<   2015年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

消防出初式   

今日9時30分から新上五島町消防出初式が行われ、式典は室内で行われえたので外のような寒さはなく、後半の分列行進から放水初めまでは冷たい潮風と強風の中で行われた。消防団についてはよく報道されており関心が高くなっているようでもある。

特に最近の災害は規模が大きく、甚大な被害をもたらす傾向が強く、消防団の活躍には若者を中心に関心が高くなっている。自衛隊や警察も含め災害現場における救助活動などに、多くの皆さんが感謝の思いを持ち始めていることは確かであろうと思う。

私も消防団活動には20年近く携わっており、新入団員の活動から分団長まで、ほぼすべての業務をこなしてきた。この間、小型ポンプ操法から通常点検、小隊訓練の指揮者まで経験させていただき、多くのことを学ばせて頂いた。

現役の時には当事者として当然の活動を行っているといった思いだったのですが、離れてみると消防団活動に従事されている皆さんの姿に、感謝の思いが強くなており、多くの皆さんが消防団に寄せる思いと同じものになっていることに気づかされている。

消防団の定員割れも全国的な問題で、少子化の影響と若年者の流出の影響は徐々に効き始めている。年々高齢化する平均年齢も、これからの地域防災を考えるとき、新たな取り組みを考えなければならなくなっているようでもある。

消防分団の取り組みについては県議会においてもよく議論され、対応策の協議を行っているのだが思うような対策を打ち出せないでいる。機材も年々良くなっており、消防職を退職された人たちによる、地域消防の取り組みも始まっている。

今日はアイフォンを忘れていったため、行進や放水の様子をとることができなかった。それにしても年末から年始に至るまでの消防団の活動には本当に感謝するのみである。これからも安心で安全な暮らしを行うためにも、消防団活動を地域一丸となって支えていかなければと思う。
[PR]

by magome2007 | 2015-01-11 17:33

効果ある公園の活かし方   

c0117762_8193337.jpg

元気で健康な体で高齢社会を過ごしたいと思っている人が多く、いろんな活動をされている人も多い。全盛期を過ぎたと言っても、まだまだゲートボールで楽しまれている人も多く、次から次と楽しめるスポーツも生まれ、県内での競技会や全国的な大会まで行われている。

若い時から好きなスポーツを続けられている人たちも多く、健康な生活を目指して取り組まれている人たちも多い。特に最近は運動不足のことがよく指摘されているので、スポーツクラブなどに通われている人も多くなっており、いろんな場所で楽しまれている。

健康な生活の中に、自然公園のハイキングも加えていただければと思う。県内には様々な自然公園が整備されており、大きいものでは国立公園から国定公園まであり、県や市や町が設置されている公園も多く、景観に優れているものも多い。

そのような公園が県内の全ての市や町にあるのですから、一度はぜひ訪ねていただければと思う。私の住む新上五島町内にも自然公園が多く、観光客の皆さんにぜひ訪ねていただきたいところばかりです。公園のポータルサイトがあれば参考になるのにと思い始めているところです。

県内の自然公園を初め街中の公園まで、健康な生活をするために歩いて行ける公園や、一泊で数か所回ってみたい公園など、色んな組み合わせを考えることで健康志向に効果が出てくるのではと思う。特に歩くことは、老化の早くなる下半身を強化するためも大事なことではないでしょうか。

県内の自然公園をあっちこっちと尋ねては、多くの皆さんに訪れていただくための取り組みはどうされているのだろうかと思う。自宅から5キロメートル圏内や、10キロメートル圏内にどのような公園があるのか調べられると、楽しみも増えてくるのではと思う。

昨日、島に帰る前に野母崎町の水仙公園に行ってみたら、県外ナンバーの車も来ており、今日から始まる水仙公園のイベントが気になるところです。この公園も最初は仲間たちで植えていたものが、年毎に改善され現在のような素晴らしい公園に育てられている。

地域住民で取り組まれることで、多くの皆さんが来られるのですから、公園に行って楽しむことと同じように公園の整備にも協力されることで、新たなコミュニティーが生まれてくるのではと思う。高齢化社会の中で公園の活かし方を研究すべきではないかと思う。

