<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧   

限りある予算の配分は   

c0117762_7482399.jpg

今日は、委員会の最終日で総務部、危機管理監、秘書広報局の予算議案を初め条例議案等の審査を行うようになっている。昨日は企画振興部の審査で、長崎県の戦略を描く重要な決定をされている担当部であり、今日はその戦略に予算を配分する総務部の審査である。

予算を配分するのも大変な作業であると思うのだが、単年度の予算審議に重点が置かれていることは間違いないことで、中期長期にわたる政策の結果まで見極めることが非常に厳しく、単年度予算配分で限界なのだろうかと思う時もある。

単年度の予算事業の積み重ねが長崎県の現在の姿を作っていることからも、過去から未来に繋がっている現在の予算がどうなければならないのか、議会のチェックが入らなければならないはずなのに、思うような質疑が行われていない。

委員会における質疑の中で、予算編成や事業予算の効果や影響等について詳細な質疑が行われるのは、それぞれの常任委員会を中心にした予算分科会であり、その中において議員の使命である予算のチェックが行われなければならないと思っている。

しかし、委員会を早く終えて欲しいといった議員もおり、年間通じて行われる委員会活動のブレーキになっているケースも見られるのである。今回のような選挙が重なる時もあり、議会の日程については十分に対応できるのである。

選挙応援と議案の審査をごっちゃにされると非常に困るのだが、日程については議会運営委員会で各会派の皆さんの意見を聞きながら最終的な決定が行われるようになっている。この結果が、今回の日程であり、明日は予備日として緊急な事案にも取り組めるようになっている。

ところで予算編成において、総合計画や事業予算の効果や結果について詳細な検討作業が行われているはずなのに、県民が期待するような魅力ある長崎県になっていないことは、県議会に責任の一端があることを考えなければならない。

人口減少や雇用、県民所得など数十年前から取り組んでいるのに、思うような結果も効果も出ていないことに、予算配分される総務部の皆さんにとっても非常に厳しい試練の時期ではなかろうかと思う。限りある予算の最大効果をめざし、各部局から出てくる政策から5年10年後の長崎県の姿を描いてほしいと思う。

参考資料
長崎県の財政
長崎県を元気にするための予算
[PR]

by magome2007 | 2014-12-11 07:51

長崎県の夢実現   

c0117762_6585770.jpg

今日の総務常任員会における予算議案等の審査は企画振興部で、長崎県の長期戦略をまとめるところであり、10年20年後の長崎県の未来を大きく左右する担当部でもあり、現在、平成28年度から始まる長期計画について取り組まれている。

これまで、それぞれの知事が取り組まれた総合計画には、長崎県の将来ビジョンが描かれており、働く人達にとっても、生活される人達にとっても、長崎が最も素晴らしい故郷であり続けることが描かれていたはずである。全ての分野にわたってそうなっていたはずである。

ところが、人口流出は長崎県のお家芸であり続け、離島の産業は公共事業中心になってしまって、時の政治に翻弄される不安定な職場でもある。第一次産業の衰退が離島から若者を大都市へ追いやって、過疎の町が続出している。

県庁に採用された皆さんも、高校や大学卒業される時に就職活動をされ、将来の生活を真剣に考えられてきたはずである。希望に沿うような職場なのか、結婚後の子育ては大丈夫なのかなど考え抜かれた結果、公務員試験にチャレンジされたのではないのかと思う。

そのような職員の集まりが長崎県庁であり、県民の将来に不安のない長崎県に発展させるはずではなかったのかと思う。入庁当時を思い出していただけたら良く分かるはずだと思う。なぜ、若者が長崎県を選ばないのか、県庁で働かれている職員の皆さんはどう考えているのだろうかと思う。

長崎県で生まれ、将来も長崎県で過ごしたい人達がなぜ長崎県を選ばなくなってしまったのか、その結果を真剣に考え、これからの長崎県のあるべき未来を描いてほしいと思う。長崎県の魅力は大都市にないものがあり、活かすことができなかったのではと思う。

もう一度、青春の夢や希望に燃えていた時の思いに立ち返って、長崎県の若者たちの夢や希望に応えることのできるような計画をぜひ作っていただきたいと思う。長崎県の未来は若者たちの手の中にあることを忘れないでほしいと思う。

