<   2015年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

水産業復興対策(1)   

c0117762_6424374.jpg

島の中でも空家の多い場所に共通するものがあるとすれば、それは産業構造の変化ではないのかと思う。漁業の盛んな時の漁村の姿は、日本の景気に左右されない強いところもあって、各漁村は新築ラッシュで活気ある島の様子を見せていた。

どんな小さな集落も遠洋旋網の漁船に乗り込んで働く人が多く、生活に不安を持つようなことはなかった。当時は水産県として長崎県は全国のトップを走り続けており、漁船関係の造船所を初め、機械メーカーから漁網メーカーなど活気ある産業群を形成していた。

長崎県の水産業の姿から韓国や中国の漁業関係者達が学び始め、同じような取り組みを始めてから漁場での競争が激しくなり、徐々にその影響が見られるようになってきた。このような変化に対する国の支援はなく、業界全体が衰退傾向に歯止めをかけることができなかった。

遠洋旋網の漁港は船団の数が減少を初め、現在では全盛期の10分の1以下になってしまっている。当時の面影は遠洋旋網の基地だった場所に行くことで、当時の漁港の姿を偲ぶことができるのではないのかと思う。漁業の衰退の影響は漁村の人口流出を加速させてきた。

その影響が最も大きく、空家の増加の原因も水産業衰退が最も大きく、公共事業による島の経済への効果かは、水産業の衰退を補うほどの効果が出てくることはなかった。島にとって残されている水産業は基幹産業として、島の経済を今も支え続けている。

人口減少や高齢化の波は、残されている漁業にも影響が大きく、そのための対策を早急に取り組まなければならない。特に定置網漁業における対策は全くされておらず、このまま推移すれば定置網漁業の衰退につながり、ここで支援対策を強力に進めなければならない。

参考資料
日本遠洋旋網漁業協同組合
定置網漁業
[PR]

by magome2007 | 2015-01-31 06:42

委員会審議   

c0117762_6532039.jpg

昨日、午前10時より離島半島振興特別委員会が開催され、議題は国境離島新法(仮称)制定対策についてと意見書(案)についての2点であった。県議会としてどのように対応するのか、最も重要な案件を議題にしているのに、執行部の説明を聞くだけではどうしようもない委員会である。

これまでの政府や自民党の部会の報告を聞くだけでは、何のための委員会を開催したのか全く理解に苦しむのである。国境離島法については対馬市議会の発案であり、長崎県議会としても具体的提案を行うべきであることは当然である。

離島振興法については、国内の全ての離島を対象としており、我が国の国境線に位置する国境離島の明確な取り組みを求め、国境離島における防衛問題を新たな国の政策として求めているのである。そのためには島の定住人口確保の早急な取り組みが必要になっている。

離島における人口減少は報道されている通り、高齢化率の上昇に伴う若者人口の激減に対応すべき取り組みが機能しなくなってしまっている。このような現状打開を進めるためにも、国境離島の防衛に対する効果は計り知れないところがある。

友人島と無人島の違いを考えた時、島に生活する人々がいることで海外からの侵入を防ぎ、本土における生活が安心して送れるのである。そのために県議会としてどうすべきか、このことを具体的に協議すべきなのに、国も自民党も具体的提案がないので仕方ないといったことだった。

国境離島を抱えている県議会の委員会がこれではどうしようもなく、本来、市議会や町議会、県議会からの提案が先行すべきであり、地方議員の活動から提案すべき内容は数多くあるはずだと思っている。しかし、提案は思うように出てこなかった。

島における雇用問題や、医療福祉の問題にも若干触れてみたのだが、あまりにも単純に考えていたことには本当に驚いてしまった。これまでの委員会活動において、各委員からの提案を委員間協議の場で行わなければならないのに、県議会は逆走をしているようでもある。

参考資料
国境離島の役割及び本懇談会における論点について
[PR]

by magome2007 | 2015-01-30 06:56

畑には大根も白菜もない   

c0117762_6294455.jpg

各集落を回っていて空家の前を通り過ぎる時には、寂しい思いをしながら活かす方法はないものだろうかと思いながら歩いている。ところが昨日訪ねて行った集落で驚いたことがあった。それは集落の畑に大根も白菜も見ることができないばかりか何も植えられていなかった。