参考資料
長崎市の公園案内
のもざき水仙まつり
[PR]

by magome2007 | 2015-01-10 08:20

高齢社会対策   

c0117762_730092.jpg

昨日、認知症高齢者が10年後に5人に1人と報道されていた。まだ高齢者予備軍の皆さんは5人の中の4人の中に入っていると考えているのでしょうが、世の中って、そのようにうまく計算できないところに笑あり涙ありの人生があるのではないのでしょうか。

ところで認知症も薬が開発されると言われていますが、健康な体を維持するには薬だけではできないところがあり、運動することが以前から指摘されています。それ以外にも様々な活動の取り組み等も紹介されていますが、身近な取り組みにも関心持っていただけたらと思っています。

それは、昨日ブログで指摘していた草ぼうぼうの山や川等に設置されている公園や遊歩道の再整備であります。中には観光パンフレットに観光地といった紹介もされているのもありますが、管理されていないところもあっちこっちに見られています。

県内の全ての公園や遊歩道が管理されていれば、子供たちから高齢者までハイキングコースとして活用できるのであり、車だけの時間ではなく歩いて行ける時間も書き込むことで、多くの県民の皆さんの予定が立てられるのであります。

車やバス利用を考えがちですが、歩いていくことを進めることで健康な体を維持できるのであります。特に足の老化は早く自然の中を歩くことで、心も体も軽くなっていくのではないでしょうか。そのためにはこれまで建設されている全ての施設の再整備を図ることが求められています。

高齢社会の長崎バージョンは、県内の全ての公園や遊歩道を歩いて楽しめることにすべきだと思います。他県に勝る山や海の景観を持っている長崎県の良さを、高齢社会対策に活かすべきであります。新規事業ばかりでは高齢者の健康管理から遠ざかってしまいます。

介護の人手不足は限界点を突破しており、これから高齢社会に入門を予定されている皆さんは、施設を頼るより健康で元気で長生きすることを真剣に考えるべきであります。そのためには長崎県全てを遊歩道でつないでしまうような構想を描いてほしいと思います。

参考資料
<認知症高齢者>5人に1人…10年後推計
認知症施策推進5か年計画
[PR]

by magome2007 | 2015-01-09 07:32

公共投資を活かすことも   

c0117762_6485114.jpg

公共事業予算について具体的な数字が出始目ているが、人手不足の問題は年ごとに厳しさを増しており、増額は非常に厳しくなっているようでもあり、老朽化対策に軸足を移し予算の増額を目指しているようでもある。

大災害後の日本において、災害に強い国を目指す国土強靭化と言われたら、ブレーキかけるには躊躇されるのではと思う。国土強靭化には老朽化対策も含まれているようだが、これまで投資されてきたインフラ整備の実態を調査すべきではないのかと思う。

県内には、様々なところに公園等を作られ、草ぼうぼうとしているところも多く、雑草地を作るための公共投資を行ったわけではないのだろうが、山や川、海辺の公園や遊具のある遊び場など活用されていないところも多くある。

漁港や港湾も同じように活用されていないところもあり、当初の見通しと現状との格差について、しっかりと調査をされ再活用についての提言など、積極的な情報発信を行ってほしいと思う。これまで投資されてきたものは、長崎県の貴重な資源として眠っているものも多い。

それと同様で、塩漬けになっている公共用地についての活用も真剣に取り組んでいただき、県内の公共投資の効果を最大限に引き上げることも重要な取り組みではなかろうかと思っている。破壊から創造、創造から破壊の繰り返しでは財源がパンクすることは当然である。

長崎県の財政見通しは非常に厳しく、これまで行ってきている公共投資の最大効果を出すことは当然であり、そのためには県と市や町も相乗効果をたかめるために、実務者会議を初めトップリーダーの情報の共有化を図るべきではないのかと思う。

人口減少する中で、これまでの公共投資の最大効果をもう一度考えるべきであり、新たな視点での活用等について、全ての県民の知恵をいただくための活動を行ってほしい。長崎県において最大効果を出すためには、県民の皆さんの知恵と力を借りるいがいにはないと思っている。