参考資料
長崎県総合計画の概要
総合計画の都道府県別一覧
[PR]

by magome2007 | 2014-12-10 07:05

紅虎での夕食   

c0117762_6344398.jpg

昨日、久しぶりにちゃんぽん食べに行こうと思ったら、女房が夢彩都に鳥栖のアウトレットにある中華のお店が開店していることを教えてくれたので、早速行ってみたら次から次とお客さんが入れ替わっており繁盛しているようだった。

ウインドウのメニューのサンプルを見ながら、長崎にないメニューが多く市民にどこまで浸透するのやろうかと思って眺めていた。お店に入ってテーブルに置かれているメニューを見ながら、写真の料理にたまたま一致してしまった。

周りのお客さんたちは違う料理を美味しそうに食べられており、夕食時の風景は何とも言えない癒される雰囲気があった。県外からの出店は紅虎の隣にも予定されており、夢彩都の食堂街は数店を除き県外のお店が多くなっている。

県外のお店の進出に対する地元のお店には頑張っていただきたいのであり、長崎県の食の文化や新鮮な魚介類の料理など長崎ならではのメニューも多く、県外のお店の進出が地元の料理をひきだたせるようになってほしいと思う。

やっぱり長崎の麺類は最高だとうならせるような料理も提供していただきたいのであり、観光客の皆さんが長崎に行ったら、長崎の名の付く料理を食べたくなるようになって欲しいと思う。そのためにも県民総力で知恵を出していけたらと思う。

あなた任せではなく一人一人の県民が地元の食材を使った、伝統料理や地元の料理に関心持っていただき磨き続けていかなければと思う。食は観光客にとっても非常に重要な要素であり、観光施設だけの改修等だけでは満足を提供できないのである。

ハードに偏る傾向の強い行政は、これからの取り組みについてソフト分野を強力に育てていってほしいと思う。そのためにも昼食や夕食の外食も積極的に行っていただき、地元の料理の一層の発展に貢献していただきたいと思う。

参考資料
長崎卓袱料理
長崎のグルメ
[PR]

by magome2007 | 2014-12-09 06:47

農業政策は具体的で分かりやすい   

c0117762_7241979.jpg

我が国の食料自給率は目標を下回ることが常態化しており、農水省の発表する食料自給率には多くの国民が関心示さないようになってしまっている。海外からの輸入にそれほど抵抗がないようになってしまったのか、それともそれが戦略だったのか良く分からない。

しかし、輸入食品の事件等に対する国民の反応は敏感で、スーパーで手に取って輸出国を確かめることなどごく普通に行われている。国内で生産される食品については、想像以上にこだわっているところも大きく、食糧生産産業には関心が高いことを示している。

今回の衆議院選挙において米どころの東北北陸においては、各政党も各候補者も汗流しながら農業政策を訴えている。新聞紙面から伝わってくるのは、本当に真剣になって訴えている候補者たちの様子なのに、当選してしまうと熱気が一瞬にして冷めてしまうようでもある。

国民が瞬時に反応する食品の事件や事故の報道とは、違った一面を選挙は見せているのだろうかと思う。選挙の時の政党や候補者たちの訴えていることが、当選後の政治家の使命であり政策実現に全力で邁進すべきである。

ところが、どの政党も候補者も後継者が育っていくんだと言っているのに、農業後継者は年々減少しており生産額も減少している現実を、どのように有権者に説明しているのだろうか、このような光景は今回初めて見られるのではなく数十年間続いているのである。

農業だけでなく雇用や経済対策等においても全く同じような事が言えるのである。当選後、東京の永田村に集結される政治家には、永田村から見える赤坂や六本木のネオンに、選挙区で訴えていたことが消されてしまうのだろうかと思ってしまう。

長崎県の抱えている問題や課題も解決されることもなく、人口流出や過疎化の進行は目に見えるようになっているのに、永田村も江戸村も同じような環境なのだろうかと思う。政治家の意識改革は待ったなしであり、明治維新に勝る改革を進めることが待たれている。
※長崎県議会は長崎市江戸町にあります。

