長崎県のお国自慢は。   

■政府インターネットテレビに「日本全国お国自慢!地方の活力は国の活力」といった番組が放映されている。よくできている番組だから多くの県民の皆さんに見ていただけたらいいなと思っている。長崎県内のお国自慢を競わせたらいいのにと思った。

■これ見ると団塊の世代の移動が行われている地域が出ているので、長崎県には大変参考になるのではと思う。全国でもいい地域の映像であることはよく理解しているのですが、よそがやれて長崎県がやれないのでは困ってしまう。しっかりと取り組んでいるところは、みんなで知恵を出して頑張っているところばかりである。

■長崎県に向かった団塊世代は少なく、現役学生の就職活動と一緒にすることで頑張ってみたいと言っている。これでは知恵の勝負の世界では完全に負け組のグループに入ってしまうことになるのではと思う。頑張っている地域と勝負しても負けないような魅力を磨いていこうといった気迫が伝わってこない。

■お国自慢は今始まったことではないが、昔からお国自慢をしっかりと伝えているところは元気があって素晴らしいと思う。先日訪問した事務所で話したんですが、他所から来た人にとっておくんちのようにみんなで頑張ったら長崎はもっといいところになるのにと言われたんです。

■おくんちを成功させるために数ヶ月間の訓練をみんなでやっているのに、おくんち終わったらあの元気はどこに消えてしまったんだろうかって言っている人が意外と多いそうです。私もうなずきました。あの熱気があれば沈み込んでいる長崎県を宇宙に打つあげるくらいのエネルギーがあると思う。

■お国自慢があるところは、そのような熱気が町を活力あるものに変えていっているんです。行政に同じような熱気があればお国自慢の主役に長崎県内からいっぱい出ていくであろうと思う。知恵を出すことがこれから生きていく地方に求められていることを、行政職の皆さんは知っているのだろうかと思う。

■参考にぜひ見てほしい。
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg1306.html
[PR]

by magome2007 | 2007-10-18 07:38

<< 海と向き合うことが重要ではないのか。 夢・希望を詰め込んでくれ。 >>