政党を選ぶ選挙です。   

■選挙って本当に大変だと思います。私もこれまで7回選挙してきましたが、周りの皆さんに大変迷惑かけて申し訳ないと思います。それ以上に皆さんの期待に応えることが、私の使命であって全力で取り組まなければならないと思う。

■当選すれば与えられた仕事に全力で取り組めますが、選挙は一人一人の応援がなければどうにもできません。今回の参議院選挙において後援会活動をしながら思うことは、有権者の見る視点がよく分からないときがあります。

■色んな経営者にあって話し聞きながら思うことは、選挙も大事なのだが、ビジネス環境が一向によくならない長崎県はどうなっているのかと言ったことが話題になってしまう。

■確かに経済の動向が選挙に大きく影響することは分かるのだが、このことは多くの議員が分かっていることだと思う。特に、国政においてはそれぞれの政党が政策を競うことがなければならない。

■地域の現状が政党の政策を協議する場で、しっかりと議論されなければならないのに、どうもそこらあたりが抜け落ちているような気もする。全国の最下位グループの長崎県などはいつまでたっても途上国のような感じしかしない。

■それに、今回の選挙だけでなく毎回そうなのだが、応援している皆さんの人物評価が選挙の行方を左右することもある。そんなことにならないためには、選挙だけの政党の地方組織ではなく、もっと政策を議論して地域から政策提案ができる環境を造るべきだと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-10 07:47

選挙に向かって熱くなっています。   

■年金問題で喧々諤々やっていた国会もついに選挙に向かって走り始めています。討論会はどこも盛況で、テレビ番組での内容が新聞で報道されるんですから、取材は本当に楽なんですね。名の売れた政治家がちょっと口滑らすと、凄いニュースになってしまうことが怖いです。

■内容にもよりますが、リップサービス程度で終わってくれるならとってもいいんですが、最近ではそんな話も少なくなって、なんだか報道に携わっている皆さんが余裕がなくなっているんではないのかと思うことが多くなっている。

■ハンドルの遊びの部分がなくなって、窮屈な空間の中で生活しているような感じがしてならない。選挙は未来を誰に託すのかといったことも大きいと思うのですが、なんだか井戸端会議の中のことを報道している感じもする最近の内容です。

■隣の人がなに考えているのかといったことは、井戸端会議の中心課題なのでよく分かるのですが、気配りしながら話す井戸端会議のほうが、最近ではなんだか気が効いているのではと思うこともある。

■長崎県の現状が国内でどのようになっているのかを、もっと鮮明に報道機関は県民に知らせるべきではないのかと思う。選挙によって格差が大きくなっていくこともあって、候補者がなに話しているのかをしっかり聞いて欲しいと思う。

■年金制度はこれから確実な制度を作っていくのであって、自民党に任せていただければ良いと思う。これからは公務員改革が主になっていくべきであって、長崎県の遅れている最も大きな問題は、全く同じ公務員改革であると思う。

■満ち足りた社会の中から改革することがいかに大変なのかはよく分かる。議会も同じことが言えるのであって、こっちはしっかりと議論しながら県民の期待に応えることが出来るようにしなければならない。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-09 08:06

明日は七夕です。   

■一年に一度の許されたデイトのできる日なんですね。今朝早くから色んなブログを読んでいると、七夕の話がよく出ているので、ついつい読んでいるんです。忘れてしまっていた、織姫と牽牛の話って遠い昔のことで,手繰り寄せることがなかった。

■ブログは本当にためになることを教えてくれることが多い。七夕の話など、中国の歴史から、我が国にわたってきた歴史まで含めて、詳しく解説されている皆さんが多いんです。伝統行事などは、ブログなどによって受け継がれていくのではと思ったりしています。

■山間僻地の農村などの衰退で、多くの祭りなどが消え始めている。全国津々浦々に育っていた、多くの伝統が消えようとしている。日本人が真面目で勤勉な国民になって行ったことと、このような伝統行事は大きな関わりを持っていると思う。

■七夕の飾りは、仙台七夕が国内で最も大きな祭りであるが、色んなところで同じものが見られるようになってきている。テレビや雑誌で見るよりも、本物がよく街の中心地などに飾られているが、本当に素晴らしいと思う。

■長崎のランタンのように仙台の街の中心を飾って、多くの観光客の皆さんの願いを聞いているのだろうと思う。年に一度のお願いは何をしようかと思っていたが、やっぱり小嶺さんに選挙勝って欲しいとたんさくに書いて願いを叶えていただきたい。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-06 07:54

