないことも教えているようでもある。今回の選挙において、外交や防衛問題はあまり争点になることもなかったが、なかでも地方創生は重要政策であったと思う。

これまで地方の振興には、活性化や再生といった言葉が良く使われていたのに、掛け声だけが選挙後は一人歩きを続けてきている。今回も同じようだと困るのであり、当選された政治家の皆さんが総力で取り組むべき最重要政策ではなかろうかと思う。

高齢化の波は大きくなり、地方においては山も田も畑も荒れ放題になり、若者の姿の減少は止まることを知らない。このような問題を放置すれば、災害の発生が大災害につながる可能性が非常に高くなり、移り住む場所すらなくなってしまうのではないのかと思う。

今回の選挙で有権者に訴えられた政策については、当選後の政治の取り組みに活かす覚悟を持って臨んでいただけるものと期待をしているのである。子供と高齢者の夢と希望の持てる社会は、現役の皆さんにとっては、安心して働ける社会でなければならない。

参考資料
衆院選、各党の選挙公約を比較
各党の地方創生
[PR]

by magome2007 | 2014-12-13 07:59

事業効果の最大値を   

c0117762_7584397.jpg

昨日で総務常任員会兼総務分科会の審査は、残っている予備日を使うこともなく無事終えることができた。今回の審査を通じて感じたことは、職員の事業効果に対する最大値を目指すのではなく、政策評価で納得されているのではないのかといったことである。

政策評価については良好な内容の説明であり、長崎県の目指す最重要政策の目標達成が間違いなくできてしまうのではと思うほどである。どこで最重要政策の取り組みの歯車が噛み合っていないのか、議会も一緒になって原因究明を行うべきであると思う。

ところが、これまで長いこと県議会は追認機関だったことで、行政の下請けをすることが県議会の使命だと考えているような議員もいて、議会の中においても歯車が噛み合ってこない。色んな意見があっても、目指すべきは県勢浮揚である。

数十年前から人口流出や県民所得向上等について取り組まれているのに、毎年同じことの繰り返しを行っているのではないのかと思うようなことが多く、県民の期待するような故郷長崎県の姿に近づけることができないでいる。

農業や漁業の衰退は止むことなく続いており、どこかで政策の転換を図るべきではないのかと思うのである。国が進める方向は理解できるとしても、人口流出が止むことがなく後継者や就業者の確保が非常に困難になってきている。

産業教育を見直すことも含め、子供達の将来の選択肢を広くすることも真剣に考え、離島や山間部における生活の魅力等についても学ぶ必要があるのではと思っている。そのためにも都市部の子供達が島や山にいつでも出かけられるような環境整備が必要であると思う。

英語教育の低年齢化に取り組むより、長崎県で生まれ育った子供達が故郷で夢や希望を描くことのできるようにすべきであり。毎年繰り返される予算執行が県勢浮揚を図り、新たな政策が重要政策となる長崎県にすべきではなかろうかと思う。

参考資料
経済財政諮問会議の資料
変わる自治体の予算編成
[PR]

by magome2007 | 2014-12-12 08:13