久間大臣頑張ってください。   

■しょうがない発言がますます大きくなっているようで、本当に困ってしまいます。長崎県の唯一の大物政治家なのに、この難局を乗り越えて、長崎県の抱える難問に力出していただかなければなりません。

■多くの県民が同じ思いではないかと思います。どうしようもないと言った発言はいただけませんが、長崎のことや広島のことは十分知っていての発言だったと思います。大臣が言いたかったことは、報道されているようなことではなかったと思います。

■今は大事な選挙を向かえ、皆さんが殺気立っているので捻じ曲げられているような気もします。原爆投下の時からまだ60数年しか経過していないので、歴史的な判断は厳しいと思います。同じ話すことであれば、歴史上から拾って話せばよかったのにと思います。

■国内だけでなく国外にも長崎や広島で被爆された人がまだ一杯生存されていることを考えたときに、誤解を招くようなことを話されたことが悔やまれてなりません。特に、我が国は被爆国であって、北朝鮮問題でも神経ぴりぴりしています。

■核の平和利用の先頭を走っている日本であって、核兵器の廃絶を長崎と広島は全国に先駆けて取り組んでいます。このような県民感情に刺激を与えてしまったことは残念ですが、何とか早くもとの状態になって欲しいと思います。

■国内外で議論されている核問題は、本当に慎重に対応しなければならない問題だと思います。今回の発言が報道されていることと違う意味で話されているのだと私は思っています。若い学生の皆さんに理解して欲しいことを話されたものと思います。

■話の前後が途切れて真意が伝わってきませんが、聞かれた学生の皆さんの声が聞こえないのは本当に残念です。学生の皆さんの声が大臣の話された真意を理解されているものだと思っています。
[PR]

by magome2007 | 2007-07-03 07:01

<< 年金問題は峠を越えた。 厳しくなる公務員稼業 >>