年金問題は峠を越えた。   

■年金問題は完全に峠を越え、これからどうすればもっといい年金改革ができるのかといった方向に流れ始めているようです。年金問題は実にいいタイミングで出てきたのではと思っている人は多いのではと思います。

■超高齢社会を迎える我が国にとって、年金扱う職員の皆さんが公務員から民間に変わっていくことは大変いいことだと思う。金融機関のようにお客さんの金融財産を無くすと、どうなるのか国民の皆さんはよく知っています。

■お役人さまで年金扱われていたら、本当に困ったことが起きても泣き寝入りだったと思います。若いときならいざ知らず、年老いて窓口で喧嘩できる老人はほんの一握りだと思います。年金機構になって、本当に高齢社会のことを真剣に考えていくのではと思います。

■我が国の超高齢社会のシンボルが年金機構だと思います。これだけ激しい政争になって本当によかったと思います。これからでてくる自治体の年金に対するいい加減な取り扱いや、職員の使い込みなど、裏金以上の問題になっていくことも予想されています。

■これまで自民党の悪者報道が多かったようですが、これからは公務員の色んな対応についての報道が多くなっていくものと思います。こんな問題が起きるたびに、公務員の数が減少していくのです。

■公務員の減少に必死になって頑張ったのが民主党なんです。職員の内部告発をもって国会で議論してきたのに、本当に残念だと思います。内部告発するくらいなら、何でもっと早く内部で処理しなかったのかと思います。

■分かっていてやらなかったことは、もっと悪いことではないのかと思います。そんな公務員の姿がまもなく報道されていくものと思います。選挙は揺れ始めているんです。自分達の年金問題が実は公務員の問題へと発展していくのではと思います。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-05 06:55

久間大臣頑張ってください。   

■しょうがない発言がますます大きくなっているようで、本当に困ってしまいます。長崎県の唯一の大物政治家なのに、この難局を乗り越えて、長崎県の抱える難問に力出していただかなければなりません。

■多くの県民が同じ思いではないかと思います。どうしようもないと言った発言はいただけませんが、長崎のことや広島のことは十分知っていての発言だったと思います。大臣が言いたかったことは、報道されているようなことではなかったと思います。

■今は大事な選挙を向かえ、皆さんが殺気立っているので捻じ曲げられているような気もします。原爆投下の時からまだ60数年しか経過していないので、歴史的な判断は厳しいと思います。同じ話すことであれば、歴史上から拾って話せばよかったのにと思います。

■国内だけでなく国外にも長崎や広島で被爆された人がまだ一杯生存されていることを考えたときに、誤解を招くようなことを話されたことが悔やまれてなりません。特に、我が国は被爆国であって、北朝鮮問題でも神経ぴりぴりしています。

■核の平和利用の先頭を走っている日本であって、核兵器の廃絶を長崎と広島は全国に先駆けて取り組んでいます。このような県民感情に刺激を与えてしまったことは残念ですが、何とか早くもとの状態になって欲しいと思います。

■国内外で議論されている核問題は、本当に慎重に対応しなければならない問題だと思います。今回の発言が報道されていることと違う意味で話されているのだと私は思っています。若い学生の皆さんに理解して欲しいことを話されたものと思います。

■話の前後が途切れて真意が伝わってきませんが、聞かれた学生の皆さんの声が聞こえないのは本当に残念です。学生の皆さんの声が大臣の話された真意を理解されているものだと思っています。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-03 07:01

厳しくなる公務員稼業   

■年金問題が大きな政治問題になって、今回の参議院選挙の争点になってしまっている。次から次に出てくる社会保険庁の数々の失態やお上意識の職員の姿が映し出されている。時代劇を見ているような遠い昔の出来事のような気がする。

■これが現代に日本の姿であって、高齢化社会の基礎となるはずの年金制度のことなので、全国津々浦々までこの問題であふれている。このような問題が起きてしまったのは、政治家の取り組みに全ての原因があると思う。

■自民党は官僚に丸投げしてきた年金制度、年金制度を受けてきた官僚や公務員の皆さんを庇ってきている民主党、本来であれば誰のための年金制度なのかといったことが、常に審査されていたらこんな問題は起きてこなかったのではと思う。

