県議会改革(2)   

■これまで取り組んできている情報化社会対策が、議会活動の中に活かされていないことは大きな問題ではないかと思う。何度も提言してきた経緯があるのに、関心を示さない人が多く、議会からの情報発信をもっと活発にすることによって、多くの県民の皆さんに議会活動を知っていただけるのである。

■本来であれば議会にも広報委員会を作って、議会広報について真剣に協議すべきではないかと思う。これまでの議会広報は議会事務局任せで、テレビ局の報道内容や放映時間など議員はこれまで関わっていない。せっかく作っている議会のホームページも更新は3ヶ月に1度であって、これでは県民への情報発信にはなっていない。

■議会広報のあり方について真剣に対応すれば、それぞれの議員のホームページもリンクされてくれば、議会の姿が県民に理解され議員の個人的な活動も関心持っていただけるのではと思う。本来であれば県内の全ての議会のサイトを作れるような県議会のホームページであってもいいのではと思う。

■安くて情報発信ができることもネット社会の特徴であって、議会も大いに活用すべきである。ネット社会が定着して携帯電話の情報発信機能も充実している中で、民間企業においては大いに活用され、企業活動に大きな影響を与えている。次から次と新しいビジネスモデルが開発され、ペーパーレスやキャッシュレスの時代になってきている。

■このような社会になって、いつでもネット解禁による選挙活動ができる環境も整っているのに、その主役であるべき議員がネット社会に対応できていないことがなぜ指摘されないのかよく分からない。費用弁償や政務調査費は、その中でしっかりと報告されていれば問題にはならなかったのではと思う。

■県民への情報発信や県民からの情報受信機能を高めることも、これから取り組まなければならない議会活動ではないのかと思う。いつもマスコミの報道から問題が生まれ議会の対応が後手後手に回ることも考え、これからは積極的な議会広報をすべきではないのかと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-15 06:41

県議会改革(1)   

■県議会改革について色んな意見が出ている。議員定数の減少の影響が考えられ、委員会活動中心でやってきた長崎県議会のあり方まで見直さなければならないことも十分考えられる。昨年は私が議会運営委員長の職にあった関係で予算委員会の設置について検討していただいていたのに先送りになってしまっている。

■協議途中に県庁裏金問題が発覚して予算委員会についての協議の時間が取れなくなってしまったことが最も大きかった。前回の議会と違っている点は、議員定数の減少が大きく、委員会中心の議会活動について見直す時期に来ているのではと思う。

■46人の定数で予算委員会を行うことはそれほど抵抗はなく、歳入や歳出について全体の予算について、全ての議員が共有することは最も重要なことではないのかと思う。これまでは歳入についてはそれぞれの委員会では、関係している部分だけの予算で財源については全く審議しない現状である。

■総務委員会において歳入の全体像が分かる程度であって、産業振興による税収の変化などについては審議されていない。このようなことでは産業振興が県民の生活を本当に豊かにしているのかが分からずに、事業予算の内容について質疑を交わすだけで終わってしまうことが多い。

■予算全体がどのような政策を中心に編成されているのか、県民の暮らしについて全国の中で長崎県はどのようになっているのかなど、具体的な審議などもすべきである。最も重要視しなければならないことは、職員の知恵が県民の生活向上にどのような活かされているのかが問われなければならない。

■知事の政策実現が予算の中でどのような事業予算になっているのかを、全体の中で審議すべきであって、委員会中心の予算審議は制度疲労が見え始めているのではと思う。長崎県の意識改革を図るためにも予算委員会について改めて協議をしていただくことが必要だと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-14 05:53

臨時県議会   

■今日の新聞報道では統一地方選後の県議会において新しい議長の誕生が報道されている。長崎県議会も今日の臨時議会において新しい議長と副議長が誕生する予定になっている。選挙で選ばれた議員の皆さんが同じ公職選挙法に基づいて議場の中で議長・副議長を選出する予定になっている。

■それぞれの県議会において新しく議長や副議長に選出された皆さんは、議会閉会後の記者会見において抱負を語られている。長崎県議会も同じように記者会見がなされるものと思うが、どのような抱負を述べられるのか楽しみである。

■昨日の全協世話人会において議員連盟設置についての協議は、新議長の下で行うことで決定されているので、新議長がどのような議員連盟を考えられるのか楽しみである。このことについては、これまでのような活動ではなく、もっと活発な活動をすべきだといった声も多い。

■それに今日の報道の中で記者の質問が多いのは、政務調査費についての質問であって、似たような内容の答弁をされている。長崎県議会においても選挙前までこのことについて協議を続けてきていた。それぞれの議員が責任もって行うことが基本だと思うのだが、未だに皆で渡れば怖くないといった感じがしてならない。

