WTOの中で生きていけるのか。   

■世界貿易の活発な動きを受けて、戦後の世界秩序の中で各国が真剣になって考えてきた歴史がある。現在は世界貿易のルール作りをWTOといわれる委員会の中で行っている。それ以外にも二国間貿易の協議の場もあって、それぞれの国の思惑が交差している。

■今日の報道も日本の景気はまだ続いているとのことだが、いまだにその好景気の実感がない。世界との競争の中で低賃金の制度が導入され、賃金の二層構造になってしまっているのではないのかと思う。低賃金を支えるのは、派遣社員や契約社員と言われている人たちである。

■だから大企業の業績がいいので、我が国の景気が拡大しながら戦後初めて長期間にわたる景気が続くといわれている原因ではないのかと思う。製造業の分野においてもいろんな問題を抱え、競争の中で常に改革や改善しながらの連続だと思う。

■しかし、そんな世界を見ながら過疎地や山間僻地を抱える長崎県のような地域は、どうすれば県民が豊かになれるのかといったことが議論されない。世界経済のルールが作られていく中で、長崎県のような地域は生き残れるのかと思う。

■農水産業の現状は、世界経済のルールにはいまだに対応していない。一方の製造業はしっかりと対応していることを考えたとき、どうすれば国益にかなう産業として発展していけるのかといったことが協議されていない。

■これからの世界貿易のルールを離れて日本だけが生き延びていくことはできない。世界の中でしっかりと生きていくための農水産業の未来図を長崎県は描くことができなければ、離島や過疎地の未来は描くことができない。

■農林部と水産部に課せられている責任の重さは半端ではないと思う。そのことを最も分かっている人がそれぞれのトップの部長たちである。
[PR]

# by magome2007 | 2007-08-06 06:49

大都市の中の格差社会   

■地域間格差社会について色んな視点から考えていたが、それぞれの都市の中における格差についてまで考えることはなかった。しかし、よく考えると大都市をはじめ、数百万人規模の大都市においては様々な問題を抱えていることは当然である。

■このようなことは、大都市で生活されている皆さんから指摘されて初めて分かった。身寄りのない高齢者や、年金のない人々の生活の実態など、あまり身近に考えたことのなかった分野でもあった。

■1日に上京して、その日の夕方から東京の実情に非常に詳しい仲間に会うことができ、初めて知ることができた。このような問題をマスコミは真剣に報道することもなく、問題解決より抱えている問題がより深刻になって行っているといった印象を受けた。

■指摘されるまで関心がなかったことは反省しなければならないことではあるが、世の中がより複雑になっていることを実感させられた一瞬でもあった。弱者救済と叫びながら、今回の選挙を戦った候補者たちも多かったようだが、このようなことを問題にすることはなかった。

■好景気が続いているといわれている中で、深刻な社会問題が大都市の中で深く進行している実態は、地方で生活していても気になる問題である。地域間格差問題が大きくとらえられているが、それ以上にもっと厄介な問題だと思う。

■大都市における深刻な社会問題解決に向かって動き始めることは、ますます地方に税源の配分がますます厳しくなっていくことを物語っているようでもある。高齢社会の福祉から漏れた人や、生活困窮者の問題など大都市の影の部分の問題を今回の上京で詳細に聞くことができた。

■これまで長崎県のことばかり考えていたが、このような問題に取り組み始めると、人口の大小が政策に大きく影響を与えてくるのである。まだ政治問題として大きく取り上げられていないが、いずれなるものと思う。

■その前に、我々は地方の抱える問題を詳細に分析して、積極的に問題解決に当たらなければならないと思う。目の前にきた道州制の問題の中で、どのようになっていくのかは税制も大きく影響するのであって、郷土長崎県の未来の青写真もしっかりと映し出さなければならない。

■国家がかかわる問題と地方の問題を分けていけば、全国の過疎地の抱える問題解決は本当に大変なことになっていくのではないのかと思う。今回の大都市東京の影の部分の深刻な現状を聞かされて、帰りの飛行機の中でいろんなことを考えさせられた。
[PR]

# by magome2007 | 2007-08-03 07:26

地域間格差問題について   

■地域間格差について、今回の参議院選挙においても争点の一つであったが、すべて政府が悪くしてしまったといった意見にはいくつか疑問に思う。活況を呈している地方とそうでない地方の違いがはっきりしている分野もある。