■国内で最も大きな労働組合の自治労は、今回の社会保険庁の失態をどのようにみているのであろうか。失態ではなく、これまで行われてきていた日常業務なのであるが、まさに失態といわれるような業務を長年取り続けていたのである。

■金融機関に必死になって預貯金に励んで、定年迎えて窓口に行って「あなたの預貯金の口座はありません」と言われたことと同じである。このようなことを行ってきているのであって、それもお上意識の上でやっているので、庶民は逆らえずに沈黙をしていた。

■このような公務員制度の改正は当然すべきであって、このまま放置していると国の存亡にかかわってくるのではと思う。裏金問題やカラ出張など、これまでも数々の問題を起こしてきているのに何も変わっていなかった。

■共通しているのは国民不在のお上意識に支えられている、公務員稼業の実態である。長崎県の最下位グループから脱出できない原因も、ここら辺にあるのではと思う。これからは責任の明確化が議論されてくるのではと思う。

■これまで公務員に対する責任追及はあまりなされてこなかったのだが、このことが事態の悪化を助けてきたのである。しっかりとした責任の所在がこれから求められていくのではないのかと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2007-07-02 07:58

新人自衛官の終了式   

■昨日、佐世保市相浦にある陸上自衛隊で行われる、新人自衛官の終了式に行ってきました。男性約300人に女性100人の400人の終了式だったのです。終了式の行われる体育館の中はご父兄の皆さんも一緒になって、満杯状態で行われました。

■入隊式には何度か行っているので、3ヶ月の訓練がいかに厳しかったのかは隊員のきびきびした行動を見ればよく分かる。若い皆さんだから厳しい教育にも耐えて来れたものと思う。

■表情も明るく引き締まった感じで、逞しく感じたのはご父兄の皆さんも同じ思いだったのではないのかと思う。終了式における隊員の姿見てて、若い隊員達の防衛に対する姿勢が伝わってくるほど、大きく成長されていました。

■長距離の行軍なども男女問わず行われ、体力差はあるが女性隊員の体力も随分向上されているとのことでした。訓練の中身について少しだけの説明を聞きながら、若いときの体力をもてあましていた時期のことを思い出しました。

■若いときに慣れない農業の世界で必死になって頑張っていたころを思い出し、この時期でないと身につかないものもあって、多くの仲間達と汗流しながら訓練に励まれた若い隊員の皆さんは、国民の安全安心を一手に背負うことのできるる姿でありました。

■未だに地域戦争がなくならずに、攻められて苦しんでいる多くの国民が多く、自国の国民を守ることがいかに重要なのかは多くの国民は分かっていると思う。国防の任務がいかに大変なのかも、昨日のように関係者との交流がなければ遠い世界の出来事であると思う。

■できるだけ機会があれば是非色んなお話を伺いたいと思っています。地方政治家にとっても防衛の問題は他人事でなく、真剣になって学ばなければならないことであると思います。携帯電話も自由にならない中で、若い隊員さんたちの頑張りは、本当に素晴らしいと思います。
[PR]

# by magome2007 | 2007-06-28 06:42

地方政治を変える(3)   

■本来であれば、このような政治の現状を映しながらしっかりと報道することが、地方における報道機関の責務ではないのかと思うのであります。報道機関の責任は商業ペースでキー局の下請けを行うことばかりでなく、それぞれの地域の発展にどこまで寄与できるのかといったことが、地方の報道機関の役割であるはずだと思うのであります。

■地方局の少ない地方と多い地方の差がないことも、報道機関の怠慢であると思うのであります。それぞれの地方の持てるあらゆる力を使うことで、そこに暮らす人々が豊かな生活をすることができたらいいのではと思うのであります。そのためにも、地方政治家が地域を変えるために行動を起こすことが、豊かな長崎県に繋がっていくのではないのかと思うのであります。

■我々は地域のマネージメント・リーダーであって、すべての現場に出て行って多くの皆さんと交わることで、与えられている職務を遂行できるのであります。政治家が自分のためではなくて、県民全てのために活動することによって新しい長崎県が築かれていくのではないかと思うのであります。

■政治が変わらなければ行政は変化しません。大きな組織になればなるほど変化を拒み、現状維持に固まり居心地のいい環境を手放そうとしません。このような組織の姿が社会保険庁ではないのかと思うのであります。政治の変化が今回のような社会保険庁の変化を誘発したのではと思うのであります。

■長崎県も同じことが言えるのであって、このような現状を変えていくためにも地方政治を変えることが最も重要であると思うのであります。テレビ局や新聞社も同じことが言えるのではないのかと思うのであります。地方政治を変えることをスローガンに頑張っていこうと思っています。

