アジア・太平洋水サミット開幕   

■今日、別府市において行われる第一回アジア。太平洋水サミットに多くの皆さんが関心を持っているようである。私も水資源に関心持っていただくことは大賛成であって、我が国の抱える水問題も例外でなく、水と山の問題なども議論して欲しいと思う。

■県内においては佐世保市の時間給水も始まって、雨に左右される水問題も深刻さを増してきている。水サミットが行われることで雨が降ったのではないと思うのですが、昨日の夜からの雨には本当に感謝しています。ダムだけでなく畑も雨を待ちわびていたんです。

■水の安定供給については24時間体制で行われており、特に大都市などは本当に大変だと思う。世界の中でも日本は大都市への一極集中は群を抜いており、地方の過疎化が大都市の水問題に、なんだかの影響が出てくるのではと思う。

■特に山林の手入れがされなくなって、荒れている山も多くなっていると言われているが、こんな話は最近の話ではなく随分以前からされていたのである。山の手入れが綺麗な水を作り出し、山の保水力を高めていたのである。

■急激な山が多い我が国では、山の手入れが水問題に直結する傾向が強く、もっと強力に山の手入れなどに関心を高めるべきだと思う。道路財源などに関心が高まっているが、それ以上に目に見えにくい問題であるが水と山の問題は大きいと思う。

■大自然にもっと関心持つようになれば、市場経済万能主義のような日本の国が変わって行くのではと思う。大自然と仲良くすることをサミットで議論して欲しいと思う。
[PR]

by magome2007 | 2007-12-03 08:01

<< 情報収集における対応 長崎県の将来デザインは >>