今、どこの集落でも切り干し大根を作っている光景が多く、畑には太く育った大根や白菜が収穫される日を待っているようである。このような光景がごく普通なのにどうしたものだろうかと思った。元気だったおばあちゃんやおじいちゃんが炬燵の番をされていた。

隣の畑が活かされなければ、隣の畑にもその影響が出てしまって何も植えられないようになっていくと依然聞いたことがあった。お隣さんが畑耕すときには迷惑かけられないので、しっかりと畑耕すと言われていたことを思い出した。

集落全体の畑に草一本生えてないところが以前は多かったので、色んな所で話を聞く機会もあり、当時の主婦の皆さんの頑張る思いも聞かされていた。一人の人が畑作止めると次から次と辞めてしまう傾向があり、数年後には草ぼうぼうとなってしまう。

昨日訪ねて行った集落がそのような姿になっていくのではないのかと思いながら歩いてきたのだが、春先には畑が賑わってほしいと祈りながら帰ってきた。高齢化の影響はそれぞれの集落に様々な影響を与え、目に見えないような感じで集落の姿を変えているのではないのかと思う。

それぞれの集落の未来を皆で考えるようになれば、畑の活かし方も変えることができるのではなかろうかと思う。耕運機の賃貸や農業法人やNPOなどの活用によって、農作業の軽減化を図ることなど考えられるのではないか。いろんな人の取り組みが集落を明るくすることができるのではと思う。

集落の未来を明るくするためにも、自分たちの故郷を守る知恵は誰もが持っており、集落の意欲ある人が声をかけてくれることで動き始めるのではなかろうかと思う。このような小さな故郷の地方創生であってほしいと思いながら毎日各集落を歩いている。

参考資料
耕作放棄地が増加している主な理由
[PR]

by magome2007 | 2015-01-29 06:32

上五島高校の寮活用   

c0117762_6253285.jpg

上五島高校には生徒の宿舎としての寮があり、最初の寮は木造だったが現在の寮は鉄筋コンクリートの素晴らしい寮になっている。この寮を活用する生徒がいなくなってしまって、当分の間休むことになっている。その後の活用はなく解体を予定しているとのこと。

本当にそれでいいのかと思い高校から遠隔地の皆さんに聞いてみたら、子供が自由になる自宅からの通学を希望していることと、どこの家庭も車があり時間かかっても送り迎えするようになっているとのことだった。それではせっかく作った寮も解体やむなしなのかと思っていた。

ところが他県の取り組みの中に、定員割れしている高校の取り組みが紹介されていた。それは県外から入学する生徒を募集するといった画期的な取り組みの内容であった。県立高校は、親の転勤等を除いて基本的には県外の生徒の受験を認めていない。

どこの県も同じような規制を行っており、対馬市の生徒が希望する福岡県立高校の受験はできない。対馬の比田勝から対馬高校を受験しても通学が困難なので、同じ下宿するのなら福岡県の高校を受験したいと考えている生徒もいると聞いている。

このような規制について当然だといった考え方が多いのも事実だろうと思う。ところが人口減少している多くの市や町の高校について、このような規制を取り外すことによる新しい高校の取り組みが行われるのではないのかと思う。高校生の希望が幅広くなることの効果も考えられるのではなかろうかと思う。

上五島高校には男子と女子の寮があり、全国から入学希望者を募集すればどうだろうかと思う。特別なコースなども考えることもでき、指導者も全国から公募するようなことも考えてもいいのではなかろうかと思う。新しい島の活力につながっていくのではなかろうかとも思う。

規制を守ることも大事だが、規制緩和することによる効果も考える時期に来ているようでもある。政府においては規制緩和に取り組まれており、地方においても特区構想における規制緩和も取り組まれている。教育における規制緩和の取り組みを五島の地から初めてもいいのではなかろうか。

参考資料
公立高校の受験は県外は受けられますか?
平成27年度 長崎県立奈留高校生徒募集要項
[PR]

by magome2007 | 2015-01-28 06:26

5年後10年後の我が故郷は   

c0117762_632476.gif

毎日毎日、目の前の業務をこなすことで一日を終え家路に変える人が大半ではないのかと思う。島の将来を、山間部の将来を、日本の国でありながら過疎化に悩む町や村の将来のデザインを、描いている人はどこにいるのだろうかと思う。

これまで国の描く地方活性化のビジョンに多くの町や村の人々は期待をし、それぞれの町づくりに取り組んできていた。しかし、過疎化の波は一向に衰えることもなく、飲み込まれた町や村の方が多いのではないのかと思う。昨日から始まった国会でどのような議論が行われるのか、多くの国民が関心持っているだろうと思う。

