長崎市内のガソリンスタンドは?   

■原油高騰を受けて石油製品が大きく値上がりしてしまっている。雪国は本当に大変だと思う。長崎も雪国ほどではないが、ガソリンの高さには本当に参ってしまう。五島のガソリンの高さは有名だが、県庁所在地のガソリンの高さはあまりにもひどすぎる。

■石油製品の値上げが全ての産業に影響が出ていることは、多くのメディアが報道しているので知っている人も多いと思う。ところで、長崎市内のガソリンがなぜ高いのかと言えば、スタンドの規模が小さく経費が高くつくとも言われている。

■スタンド同士の競争もなく、それに輸送コストが高いといった理由から高くなっているとの説明だった。このようなことは長崎だけの問題ではなく、県外においても同じことが言えるのである。しかし、県内においてガソリンの値段はばらつきがあって、島原や佐世保においては長崎市内より安くなっている。

■よくレンタカー借りて調査に出かけるので、最後はどうしても長崎市内のガソリンスタンドで給油しなければならないので、どうしても比較してしまう。マイカーで来られる観光客の皆さんにしたら、長崎市内のガソリンの高さにはびっくりされると思う。

■ガソリンは高い、田畑は荒れ放題、若者は流出、所得は最低、サラ金の数は飛びぬけて多いなどなど、どこに問題があってこのような長崎県になってしまったのか、ガソリンの問題にしてもこんな原因で高いのですって言われても誰も納得できない。

■どうすれば安くできるのかといったことを真剣に考えることが、長崎県の産業発展に繋がることを知っているはずなのに、県庁職員は動こうとしない。すべてにおいてこのような現状であって、長崎県が一流の県になるには責任もって業務を遂行して欲しい。
[PR]

by magome2007 | 2007-12-12 06:51

<< 活力ある長崎県を! 今日はoff会です。 >>