<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

長崎県の企業にも参考にしていただきたい。   

c0117762_0573553.png

富山県内の紙をすべてデジタルブック化し、
「いつでも」「誰でも」「どこからでも」
見れるようにしよう!
 『toyamaebooks』(トヤマイーブックス)とは、インターネット上で、富山県の電子書籍を無料で閲覧できる、地域特化型電子書籍ポータルサイトです。
地域において、県や市町村などの自治体が発行する刊行物は重要な情報なのにも関わらず、発行部数が限られているため、「手にできない」人たちがたくさんいます。
こんな情報過多の時代に、身近で最も大切な情報が、実は最も手に入りにくい社会なのかもしれません。
そこで私たちは考えました。『電子書籍にすれば、飛躍的に多くの方に必要な冊子をみてもらうことができるのではないだろうか?』『あえて富山県だけに絞ることで地元の人にとって情報が得やすく、また富山の良さを再発見していただけるのではないか』と。『toyamaebooks』はパソコンからはウェブブラウザ、スマートフォン・タブレット端末からは無料アプリで、「いつでも」「誰でも」「どこからでも」、すべて無料で読むことができます。
私たち『toyamaebooks』実行委員会は富山県に特化したデジタルブックが集まるポータルサイトをつくることで、富山に住む人達に関心がある情報を共有してもらうことを目的としております。これから『toyamaebooks』を末永くよろしくお願いいたします。

toyamaebooks(トヤマイーブックス)
実行委員会 一同

※随分、ブログの休憩も長くなってしまって、気が付いたら今月一度も更新していなかった。ペンキ塗や草刈りなどで毎日疲れ果ててしまって、体力勝負の毎日でした。屋根の上におけるペンキ塗りも、こんなに疲れるとは知らずに取り組み、体力がいかに衰弱していたのかを実感しました。
今日のブログは写真掲載をしてませんが、富山県の企業の取り組みがあまりにも画期的だったので取り上げてみました。以前、富山県の地方紙である北日本新聞が電子化に取り組まれたときに、読者になって数年間お付き合いさせていただきました。地方紙として最も早く電子新聞の有料化に取り組まれ、県内各地の詳細な情報発信に多くのことを学ばせていただきました。
今回の、富山県内のすべての自治体を網羅した広報誌の情報発信は、県外にいる富山県人にとっては非常にありがたいものになるはずだと思います。全国的には「自治体ドットコム」といったものもありますが、県内のすべての情報を発信されているところはありません。
長崎県の企業や県内の議会の皆さんにも、ぜひ参考にしていただきたいと思います。

[PR]

by magome2007 | 2015-06-15 01:20