■改選後の県議会において若い議員の登場で徐々に変化して行くのではといった期待が持てるので、多くの分野において改革や改善も見られるものと思う。これまで直接話を聞くことのできた新議員の皆さんの声は実に爽やかな感じがする。

■新しく誕生する議長の元で議員の意識改革も進むのではと期待している。今日の臨時議会から新しい長崎県議会の活動が始まるのである。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-11 05:57

全員協議会世話人会(2)   

■昨日の全員協議会世話人会は、各会派から出されていた議会構成についての議員の所属委員会などの確認作業が主な内容です。それぞれの常任委員会の所属議員の確認から始まって、委員長及び副委員長の確認を行った。

■同じように特別委員会の所属議員の確認と委員長及び副委員長の確認を行い。続いて、議会運営委員会の確認作業も同じように行われた。有明海自動車航送船組合議会議員、離島医療権組合議会議員については指名推選の方法で行うことを決定した。監査委員についても確認が行われた。

■残されていることは、11日の臨時議会において議長と副議長の選出を行うことだけになってしまった。議会の過半数を占めている自由民主党・県民会議の会派からは議長候補に三好議員、副議長候補に吉川議員がそれぞれ選ばれている。

■改選後の全員協議会において行われた議会構成についての協議を無事終了することができた。後は今日の10時に予定している全協世話人会において、議場における議員の議席の決定と、臨時議会に出される議案の説明を受けての協議や、議事について確認を行って、一連の作業を終了することになる。

■世話人会に初めて出席された新人議員の皆さんは随分戸惑われたのではないかと思う。特に委員長ポストにおける会派間の協議などは始めて経験されたのではないのかと思う。来月から始まる定例議会において活発な議会活動が期待されるのである。

■それに目の前に迫っている参議院議員選挙は日毎に緊迫感を増しており、特に全国区の候補の皆さんが長崎にもよく来るようになってきている。議会構成が終わったことで、県議の皆さんの動きがこれから注目されるのである。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-10 05:21

全員協議会世話人会   

■昨日10時に全員協議会が開催され、その中で全員協議会世話人会を構成して、議会構成について協議することが決定されました。各会派の議員数に応じて、全体で15人で構成することになり、その座長を私が努めることになりました。

■まずは、常任委員会の委員数の協議から始まり、今回の改選で議員定数が51名から46名になっており、委員会の割り当て数を8人委員会と7人委員会にすることを決定、その後はそれぞれの会派ごとに割り当て数を決定していった。

■次は、各会派の希望を聞き、各常任委員会の構成を決定して行った。最も協議が難航するのは、それぞれの委員会の委員長ポストと副委員長ポストの配分であります。今回も特別委員会を前回同様作ることでまとまり、6常任委員会及び3特別委員会と監査委員2名のポストの配分の協議を行った。

■11ポストの配分は自民会派が7人で改革21会派が4人で決定を見るのですが、どのポストを要求するのかは世話人会において協議することになっている。協議結果は常任委員会の厚生環境常任委員会の委員長ポストを改革21会派から出すことに決定、特別委員会の少子高齢対策特別委員会と景気雇用対策特別委員会も同じように改革21会派から委員長を出すことに決定された。

■副委員長ポストも同じような協議を重ねることで決定された。そのほかは11日の臨時議会の議事予定などを決め昨日の協議を無事終えることができた。自民会派においては世話人会の決定を受けて、各委員会への配属を決定して、それぞれの委員会の委員長と副委員長を決定している。

■改選後の初めての議会構成で、新人議員の皆さんの希望にできるだけ叶うようにと思いながら進めることができたのかは、それぞれの議員の判断に任せる以外にないと思う。初めての座長でわき道にそれることもありましたが、無事皆様のご協力を頂きまとめることができました。

■協議結果を今日の正午までに議会事務局に出すことになっているので、明日の新聞等で報道がなされるものと思う。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-09 06:22

全員協議会開催   

■今回の県議選後、初めて議員全員が県議会議場に集まって全員協議会を開催します。予定は3日間で11日は臨時議会が予定されています。改選後の初めての全員協議会で行われることは、議会構成が主で議長人事を初め、常任委員会や特別委員会の委員の構成が主であります。

■話し合いは各会派を中心に行われ、会派の届出は5月1日までに行われています。自由民主党・県民会議 25名、改革21 13名、公明党 3名、創爽会 3名、日本共産党 1名、無所属新風 1名の6会派によって議会構成が話し合われます。

■最も時間を要する問題は、各常任委員会の配属についてであって、特に新人議員にとっては希望の委員会への配属が強く、会派毎の配分から時間がかかってきます。その後は委員長ポストの配分や副委員長ポストの配分などです。