■民間企業が頑張っている地方は大いに活況を呈しているところではないかと思う。これまで公共事業におんぶされていた地方ほど、地域経済の閉塞感が高いのではないかと思う。

■行政にすべて任せてきた地域ほど、経済の閉塞感が高いのは自然の流れではないのかと思う。行政に携わっている人たちは、そのことについてそれほどの問題意識は持っておらず、日常業務の一こまぐらいにしか考えていない。

■そんな地域の特徴は、県任せ、国任せ、住民は市町村役場を攻撃している傾向が強い。自分たちの街は自分たちの力で作っていくんだといった意欲がなくなってしまっている。農業も漁業も同じことが言える。

■悪い意味で官僚主義が蔓延しているのではないのかと思う。やっぱり基本は、いつの時代も汗流すことからの出発ではないのかと思う。長年指摘されてきている様々な問題は遅々として解決できていない。

■少子化といわれながら、婦人科医師の減少は小児科医師の減少を招き、将来は大都市以外ではお産ができなくなってしまう。だれが解決する問題なのか、みんなでほっといたらよくなる問題でもない。

■地方が婦人科医師の待遇改善に対する要望を国に働きかけることなど、活動すべきことは多い。これは我々政治家も含め地域社会の問題として非常に大きい問題である。お母さんたちの声を聞きながら、だれかがするんではなくて率先してすべきことである。

■政治に携わる人も、行政に携わる人も、あなた任せの考えがあって、それが地域間格差を生んできた大きな原因ではなかったのかと思う。これからは先頭に立って地域の問題などに全力で頑張らなければと決意を新たにしています。。
[PR]

# by magome2007 | 2007-08-01 06:18

こんなこともあるんです。   

■ちょっとしたことで変わってしまったんです。有名なピアニストのピアノ演奏を20分ばかり聞く機会があって、この時に初めて音楽の世界がほんのちょっとだけ、ろうそくの明かりを遠くから眺める程度ですが分かったんです。

■それで、レンタルのCDを借りに行ってきたんです。世界を代表するクラシック音楽をずいぶん借りてきたんです。昨日の夜はパソコンに取り込んでしまって、あとは変えたばかりの携帯に移すばかりです。

■今は、チャイコフスキーの弦楽セレナードを聞きながらこの日記を書いています。これまでも何度かクラシックを聴くこともあったのですが、一度聞いて面白くないもので止めてしまったんです。

■今回は、どうしたことなのか初めて聞くのに全く抵抗がなく、本当に素敵な世界を知ることができ感謝しているんです。年のせいなのかとも思ったんですが、やっぱりプロのピアノ演奏がこんなに変えてしまったんです。

■やっぱり本物に接することの大切さがよくわかってきました。直接聞くことがどんなに影響を与えるのかもよくわかりました。この話を仲間に話したら、プロって本当にすごいと思うといわれました。それはどの分野でも言えることであって、数十年前にこのようなチャンスに恵まれていたら、今頃はミュージシャンになっていたのかもしれません。

■本当に世界が変わったような気がします。朝からクラシックの音楽の流れる部屋で生きていることが不思議でなりません。もっと早く気付けばよかったなどとは言いませんが、ど艶歌しか知らなかった私に素晴らしい世界を教えてくれた人はやっぱり凄いです。

■プロで活躍されている人って、馬鹿な私みたいな人間までも、このように変えてしまうだけの影響を与えるんですから、本当に感謝しています。今頃になってと思われる人は多いと思いますが、育った環境が文化や芸術に縁がなかったんです。

■文化・芸術の少しはわかる地方政治家として頑張っていきます。全てにおいてこのように足りない人間ですので、叱咤激励も含めて色んなこと教えてください。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-31 07:02

自由民主党の見事な惨敗   

■これほどまでに惨敗するとは思わなかった。自民も民主も敗因や勝因を色々言っているが、有権者の声を素直に聞くべきだと思う。特に若者の経済環境や地方の経済環境に加えての高齢社会など、不備な点が多くなってきている。

■れらの問題をしっかりと取り組むためには、現場の詳細な姿を知ることが大事である。このことは政治家が最も責任を感じなければならないのに、景気がいいといったことで浮かれていたのではないのかと思う。