参考資料
<衆院選>秋田の農業 誰に託す
(分かつ国:4)攻めの農政、誰のため 農業 2014衆院選
[PR]

by magome2007 | 2014-12-08 07:24

選挙用語で済ますな   

c0117762_8264684.jpg

長崎県の雇用や県民所得については全国でも非常に厳しく、若者にそっぽ向かれるような現状をどうにかして早く改善しなければと考えているのだが、思うよな結果をを出すことができずにいる。長期構想や振興計画など取り組んできているのにです。

今回の選挙も雇用や所得のことも重要政策として、各政党も各候補者も訴えているのだが、一向に良くなってこない。どの選挙でも耳触りのいいことが多く、開票結果が出てしまうとリセットしたかのように消滅してしまうのではないのかと思う時もある。

地方議員も似たようなことを言っており、長崎県の雇用や県民所得にも取り組まれているのに、人口減少は数十年間歯止めをかけることもできずにいる。どこに問題があり原因があるのか、それは選挙で当選した議員に多くの問題があることは間違いないと思っている。

選挙期間中に訴えている内容は、多くの有権者の皆さんも納得されているのではと思う。国、地方の議員全ての皆さんが取り組まれていることが、なぜ実現しないのかと疑問に思っている人も多いのではと思う。

議員と片方の国と地方の公務員は採用されてから定年まで職場が保障されており、議員の提案に簡単に応じるような対応をしないのである。選挙の時の訴えを実現するためには、官僚や行政職の人たちに議員生命を賭け、政策実現に取り組まなければならない。

議員の使命は選挙の時の政策の実現は当然であり、官僚や行政職の皆さんの作った事業予算の効果についても、厳しいチェックをし逆提案等も積極的に行うべきである。選挙で選ばれた議員の使命は、官僚や行政職皆さんの掌に載せられることではない。

選挙の時に配られる資料は、ごみ箱に捨てずに次回の選挙までトイレの片隅にでも貼ってほしいと思う。それが次回の選挙の時の重要な資料になり、地方創生は議員の訴えたことを実現することで、官僚も行政職の皆さんも一緒になって取り組むことである。

そのために選挙で政党や候補者を選ぶのであり、街頭で演説される内容は政治家の命を明らかにしていることと同じであると思っている。長崎県の雇用や所得向上が思うように結果を出せないのは、県議が県庁職員の掌で遊ばされているのではなかろうかと思っている。

参考資料
京都市選挙管理員会
長崎県選挙管理員会
[PR]

by magome2007 | 2014-12-07 08:36

海岸線日本一を活かそうよ!   

c0117762_713053.jpg

海岸線の最も長い長崎県は、地形も複雑で非常に魅力ある景観を醸し出しているところも多く、母のような優しい内海から、男の荒れ狂うような外海まで眺めながら楽しく歩いたり、自転車でゆっくり動き回るようなことに取り組まれてもいいのではと思う。

特に最近は、観光客の誘致に取り組まれている自治体は多く、円安で年末は海外からの観光客も多くなってくるのではと思う。観光産業の拡大は大都市から地方都市や離島や山間部まで、多くの皆さんが取り組まれているのである。

ところで、観光地の開発も随分取り組まれてきたことで、観光客ばかりでなく地元の市民や町民にも恩恵が及ぶような取り組みを考えてもいいのではと思う。長崎県は持てる素材の活かし方が今一つで、県全体の自然を活かしきっていないようでもある。

日本全国津々浦々に至るまで高齢社会の真っ只中で、健康で長生きしていただかなければならないことは、全ての皆さんの思っていることである。そのためには健康な生活ができるような取り組みをすべきであり、県内を自由に動き回れるようにすべきである。

レンタカーばかりでなく、二人乗りの自転車や、子供たちと一緒になって回れるような自転車などのレンタルだけでなく、乗り捨てもできるようなシステムの導入なども考えるべきだと思う。そのためにも自転車専用レーンを充実させるべきではないのかと思う。

エコの乗り物で健康に良く、電動自転車などもあり楽々走れるのであり、宿泊施設などもネットワークできるようになれば、利用される人は多くなってくるのではと思う。年金を下げ医療費を上げるばかりでなく、健康を維持できるような環境を整備すべきではないのかと思う。

長崎県一周が自転車でいつでもできるような環境が整ったら、全国から多くの皆さんが来られることは間違いなく、風光明美な長崎県の素材が活かされるのである。健康で楽しく生活できる提案を長崎から発信してほしいと思う。

