長崎里山未来研究会   

一昨日、長崎世界遺産研究会を立ち上げる時、同時に長崎里山未来研究会も立ち上げ、長崎県内の全ての山の元気を取り戻そうといった取り組みを考えています。長崎里山未来研究会の設立趣意書を、ご覧いただきたいと思います。

             「長崎里山未来研究会」

我が長崎県は数多くの離島半島を有し、それぞれの地域毎に伝統的な農村の暮らしを支えてきた自然豊かな里山が存在しているが、その多くの地域では若者の流出による過疎化や高齢化が進み、地域の存続すら危ぶまれる事態に陥っている。本県では、それらの地域に活力を呼び戻そうと企業誘致等の様々な振興策を講じてきたところであるが、依然として有効な解決策を見いだせないでいる。

半世紀前の里山では、適度に人の手が入り様々な環境に恵まれ、そこに暮らす人々はもとより植物や動物にとっても豊かな環境が守られていた。しかし、高度経済成長期のエネルギー革命によって木材の利用が低迷すると、身近な資源である里山に価値を見いだせなくなり、手を入れることをやめてしまい、長い時間をかけて受け継いできた里山の自然と文化という遺産を失いつつあった。

そのような中で発生した東日本大震災は、これまでの価値観を大きく見直す契機となり、忘れ去られようとしていた里山の価値が改めて注目されている。中でも、戦後に植林され既に伐採期を迎えた森林の間伐材等を活用し、コンクリート製と同等の強度を持つ直交集成板(CLT)やバイオマスエネルギーの活用には、県内の里山を活性化させるための魅力に溢れており、県議会としても今後研究を深めていくことが求められる。

こうした課題を解決し、森林資源の活用によって県内各地に存在する里山の活性化を促進するため、長崎県議会有志等による研究会を発足する。

これが趣意書の全文です。

参考資料長崎世界遺産研究会の設立趣意書です。

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」及び「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」に係る長崎県議会有志による研究会の設立趣意書(通称:長崎世界遺産研究会)

世界遺産は、人類のお互いの文化を深く知ることを通じて世界平和に貢献することを目的としており、その構成資産の公開や活用を行うことが重要であるが、世界遺産に登録されると一般観光客が増加し、これに伴い構成資産の保全状態や周囲の環境が悪化する事例も見られ、大きな課題になっている。
特に、長崎の教会群は、多くの教会が現在も信仰の場になっており、公開に当たっては格別の配慮が必要になる。
また、長崎の教会群については、豊かな自然と集落とともに優れた文化的景観を形成しており、単なる建物を見るだけの観光にとどまらず、潜伏時代の歴史文化や現在も生活の中に息づいている信仰を身近に感じ、自らを見つめなおす精神性の高い体験を提供できる点が特徴である。
教会の中には、明治期に建築されてから、すでに100年を経過し、老朽化が進んでいるものがあり、修復等のための資金負担が大きくなることが予想されるが、これらの修復に対しては、所有者である教会関係者や文化財保護を司る行政だけの支援に頼るのではなく、県民・企業や来訪者(観光客等)なども加わり、幅広く支援を行う仕組みを構築することが求められる。

一方、明治日本の産業革命遺産は、19世紀後半より20世紀初頭にかけて、幕末から明治期の日本における重工業分野の急速な産業化が世界史的観点から極めて重要であることを証明する遺産群である。
その構成資産は、九州を中心に、静岡県や岩手県を含む8県11市に分散して立地しているが、相互に密接な関連性があり、遺産群全体で一つの価値ある資産として、平成27年の世界文化遺産登録を目指している。
特に、長崎においては、造船業と石炭業の歴史が物語るように、我が国の開国に伴って外国船の入港が増え、必然的に船の修理をおこなう技術や、外国船に劣らない船を造る新しい技術が求められた。それと同時に、船を動かすエネルギーとして、石炭の需要が急速に増していったのである。幕末には、ときに外国人の協力を得た雄藩によって、長崎県内の島や海底を含む各地で炭鉱開発が進んだ。まさに長崎県の近代化への道のりは、両輪といえる造船業と石炭産業の発展とともにあった。
我が国の近代化に大きく貢献してきた産業関連施設の遺産を、国内外の多くの皆様に触れていただくためには、県内の産業関連施設の環境整備が求められている。
こうした課題を解決し、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」及び「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」が世界遺産に登録され、所期の目的が達せられることに寄与するため、長崎県議会有志等による長崎世界遺産研究会を発足する。
[PR]

by magome2007 | 2014-07-18 07:23

<< これまでの里山研究会に向けた活動。 長崎世界遺産研究会 >>