■経済界の必死な努力によって今の経済活動は好景気を生み出してきている。政策の支援もあったことも事実だが、それは産官学のコラボレーションの結果でもあると思う。公務員も頑張っている分野もあるのに、なんで今回のような職務怠慢な社会保険庁のような職場があったのかと思う。公務員改革は与野党含めて改革すべき問題であると思う。

■今回の選挙の結果取り組むべき問題や課題は、それぞれの党が責任もって政策として国民にしっかりと説明すべきである。お互いの失策を責めるばかりでなく、政策を競い合ってほしいと思う。一刻の猶予もできない問題も多く、医療問題や地域振興問題など山積している。

■もっと国民も政策を競わせるように与野党の違いをしっかりと見比べてほしいと思う。教育改革や医療・福祉改革、それに教育改革、国家の骨格である憲法問題など、違いをしっかりと見てほしいと思う。

■地方における議会の姿も同じように与野党の仕事ぶりの違いも見比べてほしいと思う。もっと議員の仕事に積極的にかかわって、いろんな相談や政策について議論してほしいと思う。いろんな通信手段があるのですから、ジャンジャン使ってほしいと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-30 06:59

議員意識の改革   

■公務員改革が大きな争点になってきていますが、時代に合った内容にすべきことは当然だと思います。今のような公務員像では多くの国民も納得できないと思います。国家公務員も地方公務員も同じだと思います。

■社会保険庁の職員のような人ばかりだとは思いませんが、多くの公務員の姿がだぶってしまうのは私だけではないと思います。特に労働組合の動きなど遠くからしか見えませんが、どうも時代について行っていないのではと思うところが数多くあります。

■よく報道されている職場における不祥事など関わりたくないといった感じを受けています。本来であれば正面から受けることで、対応策が出てくるのであって、都合の悪いことなどには逃げているようにしか映ってきません。

■社会保険庁の職員の問題において、地方公務員の労働組合も含めて、どこもこの問題について発言しようとしません。都合のいい問題は共闘組んで、都合の悪い問題は知らんぷりではいかがなもんかと思います。

■このような動きに対して議員はどうしているのかと思います。県庁内部において裏金問題が吹き出ましたが、職員としての総括はいまだに出ていません。議会の問題にはいきり立つのに、議員の意識も変えていかなければと思います。

■有権者は知事や議員に対して権利を行使できることは、職員の仕事ぶりや県民に対する対応に、議員がしっかり対応することを意味しています。しかし、現実には職員の掌の載せられている傾向が強く、有権者が求めている姿と全く逆になっています。

■このことを、しっかりと考え、議員のあるべき姿に対する意識の改革に取り組まなければならないと思います。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-23 07:04

今日から夏休みです。   

■長崎県内の学校は今日が終業式で、本格的な夏休みに突入します。子供の非行がすぐ問題になるのですが、子供たちの空間が少なくなってしまっているのではないのかと思います。都市部だけでなく地方も、田舎も小さなお店が姿を消してしまって、大型店舗やスーパーになってしまっている。

■子供たちの格好は中学生や高校生になると未成年と成人の境界が見分けにくくなってしまって、たばこ吸っている姿みても制服を着ていなかったら本当に分からなくなってしまっている。以前、高校生がたばこを駅前で堂々と吸っている姿みたときには、本当にショックを受けて注意しようと思った。

■今の子供たちは何するのか分からないから止めとけと言われ、通り過ぎて行ったことは今も忘れることができない。悪い子供は一握りなのだが、夏休みで増殖するのではといった不安がよぎってしまう。教育の荒廃が叫ばれてもう長いこと続いているが、教育改革は真剣に取り組むべき重要課題である。

■子供たちだけでなく大人社会も病んでおり、どっちも教育が必要で社会の構造にどこかおかしくなっているところがあるのではと思ったりする最近です。一方では、夏休みで大きく成長してほしいと思う子供たちも多く、炎天下の中でスポーツに汗流す子供たちの姿はいつ見てもすがすがしいと思う。

■夏休みに入って子供たちの世界が順調に流れていってほしいと思う。いろんな事故や事件が発生するたびに長崎県内では大丈夫なのかと毎年のことだが思ってしまう。まだまだ真夏日になっていませんが、思いで多い夏休みであってほしいと思います。

■選挙でブログの更新が思うようにできません。デジカメの整理もたまってしまってどうしようかと悩んでいます。 
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-20 08:01