参考資料
公共事業6兆円以下 15年度予算案、老朽化対策に重点
公共事業費6兆円以下に抑制
[PR]

by magome2007 | 2015-01-08 06:57

長崎県の人口減対策   

c0117762_8444861.jpg

新潟県の泉田知事の年頭あいさつで人口減について話されている。内容については「現在の人口を維持するには年間3万人の出生が必要だが、実際の出生数は1万7千人。この差をどう引き上げるかだ」として、教育費の負担感解消と、未婚・晩婚への対応の必要性についても話されている。

長崎県の出生数は1万千数百人だといった数字が公表されているが、毎年人口流出の影響が出生数に表れており、残る若者たちが結婚して出産しても人口は減少の一途を辿るだけであり、若者対策が人口減対策でもある。

雇用や所得について長年取り組んできているのに、その効果がいまだに表れてこないのである。第一次産業の後継者対策においても、数十年間取り組まれているのに一向に成果を見ることはない。それでも担当部局長は自信もって答弁されているのである。

県議に当選した時に、希望の農水委員会に所属することができ、その中で農業について指摘したことがあるが、当時の農林部長から逆に怒られてしまった。我々農林部が何もしていないようなこと言ううなといったことだった。

委員会が終わってから、農林部長室になんで怒鳴られたのか理解できないまま謝りに行ったことを覚えている。当時から農業や水産業の抱える問題は深刻で、そのことを質問しただけなのにほやほやの一期生に切れまくったのだろうと思う。

最近、当時の部局長と現在の部局長の違いがあるのだろうかとも思う。人口減対策は今始まったことではなく、数十年間取り組まれているのにこの調子である。産業政策は雇用を作り出してきたのか、所得向上に貢献してきたのか、若者の県外流出をどう考えていたのかなど思い始めるときりがない。

これまでの具体的な取り組みが効果を出していないのだから、都合の悪いことは聞くなといったことなのかと思う。出生数も減少の一途を辿り、間もなく1万人を切るのは時間の問題だと思う。新潟県の知事じゃないけど、赤ちゃんの泣き声の大合唱を聞きたいもんです。

参考資料

長崎県の少子化の現状
都道府県出生数ランキング
[PR]

by magome2007 | 2015-01-07 08:45

自治体トップの年頭所感   

c0117762_7582628.jpg

ネットで色んな情報に接することで、これまで触れることができなかった全国津々浦々の情報を知ることができ、それぞれの地域でトップリーダーたちが、どのような政策で地域力を向上させようとしているのかがよく分かるようになってきた。

年明けから予算編成の最終の査定に取り組まれるところも多く、それぞれの自治体の予算の特徴が報道され、トップリーダーたちの意欲が伝わってくるのである。特に全国の市や町のホームページには、予算の流れや内容を詳細にアップされるところも多く、我が故郷との比較も楽しみになってくる。

毎朝、地方紙のネット情報を読み初めて10数年経過しているのだが、地方紙のネット情報も最近は有料化の傾向が強くなっており、記事も半分だけのところが多くなってきている。まだ救われるところもあり、無料登録を行っているところもまだ多い。

地方紙で有料購読を初めて行ったのではと思うところが、北日本新聞で約2年間近く購読を続け、これからの地方紙のネット化に対する取り組み等を学ばせて頂いた。その中で感じたことは、県内の情報がカラー写真で数多く、記事も簡単明瞭に書かれていた。

ネットによる有料購読は、県内だけでなく県外から国外へと広がっていくことが魅力であり、人口減少社会の中で地方紙の生きていく一つの方法ではないのかと思う。読者が国内外にいることは紙面の充実だけでなく、色んな指摘やアドバイス等もいただける可能性が高くなるのではなかろうかと思う。

高知新聞の尾崎知事の情報や神奈川新聞の福田川崎市長の記事など読んでいて、長崎県も職員総意で取り組まなくてはと思う。それほどトップリーダーたちの年頭所感は刺激があり、職員にとっては檄文に近いのではないのかと思う。鼓舞された職員の意欲は高まり素晴らしいスタートを切られるのではと思う。