■時間がかからなくてスムーズに流れるときもあるのですが、改選後、初めてのときはいつも時間を要しているようです。すでに5月2日において行われた各会派の代表者会議において決定されている進め方について報告がありひとまず解散です。

■その後は、会派の所属議員の比率によって世話人を出していただき、全協世話人会を作って話し合いを進めるようになっています。この会議の中で議長、副議長以外の全ての議会構成が行われます。臨時議会において議長と副議長の選挙が行われ、選出された議長の下で全協のときに決定された議会構成の承認が行われ全ての予定を終了します。

■県議会を初め市議会も町議会も同じような方法で行われているようです。議会構成が終了して本格的な議会活動がスタートします。議員活動はすでに行われており、長崎県が抱えている諸問題について県民の期待に応えることができる県議会になるものと思っています。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-08 05:08

豊かな島に   

■5日と6日の夜は、それぞれに当選のお祝いをしていただき、合わせて厳しいアドバイスや要望などいただきました。共通していることは島の厳しい現実から目をそらさない島での生活の姿でした。分かっているはずなのに、こうやって話されると体の芯に浸透してきます。

■過疎化の影響が各分野に出ていることは、本当に頭の痛い問題ばかりです。島だけでなく全国の離島や山間僻地において同じような問題や課題を抱えているんです。そのためにも、それぞれの地域で生活されている皆さんが、地域の将来を考え、どうすればいいのか具体的なことを考えることだと思います。

■特に情報社会の定着は世代を超えて情報が瞬時に広まっていくことを知っており、情報の受け手だけでなく発信できることを知っているのです。このことは島の産業や生活を豊かにする為には、使いこなすことが必要であり重要なことであります。島からの情報発信が島を変えていく大きな原動力になるのであります。

■農業革命に続いて産業革命、そして、情報革命といわれていますが、乗り遅れることなく確かな環境整備をすることが島にとって大きな力になっていくのです。情報社会だけが島を豊かにできるわけではありませんが、人口流出を減速させることが最も重要なことであります。

■そのためにも働く場の創造を避けていくわけにはいきません。仲間の皆さんは、安定した働く場があれば島の未来は明るくなっていくことを具体的に話されていました。島の各分野で活躍されている皆さんの声が大きく響いてきました。このことをしっかりと受け止め期待に応えることが島の豊かさにつながっていくのです。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-07 06:20

4期目のスタートに当たって   

■これから始まる4期目の政治活動の基本になる考え方をまとめてみた。長崎県内の地域や島が衰退してきた原因は、政治も行政も人任せになっていたことが最も大きな原因であった。毎年同じような予算書が作られ、議会は修正することなく原案可決を繰り返してきていた。本当に長崎県の為になるものなのか、産業振興に効果を発揮するものなのかを検証してこなかったことが、議会の最も大きな反省点ではないかと思う。

■知事の作った予算案を修正するには議員がしっかりと研修を重ね、県民の声を真摯に受け止めることが重要であって、現場の姿を常に見ることが議員には欠かせないことではないのかと思う。現場力とか現場通とか言われているが、議員に最も必要な条件が現場との接点であると思う。

■長崎県内の地域が衰退していった原因は現場をしっかりと見てこなかった議員に全ての責任がある。これまでは行政の作成した予算案を審議することが、議会の最も大きな仕事であると思っていた。又それが議会の考え方であると考えている議員が大半である。ここに大きな間違いがあったのである。

■政党支部が何のために張り巡らされているのか、行政が作った予算案の審議だけなら政党支部や議会の会派などは無駄な組織ではないのかと思う。このような組織は全て住民の為の組織であって、議員の選挙の為の組織ではなかったはずである。ここも考え違いをしている点がある。

■これからは自分達の町は自分達で作っていくことが求められており、予算なるものも自分達の知恵で考えていかなければならない。これまでは国からの補助事業に全てを任せ、自らの知恵を出さないで汗も流さない国からの下請け予算案を平気で議会に提出してきたことが全国の自治体を駄目にしてしまったのである。

■全国の自治体が同じような姿になってしまったのは、国会議員が補助事業を持ってくることから始まった。これに地方議員が並んで補助事業のメニューが毎年増え続け、無駄な公共事業を誕生させてきた。これは自立する地方が補助事業に頼るようになってしまって、依存型経営の自治体を全国に誕生させてしまったのである。

■色んな分野において改善すべきことが多く、何から手をつけたらいいのか困るほど歪みが発生している。まずは補助事業が主幹事業になっていることを変えさせることが最も重要ではないのかと思う。何が長崎県の主幹事業なのか、何が島の主幹事業であるのかといったことをもっと具体的にしなければならない。