居心地のいい現状に安住   

■居心地のいい現状に安住していると、いつのまにか周りから取り残されていくのではないのかと思う。井の中の蛙と同じで世間が見えていると思っているのに、全く世間が見えなくなっていることと同じではないのかと思う。

■安住している人たちには周りの変化がどう見えているのかよく分かりませんが、自覚症状のないがん患者と同じではないのかと思う。注意されても、どこか他所の世界の出来事だと思って、自分達の世界だと気づくこともない。

■長崎県内の自治体の職員の姿であって、現状に安住している姿は長崎県の没落を招いているようである。人口流出が数十年間続いているのに、対応策は適当なことでお茶を濁してきている。長崎県の現状はざるの底みたいで何やっても、効果が見えてこないことが多い。

■ざるの世界で政策評価をやっているみたいで、名称だけが政策評価のような気がしてならない。長崎県内だけの世界だと自覚症状が無くてもいいと思うのだが、全国の中の長崎県といったら、数十年間暖めている場所から抜け出すことがない。

■このような安住の場所の改革を進めることで長崎県の発展に繋がっていくのであるが、思うように進めることのできない不思議な世界である。このような病んでる組織の改革には議員が真剣になって取り組むこと以外ないと思う。

■居心地のいい現状からは、明るい未来は見えてこないのであって、それだけ長崎県の衰退が気付かないうちに進んでいることを意味していると思う。今回の参議院選挙はそんなことも有権者に問うているのである。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-17 06:54

今日から参議院選挙   

■今日、参議院選挙の公示が行われ、与野党がっぷり組んでの戦いが始まる歴史的な日である。与党が勝つのか野党が勝つのかは、国民の判断によるのであって、マスコミの報道も非常に加熱していくのではと思うのであります。

■年金だけの選挙ではなく、国の方向性を決める大事な選挙であります。憲法問題や教育改革など我が国の将来を大きく左右する大事な選挙であります。自民党の県議としては、当然自民党に勝っていただきたいのであります。

■国政の安定が国家の安定に繋がっていくことは、これまでの歴史が証明しています。批判合戦や中傷合戦などしないで,政策でお互いが競い合っていただきたいのであります。国の将来を自信を持って国民に示していただきたいのであります。

■都合のいいことばかりでなく、責任もってどうするのかといったことを、国民に都合の悪いことも含めて、政策を出していただきたいのであります。特に衰退している地方にとっては将来の展望が開けなくて本当に困っています。

■地方の姿をしっかりと見ていただき、誰が国政に行っても安心して任せられる人になって欲しいと思います。選挙は候補者の目でくまなく見ていただき、全ての人がそれぞれの地域において、未来を明るくできる政治を行っていただきたいのであります。

■今日から国の将来と、長崎県の将来を賭けた戦いが始まります。これから必勝祈願祭に行って来ます。願いが聞き入れていただければ本当に素晴らしいと思います。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-12 07:31

社会保険庁文化と県庁文化   

■共通している点は、どちらも公務員といったところではないのかと思います。国家公務員と地方公務員の違いはありますが、身分の保証については甲乙つけがたいところではないのかと思います。

■社会保険庁の中間報告が出ていますが、組織統治がなっていなかったと指摘を受けています。これはそれぞれの公務員の組織文化にいえることであって、共通している点でもあると思います。

■戦後の厳しい時代を生き抜いたときの公務員は安い給料で、朝から夜遅くまで頑張ってきたはずです。給料も税金徴収しなければ払えない時期もあって、住民の暮らしと直結していた時期もあったのです。

■そんな時期はお上意識もなく、真剣に地域社会や天下国家のことが仕事を支え、住民に奉仕する精神がしっかりと息づいていたはずです。豊かになって、住民の生活実態からかけ離れていったのではないのかと思います。

■このころから、カラ出張やう裏金が横行し始めたのではないのかと思います。これからが悪しき県庁文化が生まれ育てられていったのではないのかと思います。長年悪しき文化に浸かってしまうと。周りの声は完全に遮断されて聞こえなくなっていきます。

■社会保険庁は解体して新しく再出発が図られますが、県庁はどうすれば県民の生活が見えるような組織に生まれ変われるのでしょうか。県庁中心の世界がしっかりと根付いてしまった感じがしてなりません。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-11 09:13