参考資料
「量より質転換を」 福田・川崎市長が年頭あいさつ
高知県の尾﨑知事が年頭所感
泉田知事年頭記者会見要旨
[PR]

by magome2007 | 2015-01-06 07:59

故郷のデザインは現場から   

c0117762_7462992.jpg

御用始は昨日の4日を言っているそうですが、日曜日で休日だったこともあり今日から全国の官公庁の業務開始となっている。我が郷土の新上五島町役場も、長崎県庁も難問山積している中でスタートされるのであり、気持ちも引き締まっているものと思う。

ところで昨日のブログに書いているのですが、人口2万人を割り込むこみ1万人台で推移していくことは確実で、全ての分野において厳しい戦略を求められるのではないのかと思う。これまでものように人口流出で慣れっこになってもらっては困るのだが、人口構成のこともしっかり考えるべきである。

2万人の人口構成は、20年前や30年前と違って若い人たちの比率が年々下がっていることが、最近の人口構成の特徴である。消費の変化も税収の変化も随分変わってきているのではないのかと思う。当然、予算の中身も変化しているのだが、川の流れと同じで日常の動きの枠内と思っているのだろう。

5年や10年単位で比較されるとよく分かるのだが、予算の投資効果が出てこなければならないのに、思うように出ていないことをどうのように考えているのだろうか。予算要求や予算査定にあたって、現場の姿を調査に行かれた人たちはどのくらいいるのだろうか。

現場の調査をコンサルタント会社に丸投げされている部局はないと思うのだが、あまりにもコンサルタント会社が県内各地に設立されており、その担当者の多くは行政OBの皆さんで占められていることは、全く関係ないのだろうかと心配になってしまう。

現場の姿を自分の目で確認せずに予算要求をされているとは思っていないのだが、予算効果が思うように出てこないことの大きな原因が現場確認の不足ではないのかと思う。現場の姿を確認されていれば、投資効果が具体的に見えるようになっているのではと思う。

昨年から予算作成に取り組まれている官公庁の皆さんが、ガンガン現場を確認され、現場の声を数多く聞かれて欲しいと思う。人口減少対策の処方箋は現場を歩くことだと言われている。これは行政だけでなく、議会に籍を置くすべての議員にも言えることである。

参考資料
平成27年度長崎県予算編成方針
平成27年度新上五島町予算編成方針について
[PR]

by magome2007 | 2015-01-05 07:54

高校生たちの進路   

c0117762_720419.jpg

年が明け、高校生や中学生たちの進路が目の前に見えるようになってきた。中学生達の進路と高校生たちの進路は大きく違って、島を出ていくのか島に残るのかといった、島の将来を左右する大きな出来事であり、中学生達は3年間先送りされただけである。

今年の高校生たちの進路によって、島の人口が2万人を切るのではないのかといったことが言われている。出稼ぎに行っている人も多く、正確な人口を把握するのは大変だと思うが、高校生たちが島を出ていくのと同じように、高齢者の皆さんもひっそりと亡くなられているのである。

生まれる赤ちゃんは年々少なくなっており、産科の問題も島の大きな社会問題となって議論される日が迫ってきているのではないのかと思う。島の人口の最も多いときには、毎日どこかで赤ん坊が生まれ、鳴き声の絶えることはなく、小鳥のさえずりと同じように耳に入ってきていた。

島の人口の多いときは、5万人以上の人が生活されていたのですから、60年間で60パーセント以上の人口が減ってしまった計算になってしまう。平均すれば毎年500人以上の人達が島から出て行っているのですから、40年後は無人島になってしまう。

そんな計算をする人は少なく、人口は減っても世帯数は減少しないこともあって、人口減少に危機感を持つほどの緊張感が生まれてこないのではないのかと思う。しかし、島で生活されている我々は確実に年を重ね、高齢化率を押し上げているのが現実の姿である。

10年前や20年前の取り組みをやっていたのでは、本当に無人島になってしまう可能性があり、新年度の町の予算や県の予算にも厳しく取り組むべきである。特に離島対策や第一次産業対策においては、島の生命維持産業であることを肝に銘じていなければならない。

お正月気分が抜けないところなのだろうが、島の厳しい現実を年明けとともに我々の目の前に突き付け、どうするのかといった決断を迫られているのである。4月の統一地方選は、全ての選挙区に似たような厳しい問題への対応を求められていることは間違いないと思う。

参考資料
人口減少 このままでいいのか
琥珀色の戯言
[PR]

by magome2007 | 2015-01-04 07:31

長崎県の戦略は   

2015年は
日本一の長崎県になる!