■予算書において主幹事業をしっかりと把握することも重要であるが、前年において主幹事業を議会のほうから提案できるようにすべきである。それぞれの町にあった主幹事業は違って当然であるが、これまでは金太郎飴みたいに同じ事業が全国的に見られている。

■補助事業は国の下請け事業であって、名称の変更をすべきであって、下請け事業といえばよく分かる。それぞれの行政職の皆さんがどれだけ知恵を出して頑張っているのかがよく分かるのである。下請け事業を多く取り込んできた自治体ほど窮屈になってしまっていることが、地方を疲弊させさらに地域間格差を生んでしまっている。

■これまで地方は改善することができずに黙って過疎になることを見ていなければならなかったのかと思っていた人は多かったのではと思う。最も重要なことは全ての自治体の予算の中に全ての原因が隠されており、しっかりと予算案を議論しなければならない。

■そのために予算委員会を作ってしっかりと議論すべきなのに、思うようにすすめることができなかった。今回は失敗しないように注意を払って確実に予算委員会を立ち上げることができるようにしなければと思う。予算の中にどれが主幹事業なのか、下請け事業はどれなのかといったことをしっかりと審査することが重要であって、これまでのように行政に都合のいいような予算審議では意味がない。

■長崎県の産業育成がなぜ遅れてしまったのかは、下請け事業が主幹事業に変わってしまっていたことが大きく、これでは産業育成ができなかったはずである。最近になって徐々に主幹事業が生まれるようになってきている。各部各課においてこれからは何が主幹事業なのかをしっかりと見極めなければならない。
 
■知恵も出さない汗も流さないでは、地方は国の下請けでなければ生きていけないようになって、貧乏な町が数多く誕生している。それが北海道の夕張市であって、島も同じ運命をたどっていく可能性が高くなっている。自分達の顔にあった事業を作れなかったことが大きく、あまりにも楽な下請け事業に走ってしまったことが傷を大きくしてしまっている。

■自分達の住む地域をどのようにしたいのか、人任せにしないで自分達で考えることをしなければ衰退の一途をたどっていくだけである。家庭の中を人任せにしないことと同じであって、それぞれの地域も長崎県も同じである。国に任せてしまって長崎県の経済浮揚が図れるわけではない。

■選挙を終えて考えていたことを再度掲載させていただきました。
これまでのように土曜日、日曜日は休ませていただきます。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-05 05:36

ホームページリニューアルです。   

■無料ブログを集めてホームページを作ってみました。初めての試みで上手くいくのかどうかちょっと心配でしたが、走り出したら何とかやれそうな感じです。充実させるにはまだまだ時間が必要です。

■それぞれのブログの特徴もあって、上手く活用すれば凄くいい感じになると思っています。でもちょっと集中して頑張らなければ、厳しいような感じがします。

■今回のホームページのリニューアルは4回目でバージョン4といったところです。初めて開設したときには大丈夫なのかと心配したことを思い出します。その時には1週間に一度の更新でしたが、慣れてくれば毎日の更新も楽にできるようになりました。

■しかし、頭の中がついていけなくなって、ブログの内容を埋めることが本当に大変だと分かってきたんです。まだまだ半人前のホームページですが時間がある限り頑張ってみようと思っています。

■トップページはこれから色々と変化させていきたいと思っています。連休中に画像技術の勉強をしなくてはと思っています。簡単なようだったのに徐々に凝ってきているのかな~って思い始めています。

■まごめ彰のホームページはまごまごネットと呼んでいます。アドレスはhttp://www.gotogoto.net/magome/です。宜しくお願いします。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-04 06:09

連休を利用して新ホームページを   

■朝から新しいホームページ作成についてどれとどれを組み合わせたらいいのか迷いながら頑張っています。もっと簡単にできるのではと思っていたのに、思うように進みません。

■以前も何度か色んなブログを使った経験があるのに、ブログの変化も早くいい勉強にはなっています。振り回されないようにしっかりと更新できるように頑張らなければと思っています。

■今回の選挙通じて感じたことも多くあり、色んな形で生かしていきたいと思っています。それと選挙区情報なども積極的に発信していこうと考えています。

■何でもかんでも集めて、ちゃんぽんみたいな味になればいいな~って思っています。これまではデジカメを持ち歩きながら活用が低調だったので、このことも反省して活用を高めてみたいと思っています。

■多くの皆さんにアクセスしていただけるように日夜頑張ってみたいと決意を新たにしています。今後とも宜しくお付き合いお願いします。
[PR]

# by magome2007 | 2007-05-03 08:41