国の描くデザインは、離島や山間僻地の将来を明るくするような内容ではなく、生まれ育った若者たちを大都市へと引き抜いてしまった。多くの自治体で取り組まれてきた政策はどうだったのか、国の描く島や山の民の暮らしは間違いなかったのか、未来はどう描かれていくのか。

国の責任で描く地方の未来は霞がかかり見通せなくなっているのではないのか、いま問われているのは離島山間僻地の未来は、地域で生活する人たちの手で未来図を描くことではないのか、そのことが地方創生といった言葉で国は話されているのではないのかと思う。

我が故郷の未来図を描く作業を始めたところから、明るくなっていくことだけは間違いなさそうだが、地方の取り組みが遅れると、いつもの国のペースで地方のためにならない未来図が動き出すのではないのかと思う。集落の未来を描く取り組みを早急に行うことが最も重要なことであると思っている。

幼い時から鉛筆やクレヨンで絵を描くことを学んできたのに、故郷の未来を描くことはなく、芸術の世界を見せられてきたのではないのかと思う。描いたり書いたりしたのは、故郷の未来を描くためでもあったのではなかったのかと今思い始めている。

我が故郷の未来図を皆で描く取り組みをされることで、それぞれの集落の未来が明るくなっていくことは間違いないのではないのか、それが最後に残された離島山間僻地で生活している我々のやるべきことではなかろうかと思う。国会の予算審議に一石投入するためにも必要なことだと思う。

参考資料
「そろそろ田舎に帰ろう」と思えるかが、地方の未来
公共事業を「墓標」から「稼ぐインフラ」へ転換する方法
[PR]

by magome2007 | 2015-01-27 06:32

西海国立公園内での生活   

c0117762_622224.jpg

今月の24日から西海国立公園内の集落を訪ね歩き、別荘地のような環境に島の魅力を感じながら歩いている。密集地の住宅地と違って、住宅の周りには庭や畑があり、生活するには本当に素晴らしい環境であるのに、人口減少が魅力的な環境に影を落とし始めている。

大都市で生活されている皆さんが、透き通った海のそばで生活されている姿には感動されているのではなかろうかと思う。そんな素敵な生活環境に空家が増え始め、そのまま朽ち果てている空家もあり、せっかく魅力的な環境を残されているのに考えさせられる光景である。

砂浜のゴミにしても、国立公園内の朽ち果てる空家にしても、どうにかできないのかと思う。都市だと景観条例などで規制をかぶせることもできるのだが、空家については最後の人が亡くなられてから、そのままにされているケースが多い。

中には、お盆や正月に帰省するために残されているケースもあり、それぞれに問題課題を抱えているようでもある。最近、遺品整理についてよくネットに遺品整理業者の広告が出るようになって、多くの皆さんの関心が高くなっているのではと思う。

そんな中においても、空家になった家の売買などにも取り組み始めているケースもあり、現役を卒業された皆さんの生活の場所としては選択肢の一つになるのではないのかと思う。昨日も、家の前の海岸で魚釣りされ、みそ汁にとってもいい「あらかぶ」の魚を随分と釣られていた。

畑には大根や白菜が大きく育っており、定年後の生活を楽しまれるには最高の場所ではなかろうかと思う。今日も国立公園内の家々を訪ねまわるのですが、家のそばには夏ミカンや甘夏がいっぱいなっており、趣味を生かしながらの生活を考えられてもいいのではないだろうかと思う。

島の中には、木工を趣味にされている人たちも多く、色んな作品を見せていただくこともあり、島の皆さんの余暇は様々な分野で取り組まれている。都市住民の皆さんには、ネットや雑誌で五島の情報に接していただき、ぜひ島へお越しいただけたらと思う。

参考資料
西海国立公園の若松瀬戸
GOTO-WEB五島列島リンク集
[PR]

by magome2007 | 2015-01-26 06:25

海岸の一斉清掃は夏場だけでは   

c0117762_6464158.jpg

新上五島町を代表する砂浜である蛤浜は、夏休み前に一斉清掃が行われ綺麗な砂浜になり、大勢の子供たちで賑わう素晴らしい海水浴場になる。島外からも多くの子供たちを引き連れて、島での夏休みを楽しみにやってくるグループも多い。

