2014年 01月 22日 ( 1 )   

名護市長選後の社説について   

名護市長選挙を通して防衛や過疎地の振興など、多くの皆さんが考えられたのではなかろうかと思います。普天間基地を沖縄に閉じ込めておくのか、県外に移転するのかなど様々なことが報道され、選挙戦も随分熱くなっていたのではと思います。

選挙前には政党の動きや、沖縄県内の動きと連動している本土の動きなど、毎日動静が事細かに報道されていたのに、選挙後は、埋め立て反対が多くの地方紙や全国紙の社説に取り上げられていました。沖縄県に米軍基地を押し付けるなといった内容も多かった。

民意を重く受け止めよといった内容や政府は誠意ある対応をせよといったことなど、どれもこれまで報道されてきた内容から抜け出すような内容はなかった。全国の地方紙の中で、沖縄県に押し付けるだけでなく、私たちの県に持ってきてくださいといった社説でも書いていただけたらいいのにと思っています。

どこの社説も傍観者の立場でいつものような社説で満足されているのかと思っているのですが、これでは国内の社説は全て判で押したような同じ内容であり、それぞれの新聞社の論説委員は防衛問題をどのように考えているのかと思う。

米軍基地について賛成反対をいつまで言っても、日本の防衛について具体的な方向性も出ないばかりか、尖閣問題一つ解決できないでいることを、どのように考えているのだろうかと思う。日本の領土とするのか、中国の言いなりになるのかといったことには全く触れたことはない。

地方の選挙について防衛問題を絡めた社説書くのであれば、日本の防衛問題について具体的に描くべきであり、それぞれの新聞社の論説委員の総意をもって、それぞれの新聞社が責任もって防衛問題について書くべきだと思っている。日本の防衛をどうすべきかといったことを。

c0117762_8212320.jpg

名護市辺野古の現地を調査に行った時の写真です。
[PR]

by magome2007 | 2014-01-22 05:23