参考資料
車椅子自転車
自転車ツーリズム
自転車乗用に関する調査研究事業
[PR]

by magome2007 | 2014-12-06 07:18

生活環境整備事業の取り組み (2)   

c0117762_6483859.jpg

新上五島町内において公共下水道の整備が行われているところがなく、生活排水を浄化して流すような取り組みは遅れてしまっている。合併処理浄化槽の設置は見られるものの、観光地としての魅力アップには未整備を放置することはどうかと思っている。

特に合併前の旧町の中心の市街地において、昔のままの生活排水路が未整備のままになっているのは、行政の戦略のなさをさらけ出しているのではと思う。今回、議会広報誌を全ての家に手配りしながら、雨の日も歩きながら観察してきた。

生活排水路の様子もよく観察しながら歩いてきたので、未整備の地区とそうでない地区の差は大きく、うまく流れないところは生活排水の匂いが漂っており、観光地として交流人口拡大を目指す島の姿としては早急に改善すべきだと思う。

随分前の話だが、住宅地造成時には集落排水を行うべきだといった提案をさせていただき、その時の対応は今でも忘れることはない。当時は、農村や漁村の集落排水事業が全国の町や村で取り組まれており、五島の島においても取り組むようにすべきだといったこともあった。

しかし、生活排水についての取り組みは数十年前とあまり変わることもなく、道路整備や漁港整備の予算確保に費やされている。特に高齢化の中での生活排水事業の説明会は大変だと思うのだが、取り組むことで動き出すのではなかろうかと思う。

生活排水処理は、島の生活の魅力を増すことに繋がり、島外で生活されている多くの皆さんにも、自信もって帰るような働きかけを行うことができるのではと思う。世界遺産の島になることで、生活環境整備に取り組まれるきっかけにしていただけたらと思う。

参考資料
循環型社会形成推進地域計画目標達成状況報告書 - 新上五島町
新上五島地域循環型社会形成推進地域計画
[PR]

by magome2007 | 2014-12-05 07:01

生活環境整備事業の取り組み   

c0117762_7482439.jpg

離島山間僻地ばかりでなく、都市部においても高齢化は進み、若い時には何でもなかった段差に転ぶことも多く、怪我された人の話も聞くことが多くなってきている。原因は年老いた人たちからの要望が少ないことが原因なのかと思う。

選挙区の中を端から端まで歩いてみると、年老いた人には厳しい階段も多く、若い時には何ともなかった一段一段の段差が気になるところである。改修するには自己負担で行うところが多く、空き家になっていく要因でもある。

随分以前からバリアフリーの取り組みが多くの市や町で取り組まれていることもあり、全体的には改善されているところも多くなっているのだが、まだまだ残っているところもあり、そろぞれの地域の担当職員が見て回ることが必要ではないかと思う。

もっともいい方法は、市や町の職員が広報誌を直接配って回ることが最善の方法ではなかろうかと思う。そうすることで地域の高齢者の皆さんの小さな声を聞くことができ、これまで気づくことのなかった改善すべき個所を知ることになるのではと思う。

全国津々浦々を初め大都市においても、高齢者の皆さんは減ることはなく増えていくのであり、小さな集落から大きなマンションまで、見直すべきところは多くあると思う。市内のマンションの改修に取り組まれているところを見ると、なるほどと思うことが多い。

これまで車いすでの生活では不便を感じることもなかった小さな段差を改修され、ちょっとした段差で転ぶことのないようにしているのである。それにデーサービスを利用する人も多く、杖ついて歩く人も多いのである。

生活環境整備には、これまでのような公共事業と違って、利益が多く出るような工事が少なく、行政の方も自己財源を活用することが多く、意欲的な取り組みを行うところは少ないと思う。これからの行政に求められてくることは、このような分野のものが数多く寄せられてこなければならないのではと思う。

参考資料
バリアフリー2015
バリアフリー旅行 スイス鉄道の旅
フランス バリアフリー写真
[PR]

by magome2007 | 2014-12-04 07:58

陸上養殖の取り組み   

c0117762_5434190.jpg

魚介類の陸上養殖については、10数年前から議会で取り上げ県水産部の取り組みを要請してきたのだが、一向に実現する様子が見えてこない。以前は頻繁に水産試験場にも顔出していたのに、実用化への取り組みが進まない姿にいつしか足が遠のいてしまった。

