<   2014年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

タブレット会議に挑戦   

c0117762_8471888.jpg

タブレットも随分聞きなれてきただけでなく、多くの皆さんが活用されており、スマートフォンやアイフォンを初め、8インチ前後の様々なタブレットも販売されている。このようなタブレットも次から次に新商品が発売されている。

多くのタブレットの機能は、Web会議などに参加できるようになっており、場所や時間などの制約を受けてきた会議などからは、考えられないような機能が盛りだくさんである。小学校でのタブレット授業などは全国で拡大中である。

県議会の議員もタブレットを持っており、タブレットの機能を使えるようにするためにも、みんなで模擬的な会議を行ってみようと思っている。数日前に議員の机に配られている決算資料は、二つの紙袋に詰められている。

多くの議員は関係する資料だけを手に取るだけで、大半の資料がゴミとなって消えてしまうのではないのかと思う。資料配布などペーパーレス会議においては、一度に数百枚をタブレットに流すことができるようになっている。

コピー代から紙代、人件費など考えたら決算資料の配布に要した費用について、議員自ら真剣に考えコスト削減に取り組まなければならない。それぞれの委員会において決算審査が行われるのであるが、持っているタブレットで十分対応できるはずである。

県議会においてタブレットによる審査を行うようになれば、県庁の会議は一気にペーパーレスになることも考えられ、テレビ会議などの活用も多くなり出張は大幅に減ることになっていくのである。県議会の活動内容も社会の変化に十分対応できるようになっていくのである。

まずは、我々議員が自分の手でタブレットを扱いながら、資料の読み込みから配布方法まで学習することが必要であり、小学生以下のタブレットの取り扱いしかできないようでは、次から次に提案される議案に十分対応できなくなってしまう。

参考資料
武雄市の小学校
タブレット活用研修
[PR]

by magome2007 | 2014-10-02 08:49

長崎県広報戦略   

c0117762_7254060.jpg

昨日の総務常任委員会において、総務部、危機管理監、秘書広報局の審査を行った。その中で長崎県広報戦略の説明があり、デジタル広報に偏った取り組みもいいが、アナログの方法も検討されるべきではないのかといった指摘もあった。

概要版には、元気な長崎県をつくるためにはといったことで、県民の政策への理解を深める⇒広報戦略に基づいた広報⇒県民からの信頼が得られる⇒県民の県政参画への意識が向上する⇒県民と協同による行政運営を実現⇒元気な長崎県をつくる

私が指摘したのは、行政サイドの見せたい内容と県民の知りたい内容が十分に煮詰まっていないのではないのか、県民が何を知りたいのかについては、どのような取り組みをされているのか、県民視点で取り組むべきではないのかといった内容である。

多くの県民は人口流出を初め、不安のない高齢社会対策、医療難民や買い物難民に対する不安解消などを初め、雇用問題は若者から退職された人達の雇用問題まで幅広く、最低賃金や国内でもトップ水準の物価高対策など難問山積している。

このような問題に県民視点で広報すれば、具体的にどのような内容になるのだろうかと思った。これまで県議会に説明されてきたような内容と同じだとすれば、県民の知りたい情報なのかと思う。衰退を続ける原因はどこにあるのかといった切り込んだ情報を待っているのではと思う。

これまでの政策は常に空回りを続け、人口減少は数十年間続いており、耕作放棄地は全国トップを維持し、水産業に従事する人たちは年々減少を続けている。現場を回ることもなく、どこの情報をもとに広報されるのか気になるところである。

現場における県民の率直な声を聞くことが広報の基本戦略であるべきだと思うのだが、どうも県庁職員による机上における広報戦略であっては、数百年後における長崎県発展の歴史資料にはならないのではと思う。自信を持って後世に残せるものにしてほしいと思う。

参考資料
長崎県「アジア・国際戦略」
「ながさきたより。」第6号(平成26年10月号)
[PR]

by magome2007 | 2014-10-01 07:29