夏場以外は綺麗な砂浜もごみが寄ってきては、ゴミが風で飛ばされ周りにゴミが飛び散ってしまう。これをどうにかしてほしいといった指摘は随分前からされており、ゴミ清掃の知恵を出さなければならない重要な時期に来ているはずだと思う。

たまたま、昨日訪ねて行った集落での出来事なのですが、砂浜の近くで生活されている人が砂浜でごみを集めていたので話を聞くことができた。砂浜にはごみは似合わないし常にきれいにしてやるべきではないのかと言われていた。

確かに透き通った海を眺めていると、きれいなゴミのない砂浜の姿がとっても美しくて光り輝いていた。これだとそばを歩くだけでも心が癒されるような気がする。ところが、以前だとゴミを集め海岸で燃やすことができたのに、今でも煙を出すこともできずに困ることが多くなってきていると話されていた。

いつも小さなペットボトルのようなゴミばかりだとゴミ集めも助かるのだが、時には大きなゴミもありゴミ袋で処理できないものがあり困ることも多いそうです。このような取り組みは無料奉仕で行われており、年金暮らしの皆さんにとってゴミ袋の費用もばかにならないと思う。

島における海岸清掃については集落の皆さんの声を是非聞いていただきたいと思う。海岸に打ち寄せるごみは大小さまざまで、アメリカの西海岸は大震災の影響で日本からのごみが多く、ゴミ清掃にかかる費用も大変だといった報道もされている。

小さな集落におけるゴミ清掃の取り組みについては、観光県を標榜する長崎県において、県内の市町村を含め対応を協議すべきだと思う。このような取り組みには積極的なところが見られないのだが、昨日の個人で行っているゴミ清掃を見て、しっかり取り組まなければと考えている。

参考資料
砂浜のゴミの現状と環境への影響
人と自然が共生する西表島を目指しています
[PR]

by magome2007 | 2015-01-25 06:27

介護職の不足大丈夫なのか   

c0117762_630688.png

介護職の不足を外国人の就労で補うようなことは以前から議論されているのだが、本当にそれでいいのだろうか。昨日は政府がロボット新戦略を策定し、医療・介護や農業分野でのロボット活用を考えているような報道がなされていた。

介護職だけでなく看護師の不足も医療の現場を厳しいものにしていることは、現場で仕事されている医療関係者の皆さんは知り尽くしている。しかし、周りの仕事と比較して介護職も看護師も重労働で、仕事に見合うだけの対応がされていないことが最大の問題だと言われている。

現場で必死に働いている皆さんの声が厚労省や政治家に届くことはなく、現場においては労働環境の厳しさが増している。夜勤の勤務状態を不安なく対応できている現場の数は年々減少していると聞いている。これは施設内だけのことではない。

ホームヘルパーにおいても同じことが言えるのであり、早急な対策が求められているのに思うような対応が取られていない。昨日も小さな集落でホームヘルパーの人に会って、短い時間だったけど話すことができた。増え続ける需要に追い付くのは本当に大変な現状である。

小さな集落において年々戸数が減少していき、残されている皆さんは施設入居待ちの人や、ヘルパーさんに来てほしい人が増えている現状であり、集落の姿を眺めることで集落の実情は大体理解できるようになってきた。元気な人ばかりだったのに、家の中でも自由に歩けなくなっている人も多くなっている。

訪ねるたびに空家が増えていく姿には、何とも言えない寂しさがどこからとなく染み込んでくる。このような現状を毎日見ながら、報道されているような外国人の就労や、ロボットの活用などと言って、対応できるような現状ではないのではなかろうかと思う。

労働人口減少におけるロボット対策や、危険な現場におけるロボットの活用など取り組むことには、多くの国民も理解を示すのだろうが、全国の津々浦々の町や村における高齢社会の対応策としては、東京と地方の考え方の落差を感じているのは私だけではないと思う。

参考資料
介護職員の人手不足問題
急速に人材不足?
[PR]

by magome2007 | 2015-01-24 06:31

知事の所信表明   

c0117762_5502986.jpg

中村知事の就任が平成22年3月、昨年2月の知事選挙で当選され中村県政2期目をスタートされている。これまで5回の予算編成を行っており、平成27年度の予算編成は終盤を迎えようとしている。来月には新年度の予算の概要資料も見ることができるのではと思う。