2015年の長崎県の戦略を描く人達は、新年の扉が開く瞬間をどのような思いで迎えられたのだろうか。長崎県が長年抱えてきている難問解決に向け、意欲を掻き立てられた人達も多くいたのではないのかと思う。新しい発想で難問解決に取り組む人も多く出てくるのではなかろうか。

知事を初め幹部職員だけの分野でもないと思うのだが、若手職員のパワーを活かしているのかと思うときもあり、様々な取り組みにおいて長崎県のオリジナルが出てもよさそうなのに、一向に出てくる気配が見られないのには、若手職員の皆さんもだんまりを決め込んでいるのだろうかと心配になってしまう。

県内の大学生の就職においても、大半の皆さんが県内の企業に就職されることが求められているのに、行政の皆さんは大学生の就職活動の対応をどうされているのだろうかと思う。安倍総理が地方での就職を叫ばれているが、しっかり対応できるのだろうか。

それに今年は戦後70周年、日韓国交正常化50周年を迎え、長崎県としても大事な節目の時を迎え、被爆70周年をどのように執り行うのかといったことは、世界中が注目されていることだと思う。韓国との平和推進交流事業も新たなステージを迎えるのではないのかと思う。

中国との交流も、地方外交の果たす役割は大きく、これまで培ってこられた韓国や中国との交流も大きく発展すべきであり、特に高校生や中学生の相互交流は全国のトップを走り続けることは当然であり、県内全ての地域において韓国語や中国語の会話が学べる環境も整備すべきであると思う。

これまでの長崎県職員の姿を見てて思うことは、全国トップを目指す意欲があまりにも少なく、安全な方法でリスクを避けることに汲々とされているのではと思う。リスクを取り除くことは生きている人すべてに言えることであり、仕事も全く同じではないのかと思っている。

今年は、地方創生の取り組みが一斉に走り出すのであり、長崎県チームはトップを目指すのか、最後尾を着いていくのか全ての県民が注目しているのである。人口流出や県民所得向上対策等について、いつまでも指咥えていても結果はいつもの通りで最後尾の姿でしかない。

長崎県職員のほとばしる意欲が長崎県チームを先頭集団に加え、そこから飛び出し47都道府県のトップを走る姿に、全ての県民は声援を送り続けるのである。昨年の国体で天皇杯を取れたことを考えると、今年の長崎県の描く戦略は大いに期待できるのである。

戦略が期待できるのであれば、当然今年から始まる地方創生は長崎県が全国から注目され、全国の話題を独占することは全ての県民が期待しているのである。県民の皆さんが集落再生に取り組むことも、同時並行で行われることは当然であると思っている。
[PR]

by magome2007 | 2015-01-03 09:03

新年の誓い   

c0117762_51550100.png

私たちの故郷である上五島も人口減少が続き、空家が島内各地で目だつようになり、本当に深刻な状況になってきています。昭和の良き時代は家族も多く、どこの家でもにぎやかな声がこだましていました。あれから数十年、家族の数は減少の一途をたどり、一軒の家に一人で生活されている方々は年々増加しています。

家族でできていたこと、たとえば、かんころ作るにも数軒で、あるいは集落で取り組まなければできなくなっていることが、故郷上五島の今の姿であります。そのような中、それぞれの集落の皆さんがお互い知恵を出しあい、生きる意欲を絶やさないように協力しなければなりません。

そして最も大事なことは若い人たちが結婚できる島にすることであります。産業の少ない故郷において、水産業とうどん産業、それに観光業や建設業等で、島の発展のエネルギーを作り出さなければなりません。そのためにも、これまで行われてこなかった政策の検証制度の導入により、故郷上五島の発展を強力に進めなければなりません。

人口減少であえいでいる県内の集落のためにも、議員活動を通じて政策検証に取り組むことが、、長崎県の県勢浮揚につながり、多くの集落の明るい未来を引き寄せることになるはずです。持てるもの全てをかけ故郷復興に全力で取り組むことをお誓い申し上げ新年のご挨拶といたします。
[PR]

by magome2007 | 2015-01-01 05:21