自然界の魚を人間の都合に合わせて漁獲するような方法は、当時から非常に厳しいと考えていたが、現実にマグロが規制対象になってしまった。世界各国で豊かな食生活をするようになれば、新鮮な魚介類の輸出入は活発になり、資源の枯渇は目に見えてくるのである。

このような流れの中で陸上養殖に取り組むことは、魚介類の完全養殖の実用化に向かって進むことに繋がるのであり、多くの漁村の新しい雇用形態を作ることに繋がっていくはずだった。特に離島においては漁港背後地を活用できるのである。

漁港背後地の活用についても、民間企業が利用できるようにしていたのに全く機能することがなく、塩漬けの漁港背後地として野ざらしになっている。自由に活用するためには、補助金適正化法をクリヤーすることが難問だった。

このような取り組みを行ってきたことも全く活かされることもなく、陸上養殖の取り組みは遅れてしまっている。水産県長崎の未来は陸上養殖を新たな産業として、全国の都市に魚介類を提供することを目指すべきではなかったのかと思う。

長崎県は国や大学の研究機関が隣同士で非常に恵まれているのに、このような環境も活かすことができなかったのである。実用化に至るまでに魚種や孵化技術などの研究を行い、どのような陸上養殖がベストなのか取り組むべきだった。

近大のマグロ養殖が注目されているが、この研究は40年近く行われていると言われている。長崎県の水産の未来をどのように描いていたのか、水産部の戦略について間違いはなかったのか、改めて問いたいと思う。

参考資料
陸上養殖は環境に優しい技術
陸上養殖について
[PR]

by magome2007 | 2014-12-03 05:50

10年後・20年後…の社会   

c0117762_623287.jpg

衆議院議員選挙の公示がされ、各候補者の皆さんが一斉に街頭で政策を競われるのである。我が国の10年後、20年後、30年後のあるべき姿を目指す政策もしっかり訴えて欲しいと思う。特に地方創生においては重要であると思っている。

世界の国の中で地方の衰退が日本のようにみられない国においては、常に30年後や50年後のあるべき社会を考えることに取り組まれていると言われている。地方の衰退は10年20年で今のようになったわけではなく、戦後の経済政策から始まっているのである。

将来の地方のあるべき姿を各候補者たちは、どのように有権者に訴えられていくのか聞き漏らすことのないようにしなければと思う。特に我が国の政策は、東京中心に回っており人口の少ない離島や山間僻地は円の外周に置かれているのではないのかと思う。

2年前の選挙で各候補者たちが配られたリーフレットを読んでみると良く分かるのである。当選してしまったら選挙区に置きっぱなしで、東京を中心にした政策に飲み込まれてしまっている。これでは地方創生は本当に大丈夫なのかと思う。

特に最近は、官僚の出身は東京を中心にした関東地方が多いと言われており、地方の現状を知らない人たちによって事業計画が立てられ、そのような事業予算で地方が回っているのである。そのような事業の見直しを今回立候補されている人たちが行わなければならない。

地方創生を掛け声だけで終わらせないためにも、選挙区で叫ばれた内容と、当選後の政治活動をしっかり関心持ってチェックしてほしいと思う。全国の地方都市から出ている政治家の皆さんが、大都市中心の政治家を地方中心の輪の中に引っ張り込んでほしいと思う。

政治の世界において地方創生を確実なものにするには、官僚に対してしっかり物言える地方からの政治家を誕生させなければならない。今回の選挙において地方の衰退を止めるためには、東京から伝わってくるのではなく、今日から選挙区でしっかり叫んでほしいと思う。

参考資料
(声)「将来の国民」を思って投票して
国の将来像がわかる堂々の論戦を
きょう公示 誤りなき日本の未来定めたい
衆院選きょう公示 危機克服を論じる機会に 成長戦略の確立が不可欠だ
(衆院選)きょう公示―白紙委任にしないために
衆院選きょう公示 国民が主導権を握ろう
[PR]

by magome2007 | 2014-12-02 06:29