予算編成に臨む各部局長の取り組みは知事の県政に対する考えを受け、各分野における長崎県発展のビジョンの具体化を図っていかれるものと思っている。これまでも同じような取り組みを行ってきており、その結果が現在の長崎県の姿である。

特に当初予算案を審議する県議会において知事が述べる所信表明は、新年度1年間の長崎県の目指すべき具体化された政策についてであり、県勢浮揚にかける並々ならぬ知事の県政に対する強い姿勢でもある。全ての自治体のトップが行っている最も重要な取り組みである。

これまで県議会の演壇で述べられる知事の所信表明を聞くことで、一般質問やそれぞれの委員会における質疑等に反映されてきている。これまでの知事の所信表明は県議会議事録検索で自由に読むことができるので、多くの県民の皆さんに読んでいただきたいのである。

確かに内容は素晴らしく、故郷長崎県の発展に夢や希望を託せるような政策が並べられており、なぜ現在のような長崎県になっているのか理解に苦しむところである。金子知事就任の時から人口減少は指摘をされており、農林水産業の抱える諸問題についての取り組みも具体的に言及されている。

全ての分野における政策は国内トップを目指すような内容であり、県議会対策として所信表明が行われているとは考えたくないのだが、部局長の積極的な取り組みはどこまで行われているのかと思ってしまう。人口流出は全国トップ水準を維持しているのである。

限界集落や若者がいない集落など、毎年増え続けている県内の集落の現状を知っているのだろうかと思う。学校の統廃合も文科省がマニュアル作っているのだが、そんなことは早くから分かっているのに、長崎県の教育行政は文科省の追認をするだけなのだろうかと思う。

知事の所信表明について、各部局長はどのように考え実行していこうと考えているのか、また、その結果についての検証作業は行われているのか、政策が目指す効果や結果についてどのような整理をされているのだろうか、これまでの知事の所信表明を読み返してほしいと思う。

参考資料
平成27年度長崎県予算編成方針
平成26年3月4日 平成26年3月定例月議会における知事説明
[PR]

by magome2007 | 2015-01-23 05:53

集落の未来   

c0117762_603190.png

島の中(新上五島町)には廃校になった校舎や保育園があっちこっちに見られ、人口減少の爪痕が生々しく残されている。当時を知る人たちと話をすれば、小学校や中学校の輝いていた姿を教えてくれるのである。最後はやっぱりどこも雇用の問題にいきついてしまう。

昨日も、バス停の待合室で地元の人達といろんな話をさせていただいた。この集落は毎年10人前後の人がお亡くなりになっており、80歳過ぎの人も多く、このままいけば10数年後は、わずかな人しか残らない計算になってしまうと話されていた。

若いときに故郷出て行って10数年前に故郷に帰ってきて思うことは、どんなに小さくても働く場を作るべきだったと言っていました。製造業や加工業など、誰か小さくてもいいから立ち上げてくれてたらよかったのに、雇用の場が生まれることがなかった。

島には、これまでも企業誘致に40数年前から取り組んできたのだが、ことごとく撤退に追い込まれてきた苦い歴史がある。それは県内の離島に共通することであり、雇用創出がいかに厳しい課題であるのかを教えてくれているのではなかろうかと思う。

唯一、公共事業だけが生き延びているが、公共事業全盛の時ですら違う分野の雇用の場を作らなければ島の発展は厳しくなると指摘されていた人もいた。私も県議になる前に直接話を聞くこともあったのに、今のような現状を思い浮かべることができなかった。

当時は、まだ遠洋旋網の全盛時代の時であり、新築の家が毎月建設されていた島の経済絶好調の時でもあった。今では、遠洋旋網も当時の10分の一以下になってしまっており、島の経済は厳しさを増している。その中にあって、定置網漁業の復活は島の経済の最後の切り札ではないのかと思う。

空家も年々増え続け、その予備軍も多く、集落の抱える大きな問題になってしまっている。このような現状を変えるためにも、あらゆる努力を惜しむことなく、可能性ある取り組みには全力で当たる決意である。港湾や漁港も空き、埋め立て地の有効活用も考えられるのである。

現在、様々な雇用のモデルケースが協議されており、若者の定住促進に結び付くようなことにならないかと真剣な話し合いが行われている。その中にいくつか提案もさせていただいているが、仲間たちの強力な応援もいただいている。

参考資料
地方中小都市における過疎化の一研究
[PR]

by magome2007 | 2015-01-22 06:02