自由民主党の見事な惨敗   

■これほどまでに惨敗するとは思わなかった。自民も民主も敗因や勝因を色々言っているが、有権者の声を素直に聞くべきだと思う。特に若者の経済環境や地方の経済環境に加えての高齢社会など、不備な点が多くなってきている。

■れらの問題をしっかりと取り組むためには、現場の詳細な姿を知ることが大事である。このことは政治家が最も責任を感じなければならないのに、景気がいいといったことで浮かれていたのではないのかと思う。

■経済界の必死な努力によって今の経済活動は好景気を生み出してきている。政策の支援もあったことも事実だが、それは産官学のコラボレーションの結果でもあると思う。公務員も頑張っている分野もあるのに、なんで今回のような職務怠慢な社会保険庁のような職場があったのかと思う。公務員改革は与野党含めて改革すべき問題であると思う。

■今回の選挙の結果取り組むべき問題や課題は、それぞれの党が責任もって政策として国民にしっかりと説明すべきである。お互いの失策を責めるばかりでなく、政策を競い合ってほしいと思う。一刻の猶予もできない問題も多く、医療問題や地域振興問題など山積している。

■もっと国民も政策を競わせるように与野党の違いをしっかりと見比べてほしいと思う。教育改革や医療・福祉改革、それに教育改革、国家の骨格である憲法問題など、違いをしっかりと見てほしいと思う。

■地方における議会の姿も同じように与野党の仕事ぶりの違いも見比べてほしいと思う。もっと議員の仕事に積極的にかかわって、いろんな相談や政策について議論してほしいと思う。いろんな通信手段があるのですから、ジャンジャン使ってほしいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-07-30 06:59

<< こんなこともあるんです。 議員意識の改革 >>