こんな家族っていいな   

c0117762_731247.jpg

サラリーマン中心で回っている社会の中にあって、定年を迎え年金生活に移行される多くの皆さんの世代を、高齢社会の姿に一まとめにされていることを考えさせられています。昔は年老いても大事にされ、地域社会の中にあっても存在感があったのです。

古き良き時代のことを思い出しても仕方ないことですが、歴史の中に埋もれている貴重な政策は活かされてもいいのではと思います。時代が変わっても真剣な取り組みを行ってきていたことは、多くの歴史学者が説明されています。

ところが今、直面されている少子化問題や人口減少問題は、人類が初めて経験する未知の世界であり多くの人たちが、毎日様々な指摘をされています。少子化担当大臣まで作って、待機児童の問題等について取り組まれています。

昔のように産めよ増やせよと言えないから、子育て環境を良くすることで出生率を上げるために、色んな取り組みをされています。子育てをされたことのない人や、男性の指摘等を参考にされても、素晴らしい政策には繋がっていかないのではと思います。

少子化担当大臣が直接、4人や5人以上の子供を育てているご家庭に出向き、子育ての生の声を聞かれるべきではなかろうかと思います。私の友人にも7名の子育てをされていた人がいて、色んなことを聞かされてきました。

大家族の中で酒飲みながら、様々な議論をしてきたことからも貴重な参考意見になるのではないのかと思います。全国の中には5人6人育てている人も多く、少子化対策や人口減少問題について、話し合いのできる機会をぜひ作っていただければと思います。

参考資料
水道、ガス止められても…出産する子だくさん家族
知恵と工夫で豊かに暮らす♪子育て主婦の節約術
青森)「子育て応援日本一」宣言 西目屋村
[PR]

by magome2007 | 2014-09-24 07:38

<< 今日から委員会審査が始まります 高齢社会はどこから来たのか >>