■今日は、佐世保市相浦にある自衛隊の新人自衛官の卒業式に行ってきます。招待状が来るようになってから、毎年、入学式に行っていたのですが、選挙と重なっていくことができませんでした。委員会の審議が今日は休会ですので日帰りでたくましく育っている自衛官の皆さんの激励に行ってまいります。
[PR]

# by magome2007 | 2007-06-27 05:30

地方政治を変える(2)   

■私たちの周りの変化を見て実感されていると思うのであります。次から次に新しく発表される科学技術や新しく開発された数々の新製品など、目まぐるしく動き回っているのであります。テレビの進化や電話の進化をみているだけでも分かるのではと思うのであります。

■このような技術や商品と同じように進化発展することが政治だとは思いませんが、県民の期待するような政治への変化は、当然その立場にいる政治家は真剣に考えなければならないと思うのであります。政治の停滞はその地域の停滞を招くばかりでなく、人口流出や過疎化の町を作ってしまうことに繋がっていくのであります。

■すべて大都市のような機能を求める人ばかりではなく、それぞれの町の伝統や文化を大事にしながら、しっかりと不安のない生活のできる地域社会の建設ができたらいいと思っている皆さんは多いと思うのであります。地方政治家は選挙の時だけの広報マンであってはならないのであって、4年間のなかで政治を変えるための真剣な活動が求められているのであります。

■自らの知恵と努力で政治を変えることができなければ、選挙区の皆さんが求める地域社会は作れないのではないかと思うのであります。これからの地方分権型社会の基本はこのような現場に基づく発想や、自らの努力がなければ多くの皆さんの知恵も出てこないばかりか、地域社会は崩壊していくのではと思うのであります。

■今、その瀬戸際に立たされているのが長崎県であって五島列島はその最たる島であります。これまで政治に丸投げしてきたことの付を回されているのではと思うときもあって、それは有権者の責任ではなくて、選ばれた政治家の責任であって、原因は選挙のときだけの広報選挙をしてきただけであります。
[PR]

# by magome2007 | 2007-06-26 05:39

地方政治を変える(1)   

■長崎県の現状を何とかしてほしいと思っている県民は多く、このままでは多くの離島だけでなく、長崎県全体が全国の中でも衰退していくのではと不安を覚えている人が多くなってきている。

■これは県民の責任ではなく、長崎県の地方政治にその責任のすべてがあると思うのであります。投票率が年ごとに減少している原因も地方政治に携わる地方政治家の責任であり、その原因はどこにあるのだろうかと思い始めて数年間過ぎてやっとここまでたどり着くことができました。

■選挙に行くには政治に対する期待感があって、有権者の皆さんが関心持てるような活動をすることが、何よりも重要だと思うのであります。やっとその活動を中心になって行えるような責任ある役職に就かせていただくことができました。今回、自由民主党長崎県支部連合会政務調査会長に就任することができました。

■これまでの政務調査会の活動内容では、多くの県民の関心を高めることはできないのではと思っていたのであります。自由民主党員や党友の皆さんだけの支部政党ではなく、より多くの県民の皆さんに支持される支部政党でないといけないと思うのであります。そのためにはどうすべきなのかといった議論がなければならなかったと思うのであります。しかし、行政職の皆さんと同様で、これまでと同じような活動をすれば事足りるといった、これまでの古い方法では有権者の関心を向けることは困難になってきていると思うのであります。
    
■党員・党友の皆さんをはじめ、多くの県民の皆さんの関心を高めるためには、政策について直接語り合うことが最も重要ではないのかと思うのであります。そのためには現場主義を徹底して、現場の声を直接聞くことが政治に対する関心が高まるのではと思うのであります。現場にとって最も期待できる政策は何かといったことは、すべて現場にあるのであって埃がかぶったままで放置されているのではないのかと思うのであります。

■まさに、宝石の原石と同じであって、磨かなければ光らないのであって、みんなで磨くことで最高の魅力ある宝物になるのであります。どのように磨けばいいのかは一緒になって考えることが重要であって、地方政治家や行政に任せることでは輝きを引き出すことはできないのではと思うのであります。魅力あるものに共通して言えることは、魅力を引き出すために多くの努力が払われていることではないのかと思うのであります。


                               
 
[PR]

# by magome2007 | 2007-06-25 07:14