連休は五島でした。   

■5日の議会最終日を終え、最終のジェットホイルで福江にいって久しぶりに仲間の皆さんと酒酌み交わしました。積もる話もいっぱいあって、時間の過ぎるのがとっても早く感じてしまった。それにしても福江のほうも経済が大変で、本当に沈み込んでしまっている。

■福江だけではなく県内の離島は全て同じ問題を抱えているのである。特に人口流出は一向に止まず、高校生の島内就職は数人だけだったんです。このまま進めば本当に大変なことになってしまいます。でも島の中を回ってみると頑張っている人もいるんです。

■若松町に行った時に若い皆さんにあったんです。大学を中退して漁師になった人達だったんです。親は大学進学させて都会でしっかり生活できるようにと思っていたんではと思います。大学辞めて漁師になるといったときにはびっくりされたのではと思います。

■漁師に弟子入りして5年間親から鍛えられ、今ではりっぱな漁船を作って一人で操業しているんです。漁業の将来は本当に素晴らしいんだと、彼らと話していると周りの人までそう思ってきます。本気で頑張っている人達には未来が明るくなっているんです。

■漁業は本当に大変だと言われていますが、こんなに頑張っている皆さんが島の中にいるんです。始めて会って色んなこと話しましたが、要望も言われてきました。私の地区も負けないように若い皆さんが頑張っていたのに、いつのまにか漁業の火が消えようとしています。

■こんな地区を何とかしようと頑張っている人達も増え始めています。これからの漁業の未来を明るくするために島の皆さんと一緒になって、今日から2日間水産業の研究所にいって明るい材料を探してきます。連休はこんな話をしながら明るい島に向かって頑張っていくエネルギーをいっぱい頂くことができました。
[PR]

by magome2007 | 2007-10-10 07:01

<< 公務員の現場確認 県議会最終日 >>