駐輪場確保について   

■長崎市内は、もともと平坦な土地に恵まれていない街で、道路にしても余裕がなく駐車できる所が非常に少ないところである。それは車だけではなく、自転車からバイクに至るまで駐車場の確保は大変である。

■特に道路に接していない住宅が多く、駐車場の確保を探すことは住宅を見つけるような現状である。土地に恵まれている住宅では駐車場の併設は当然のようなことなのに、長崎では民間駐車場の高い家賃のお世話にならなければならない。

■このような道路事情の中で、昨年から厳しくなっている駐車違反の取り締りが効果を発揮して、違法駐車は非常に少なくなっている。道路渋滞の解消は図られ随分よくなっているのではと思う。

■そのような中で全く光の当たらないところが駐輪場対策である。もともと坂の多い街なので自転車による通勤や買い物客が少なく、駐輪場を設置している商店街もなく、街の中で自転車を見ることもない。

■数日前、福岡市に行った折、駐輪場の調査をさせていただき担当者から詳しい話を聞くことができた。放置されていたバイクや自転車の姿は町並みを汚し良くないと言ったことで、市が駐輪場の設置を始めたのである。

■街のど真ん中に数千台のバイクと自転車の素晴らしい駐輪場が設置されている。長崎においてもバイクの利用は多いのに駐輪場のないために駐車違反切符を多くの市民が切られている。

■このような土地柄なのに対策が全くできていないことが、これまで問題にされなかったことに疑問を持っている。今回の議会においてこの問題を取り上げてみようと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-13 07:44

<< 雨の日は注意してください。 航路を国道扱いに >>