どうすればいいのか「意識改革」   

■職員の意識改革も議会の意識改革も本当に大変だと思う。知事の答弁の中に職員の意識改革の話も随分出ていたようだが、思うほど進んでいないと思う。意識改革が進んでいたら、もっと長崎県は全国の中でも少なくても中間程度の経済力も生活環境も維持できていたのではと思う。

■長崎県が全国の最下位グループの中にいることを、不思議に思わないことが私には解せないのである。このことは若いときからで、今も考え方は変わっていない。毎年莫大な投資をしながら、その効果を上げてこなかったことに疑問を抱かれないことが私には理解できない。

■地域社会と違って、組織の動きは目的がしっかりとしていて、リーダーのマネージメントの下で、最大効果を目指して日常業務を行っているはずである。これは、長崎県の将来がどのようになっていくのかに大きく関わってくるのである。

■地域社会は県庁や企業と違って、同じ方向を向いている人ばかりでなく、色んな考えを持っている人がいる。行政効果を上げるためには非常に厳しい問題や課題もあるが、そのために優秀な職員を採用しているのである。

■これまで勉強や研究で積み重ねてきた能力を半分も使っていないのではないのかと思う。このことが最も長崎県の損失だと思う。使い切っても使い切ることのない能力を惜しんでいるように私には見えてくる。もっと高い能力を持っているのに非常に残念でならない。

■意識改革はこのような高い能力を使い切るようななかから生まれてくるのではないのかと思う。そんな長崎県になれば九州内でも福岡県の次に来るのは長崎県であると思う。

■今回の知事答弁を聞きながら、職員の高い能力を最大限とまでは言わないが、それに近い程度に使われていれば、計画の最大効果が出せるのにと思う。説明が説明を呼び込んでいるような、そんな一般質問の3日間でした。
[PR]

by magome2007 | 2007-06-22 07:07

<< 地方政治を変える(1) これでいいのかな~ >>